「Opera」のアーカイブ

 タイトル通り 川澄奈穂美オフィシャルブログ をブラウザのOperaでみると、セキュリティーの警告出るようになりました。正確に覚えていないが、ここ数日からだと思います。何やら「セキュリティー上の問題あり」との報告があるらしく、それがデーターベースに登録されていて警告を出しているのでしょう。しかし、Mozilla Firefox では、警告出ないので、私は、Operaでも表示させています。AVGのデーターベースを使っているようだ。

 ノートパソコン(Vista 32ビット版)でアップデートをしましたが、何故かブラウザーのメニューが英語になってしまいました。デスクトップ・パソコン(XP SP3)では問題なくアップデートできました。いろいろ試行錯誤を繰り返しましたが、設定で直すことができました。設定を開きます(Ctrl+F12)。「日本語(JP)[ja-JP]」を選択して「OK」しますと日本語のメニューになります。

「Opera 11.01」リリース、深刻な脆弱性の修正 -INTERNET Watch

 Opera Softwareは27日、「Opera 11.01」をリリースした。Windows版、Mac版、UNIX版が同社サイトよりダウンロードできる。深刻な脆弱性や不具合の修正を行っており、セキュリティや安定性の向上のため、アップデートを推奨している。

 脆弱性の修正は、Windows版で6項目、Mac版とLinux版でともに5項目。危険度が5段階中で最も高い"Critical"の脆弱性も含まれる。この脆弱性は、ウェブページに大きなフォーム入力がある場合に、Operaがクラッシュするというもの。場合によってはメモリー破損を引き起こし、コードを実行される恐れもあるとしている。

 Opera 11.01では脆弱性修正のほか、ユーザーインターフェイスや表示、スクリプティングなどの面で多数の不具合修正や改善も行われた。また、DOM Level 3のDOMStringListインターフェイス(window.DOMStringListオブジェクト)を新たにサポートしたという。

 今回のバージョン・アップで、あるブログ( http://serene.sakura.ne.jp/blog/ )のスクロールが非常に速くなった、というのを実感しました。以前は、かなりもたもた感がありましたが、今回はスムースです。だが一方、大きな写真を表示していて、少しスクロールしておきます。これが Opera を再度立ち上げた時にスクロールしてあった位置を保持されなくなったバグがあるようです。改善を望みたいです。

「Opera 10.60」正式版公開、「WebM」動画フォーマットに対応 -INTERNET Watch

 Opera Softwareは1日、Webブラウザー「Opera 10.60」正式版を公開した。Windows版、Mac OS X版、Linux版などがOperaのサイトからダウンロードできる。

 Opera 10.60では、新たなレンダリングエンジン「Presto 2.6」を搭載し、パフォーマンスと安定性を向上。前バージョンのOpera 10.54と比較して、JavaScriptのテストでは50%以上高速化したという。

 機能面では、Googleが公開したフリーの動画フォーマット「WebM」に対応。位置情報技術への対応や、オフライン時にウェブアプリケーションを使えるようにするアプリケーションキャッシュ、JavaScriptをバックグラウンドで処理する「Web Workers」などに対応した。

 Opera は、私的にはナンバーワンのブラウザなので、即、アップデートしておきました。

脆弱性を修正した「Opera 10.54」、Windows版とMac版をリリース -INTERNET Watch

 ノルウェーのOpera Softwareは21日、Webブラウザーの最新バージョン「Opera 10.54」をリリースした。Windows版で5件、Mac版で4件の脆弱性を修正しており、Opera Softwareではユーザーにアップデートを推奨している。

 Windows版で修正したうちの1件は、Windows OSにおけるフォント処理の脆弱性に対応するもので、ウェブフォントを悪用してOperaブラウザーを通じて攻撃される恐れがあるという。本来はWindows OSの脆弱性であり、すでにMicrosoftでも6月の月例セキュリティパッチ「MS10-032」で対処済みだが、同パッチを適用していないシステムにおいてもこの脆弱性が悪用されないよう、Opera 10.54側でもこの攻撃を防ぐよう対応をとったかたち。

