「大麻・野幌・江別・関連」のアーカイブ

 「江別グレシャムアンテナショップ」は、一時期よく行っていた。コーヒーを呑んだり読書をしたりインターネットをしたりしてた。ただ、観光客を呼ぶには決定的に物足りなかったのも事実だった。どのように生まれ変わって楽しませてくれるのか楽しみだ。イオン江別店にも近いし便利なところにある。

れんが造りの新名所誕生へ 江別に商業施設「EBRI」-北海道新聞

d20425b9921cc9ae802b9d8f2398f270 【江別】れんが造りの「旧ヒダ工場(東野幌町3)」を活用した商業施設が12月12日、プレオープンする。施設名は「EBRI」(エブリ)で、江別(Ebetsu)とれんが(Brick)の造語。建物を所有する市は、物販を中心に江別観光の新たな拠点として期待している。

 市の公募で運営事業者に決まった企画・運営会社のストアプロジェクト(札幌)によると、物販や飲食関係のテナント7店ほどを誘致する方針。これまで洋菓子製造販売のベイクド・アルル(上江別)の出店が固まっている。

 同工場内で江別の姉妹都市・米オレゴン州グレシャム市の物産などを販売していた「江別グレシャムアンテナショップ」は、「江別アンテナショップGET'S」に名称を変更。江別の友好都市である土佐市との関係をより強める狙いを込め、グレシャムと江別に土佐の頭文字「T」を加えて命名した。さらに観光案内機能も持たせ、担当者が常駐して対応する。市は同ショップの年間来場者を3万人程度と見込んでいる。

 全面開業は来年3月下旬の予定で、三好昇市長は「れんがは江別のシンボルでありながら、れんがの中で飲食を楽しむなど、観光気分を味わえる場所がなかった。それだけに交流人口の増加につながる役割は大きい」と話している。

 なお、プレオープン当日はプロ合奏団の札幌管楽ゾリステンと野幌中、江別第一中、大麻高による合同演奏会を開催。13日には子どもに建築の仕事を体験してもらうワークショップ、19、20日は複数のインテリア雑貨店によるクリスマスマーケットを予定している。

 問い合わせは市経済部商工労働課(電)011・381・1023へ。(松井敏夫)11/21 16:00

 この記事は、結構ツイッターで話題になっていた。そのうち記事が削除されるのでここにブログ記事にしておきます。
「ぽこあぽこ」連日盛況、400人超えも 江別市の子育て支援施設、市外の利用者にも好評-北海道新聞[札幌圏]

1153_1-00.jpg 【江別】屋内で遊べる市営の子育て支援施設「江別市子育てひろば ぽこあぽこ」が、昨年12月の開設以来、連日にぎわっている。年末年始は大雪に見舞われたこともあり、1日の利用が400人を超える日もあった。会員は昨年末で2500人となり、札幌などからの利用者も増えている。

 約540平方メートルのスペースに、滑り台などが組み合わさった大型複合遊具などが配置されている。昨年12月21日、イオンタウン江別内にオープンした。

 1日当たり約250人の親子が利用しており、12月28日にはこれまでで最多の438人が来場した。市民でなくとも無料で遊べることが評判になり、札幌市厚別区や白石区、当別町、空知管内南幌町などからの利用もある。

 1月5日は約220人が訪れた。札幌市厚別区の鶴ケ崎心結(みゆう)ちゃん(5)は「大きな遊具で遊べて楽しい」。父親の貴昭さん(29)は「札幌の子どもたちも無料で立派な遊具で遊べるなんてありがたい。冬は遊び場が少ないのでよく通うと思う」と話していた。

 利用には会員登録が必要。問い合わせは、ぽこあぽこ(電)011・378・4411へ。(竹内桂佑) (01/08 16:00)

 パソコンが操作できて、音源やビデオがあれば、いろいろ面白いことが出来ますね。この千葉さんは、カメラが趣味だったり一輪車の同好会を主催していた人だと記憶にあります。
野幌駅前で歌っていたみんな、連絡待ってます 飲食店主だった千葉さん、路上ライブ写真などCDに-北海道新聞[札幌圏]

3555_1.jpg 【江別】2000年から翌年にかけて、JR野幌駅近くの飲食店前などで路上ライブをしていた中高生らを、当時の飲食店店主が撮影しており、今回、およそ20のグループ、個人ごとにCDにまとめた。千葉知男さん(60)で、「10代の青春の思い出を当時の若者たちに届けたい」と連絡を待っている。

 千葉さんによると、2000年、経営していた飲食店の軒先で歌いたいと男子高校生2人組が訪れたのが、路上ライブの始まり。若いころ、音楽活動をしていた千葉さんは快諾。次第に中高生らのソロやデュオが集まり、店先などでフォークギターを手に、人気デュオ「ゆず」の曲などを歌っていた。千葉さんも支援し、近くの量販店などでも「ストリートライブinのっぽろ」として歌い、地元の夏祭りなどにも参加していたという。

 ライブは01年ごろまでが活発で、05年ごろまで続いていたという。千葉さんの店が稽古場になることもあり、ビデオやデジタルカメラで歌う様子などを撮影していた。千葉さんはその後、店を閉め、現在は店舗も残っていないが、当時撮りためたビデオなどは保管していた。

 今年、還暦を迎えたことから、パソコンで00、01年の各グループ、個人ごとに編集し、CDにまとめた。千葉さんは「当時の中高生たちは今では20代後半から30歳ぐらい。音楽を続けているかな。結婚してお父さんやお母さんになった子もいるかもしれない」といい、「野幌で歌った青春を彼ら、彼女らに渡してあげたい」と話す。