 Windows版のそのほかの4件およびMac版の4件については、今のところ深刻度のみ明らかにされており、詳細は後日公表するとしている。

 Mac版では脆弱性の修正のほか、マウス操作やIME入力などインターフェイス面での不具合修正も行われている。

 XP SP3 にインストールしてみました。10.51 でみられたバグ「ウェブサイトのリロードがうまくいかない」が、直っているようです。

Mac版「Opera 10.52」リリース、Windows版も同時に正式版に -INTERNET Watch

 ノルウェーのOpera Softwareは27日、Webブラウザー「Opera 10.52」のMac OS X版(正式版)を提供開始したと発表した。これまでの「Opera 10.10」と比較して、10倍以上の処理速度を持つとしている。同社サイトから無料でダウンロードできる。

 新しいJavaScriptエンジン「Carakan」とグラフィックライブラリー「Vega」とを組み合わせることで高速化を図った。SVGやHTML5の動画などのWeb標準技術もサポートした。

 Mac版独自の機能としては、インターフェイス面でMac調のデザインを採用しているほか、Macのマルチタッチトラックパッドをサポートすることで、2本の指を使った拡大/縮小(ピンチイン/ピンチアウト)操作などをトラックパッドから行えるようにしている。

 なお、「Opera 10.52」については、Windows版も同時に正式版となっている。

「Opera 10.50」で問題だったフォント表示がおかしい問題点が直っています。「UTF-8を利用したページで表示されるフォント」が正確に表示されていなかったようです。アップデートして、サイト表示がスムースに行かない場合もあるかもしれません。その場合は、設定⇒設定⇒詳細設定⇒履歴⇒ディスクキャッシュ⇒「今すぐ削除する」をマウスでクリックしておいた方がいい場合もあります。

追記 2010/03/25
「Opera 10.51」は、バグがあるようです。OS XP SP3 で使っていましたが、「Opera 10.10」に戻しました。旧バージョンは、こちら からダウンロードできます。「Show other versions」をマウスでクリックします(ダウンロードのページで Advanced options をクリックすると「Show other versions」が現れる場合もあります)。バグの症状は、ウェブサイトをリロードできないサイトがあります、というものです。

「Opera 10.51」公開、JavaScriptをさらに高速化 -INTERNET Watch

 Opera Softwareは22日、Webブラウザー「Opera 10.51」を公開した。Windows版のみが公開されており、Operaのサイトから無償でダウンロードできる。

 「Opera 10.51」では2件の脆弱性を修正しており、Operaではユーザーに対してアップデートを強く推奨している。脆弱性のうち1件は、HTTPヘッダーの「Content-Length」に起因するもので、Secuniaなどのセキュリティベンダーが脆弱性に関する情報を公開していた。

 また、Opera 10.51ではJavaScriptの動作速度を向上。Operaの公式ブログでは、JavaScriptの代表的なベンチマーク「SunSpider」「Peacekeeper」「V8」で、いずれのテストにおいても前バージョンのOpera 10.50よりも高速だとする結果を紹介している。

 このほか、UTF-8を利用したページで表示されるフォントの改善や、ドラッグ&ドロップの操作が一部で動作しなかった問題の修正などが行われている。

 「最も成績の良かったブラウザーは「Opera 10.50」で、逆に最も悪かったブラウザーは「Internet Explorer 8」という結果となった」ということで、いつも Opera を使っている私としては嬉しいです。これは、有意なテストのようです。

GoogleのJavaScript規格準拠テスト、最高点はOpera、最低点はIE -INTERNET Watch

 Googleは11日、WebブラウザーがJavaScriptの規格に準拠しているかをテストするためのツール「Sputnik」による、比較テストの結果を公表した。最も成績の良かったブラウザーは「Opera 10.50」で、逆に最も悪かったブラウザーは「Internet Explorer 8」という結果となった。

 ノートパソコンにこの新しいバージョンを入れてみました。ノートパソコンは、Vista です。まず、すぐ気になったのは、自分の「日下部理恵のブログ」のフォントが意図したものとは違ったもので表示されます。いろいろ調べたのですが、これはバグではないでしょうか。「Opera 10.10」とは、明らかに違う表示です。

 更に、調べているうちにフォント「メイリオ」があることに気がつきました。普段は、XP を入れたデスクトップパソコンを使っているので気がつくのが遅れたのですが、メイリオが美しいフォントであることに初めて気がつきました。XP に メイリオ・フォント を入れてブログで設定して表示したらどうなのだろう?と思うようになって試してみました。スタイルシートの設定に時間をとられましたが、非常に美しく表示されるようになりました。このフォントにして大正解です。

 Vista には、標準でメイリオが入っています。「Opera 10.50」でも、自分のブログが美しく表示されるようになりました。ブラウザによって表示されるフォントの大きさが違うところもあったのですが、この際、スタイルシートを改良してなるたけ同じ大きさに近づけました。バグも回避できるようになりました。

「Opera 10.50」正式版公開、新エンジン搭載で高速化 -INTERNET Watch

 Opera Softwareは2日、Webブラウザー「Opera 10.50」正式版を公開した。Windows版がOperaのサイトから無償でダウンロードでき、Mac版については現時点ではベータ版となっている。また、今後はLinux版の提供も予定している。

 「Opera Unite」という意欲的な機能を搭載していますが、問題は、セキュリティは大丈夫か?ということです。Webサーバーとしてのスペックはどのようなものなのだろう。

「Opera 10.10」正式公開、サーバー機能「Opera Unite」を搭載 -INTERNET Watch

 Opera Softwareは23日、Webブラウザにサーバー機能を持たせる「Opera Unite」を搭載した「Opera 10.10」の正式版を公開した。Windows版、Mac版、Linux版などが用意されており、Operaのサイトから無償でダウンロードできる。

 いつも Opera を使っているので「設定」を調べてみました。問題の設定はしていないものの Opera 9.64 は、まだまだ使いたいので、さて、どうしたものか。そろそろ Opera 10 を検討してみないといけないのかな。

OperaにサードパーティCookieの取り扱いに関する脆弱性 -INTERNET Watch

 情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は17日、Webブラウザ「Opera」のバージョン9.64以前に、サードパーティCookieの取り扱いに問題が存在するとして、脆弱性情報をJVN(Japan Vulnerability Notes)で公開した。

 この問題は、Operaの設定で「アクセスしているサイトからのCookieのみ許可する」を有効(デフォルトでは無効)にしている場合に、遠隔の第三者によってユーザーのアクセス履歴を追跡される可能性があるというもの。最新版の「Opera 10」ではこの問題を修正しており、JVNではOpera 10へのアップデートを推奨している。

 ノートパソコンに、「Opera 10」をインストールしてみました。しかし、行間がおかしく表示 されるので、デスクトップ・パソコンにはインストールしませんでした。行間がつまって表示されます。改良の余地ありです。デスクトップ・パソコンは、v9.64 を使い続けています。
「Opera 10」正式版が公開、高速化技術「Opera Turbo」を搭載 -INTERNET Watch

 ノルウェーのOpera Softwareは1日、Webブラウザ「Opera 10」正式版を公開した。Windows版、Mac OS X版、Linux版などがOperaのサイトから無償でダウンロードできる。

 Opera 10では、低速回線でのブラウジングを高速化する「Opera Turbo」機能を搭載。Operaが用意したサーバーを経由することでWebページのデータを圧縮し、低速なネットワーク環境でも快適に利用できるとしている。Opera Turboを利用した場合、ページのレイアウトなどは通常のページと同様に表示されるが、画像は圧縮により劣化する。

 また、ブラウザ自体もOpera 9.6に比べて動作を40%高速化したほか、ユーザーインターフェイスやタブ機能を改良。新規タブを開いた際にページのサムネイルが表示される「スピードダイヤル」機能のパーソナライズ対応や、メールクライアント「Opera Mail」の改良などが行われている。

 いつもメインで使っているブラウザです。さっそくインストールしました。タブの移動が楽で便利です。
「Opera 9.64」公開、脆弱性を修正し、セキュリティ強化

 ノルウェーのOpera Softwareは3日、Webブラウザの最新バージョン「Opera 9.64」を公開した。Windows版、Mac OS版、Linux版などがあり、同社サイトからダウンロードできる。

 このバージョンでは、いくつかの重要な脆弱性が修正されているだけでなく、安定性も向上。Opera Presto 2.1.1ユーザエージェントエンジンを搭載しているため、すべてのユーザーに対してアップグレードすることを推奨している。

 修正された脆弱性は主に3つ。特殊なJPEG画像によって任意のコードを実行させることができる脆弱性、プラグインがクロスドメインスクリプティングを実行できてしまう脆弱性のほか、現時点では公開されていないが比較的重大な脆弱性が修正されているとされる。

 さらにWindows版では、Windowsプラットフォーム独自のセキュリティ機能が搭載された。まず、Windows XP SP2以降とWindows Server 2003 SP1に搭載されたDEP(データ実行防止)機能や、Windows Vistaに搭載されたASLR(アドレス空間レイアウト無作為化)機能に対応したことが挙げられる。

 また、デジタル証明書の取り扱いをより厳密に行うために複数の問題を修正・改良している。

 先月(2008/10/30)に出た情報ですが、Opera 9.62 を普及させたいのでブログの記事にしておきます。Opera のすごいところは、タブの移動が楽なことです。タブ移動は、「設定」⇒「詳細設定」⇒「ショートカット」で「シングルキーショートカットを有効にする」にチェックしていれば、数字キー「1」と「2」が使えてタブ移動ができます。「1」で左のタブに「2」で右のタブに移動できます。
「Opera 9.62」リリース、2件の脆弱性を修正

「Opera 9.62」リリース、2件の脆弱性を修正

 Opera Softwareは30日、Webブラウザの最新バージョン「Opera 9.62」をリリースした。2件の脆弱性を修正しており、Windows版、Mac OS版、Linux版などが同社サイトよりダウンロードできる。

 Opera 9.62ではまず、履歴検索において任意のコードが実行される恐れのある脆弱性を修正した。履歴検索に送られた特定のパラメータが適切にサニタイズされず、検索結果にスクリプトを注入することができるという。これが実行されると、Operaの設定を変更されたり、任意のコードを実行される恐れがある。深刻度は“Extremely Severe”となっている。

 もう1件は、閲覧しているページ上にあるすべてのリンク(JavaScript URLを含む)を一覧表示する「リンクパネル」における脆弱性。フレーム内のJavaScript URLの処理に問題があり、そのURLが存在するページ内ではなく、外側のページで実行されてしまうため、クロスサイトスクリプティング(XSS)の恐れがあるとしている。深刻度は“Highly Severe”となっている。

 Opera 9.52 からバージョンアップしました。Opera は、タブ移動が簡単!! これだけの理由で使っているようなのもですが、しかし、この理由だけではありません。かなりハードな使い方をしていても「落ちない」です。「落ちない」というのは、使っていて安心できるソフトウェアーということです。

 タブ移動は、「設定」⇒「詳細設定」⇒「ショートカット」で「シングルキーショートカットを有効にする」にチェックしていれば、数字キー「1」と「2」が使えてタブ移動ができます。「1」で左のタブに「2」で右のタブに移動できます。
「Opera 9.6」が公開。Opera Linkやメール機能を拡充

 Opera Softwareは8日(ノルウェー時間)、Webブラウザ「Opera」の最新版「Opera 9.6」を公開した。同社Webサイトから無償でダウンロードできる。

 Opera 9.6では、ブックマーク情報を同期できる「Opera Link」機能を拡充し、検索エンジンや閲覧履歴の同期が可能になった。メールクライアント「Opera Mail」では、低速回線モードを実装するとともに、メールの優先順位付けでは重要スレッドの抽出、特定スレッドを1クリックで無視できる機能が追加された。

 また、RSSフィードのプレビュー機能を追加。このほか、Opera 9.5と比べてレスポンスとページ読み込みが向上。加えて、対応言語としてインドネシア語とウクライナ語、エストニア語、ヒンディー語、テルグ語、タミール語に対応した。

s-Opera96.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちOperaカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMozilla Firefoxです。

次のカテゴリはWindows 関連です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2017/01/19 05:44:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07