 ただ、当時の若者たちの連絡先が分からないといい、連絡を待っている。千葉さんは(電)080・4501・6410(午後1時~3時のみ)、slnnopporo-tomiya@yahoo.co.jp。(近藤達人) (12/20 16:00)

「前回は本州業者が担当したが、今回は地元の事業者組合が市と協定を結んで担った」こういう事情なんですね。前回の便利帳を見た時「何故、地元の業者じゃないの?」と思ったものです。
「暮らしの便利帳」2年ぶり発行、市民の笑顔ふんだんに 地元料理のレシピも 事業費、広告費で捻出-北海道新聞[札幌圏]

6353_1-00.jpg 【江別】市と江別印刷業協同組合(吉田敏一理事長、8社)が準備を進めていた「江別市暮らしの便利帳」が完成した。行政や医療、特産品、観光など江別の暮らし全般の情報が盛り込まれている。2年ぶりの発行で、今回は新たに市民の笑顔などの写真をふんだんに使った。年内には市内全戸に配布される。

 市と民間の協働事業で、費用はすべて広告費で捻出、市の財政負担なしで発行した。前回は本州業者が担当したが、今回は地元の事業者組合が市と協定を結んで担った。

 行政ガイドとして、各種証明や年金、国民健康保険、出産、子育て支援、教育、福祉、ごみ、公園、防災関係などを道の施設も含め幅広く紹介している。

 さらに、加工食品など特産品、イベントカレンダー、観光名所やレジャースポット、農産物直売所などの案内のほか、江別のコメや小麦、野菜、豆腐などを使った料理のレシピも取り上げた。

 病院、歯科、薬局などのマップ、冠婚葬祭の連絡先なども掲載した。

 巻頭に市内のイベントで出会った100人の笑顔を集めたほか、特産品紹介では全身写真入りの担当者のコメントも載せるなど、市民を数多く登場させ、読者の視覚に訴える工夫がなされている。

 総事業費は約1200万円で、市内の事業所などからの広告費として協力を得た。

 4日に吉田理事長ら2人が市を訪れ、佐々木雄二副市長に便利帳を手渡した。吉田理事長は「便利帳が市民の暮らしに役立ち、江別が元気になるきっかけになれば」と期待し、佐々木副市長は「料理の紹介など地元目線が生かされていますね」と感謝していた。

 A4判132ページでオールカラー。6万部印刷し、市シルバー人材センターを通じて全戸配布するほか、転入者には手続きの際に市の窓口で手渡す。問い合わせは市広報広聴課(電)381・1009へ。(近藤達人)

 江別市に関する記事なので、ここにブログ記事にして残しておきます。
ジュニアオーケストラ、江別で発足 12月と来年2月に演奏会、新入団員も募集-北海道新聞[札幌圏]

8273_1.jpg 【江別】「江別ジュニアオーケストラ」が発足し、12月と来年2月の演奏会に向けて練習を重ねている。メンバーは市内で今夏開かれたバイオリン体験教室の受講生を中心とした3歳から小学6年までの10人で、さらに団員を募集中。指導するオーケストラ音楽監督の助乗(すけのり)慎一さんは「一緒に音楽を楽しみましょう」と参加を呼びかけている。

 バイオリン体験教室は7、8月に実施され、10月にジュニアオケとして旗揚げした。

 初のステージは12月7日の「まちかどコンサート」(えぽあホール)で、「MOCとゆかいな仲間たち」の一員として舞台に立つ。

 正式なお披露目は来年2月15日。助乗さんが代表を務める「どさんこ青少年オーケストラ協会」がえぽあホールで開く設立記念演奏会に、初めて「江別ジュニアオーケストラ」の名で出演する。助乗さんは「一人でも多くの子供たちとジュニアオケの活動を活発にしたい」と話している。

 募集している団員は弦楽器が就学前の年長クラスから高校2年生まで、管楽器は小学高学年から高校2年までの経験者。どちらも高校3年生は要相談。

 練習は原則、毎週金曜日の午後6時半から2時間ほどで、会場は市内公民館など。月謝は2千円。楽器のレンタルは要相談。問い合わせは助乗さん(電)090・3898・1476へ。(近藤達人)(11/21 16:00)

「えべつ満喫!!健康ウオーキングマップ―江別エリア編」を野幌公民館でもらってきました。それほど大きくはないコンパクトなのもです。持ち運びにも便利です。これを頼りに自転車で回ってみようと思っています。楽しみです。
江別の名所、徒歩で満喫 市がウオーキングマップ作成-北海道新聞[札幌圏]

4604_1-00.jpg 【江別】市は、歴史的建造物などが豊富な江別地区を歩きながら、景色を楽しむおすすめルートを紹介する「えべつ満喫!!健康ウオーキングマップ―江別エリア編」を作成した。5千部作り、市内のJR各駅や各公民館、市民体育館などで無料配布している。

 健康増進に役立ててもらいながら、歴史があり、景観の良い公園や遊歩道などが豊富な江別地区の魅力を市内外に発信しようと、マップ作りを目指して今年5月、市は検討委員会を設立。委員会は市観光協会や札幌歩こう会、JR江別駅、江別観光ボランティアガイドなど、観光やウオーキングに精通した団体などで構成した。会議で出た意見を取り入れ、江別地区の名所を巡るウオーキングコースを作った。

 コースはJR江別駅を始点に、江別神社や四季のみち、旧町村農場、江別河川防災ステーション、泉の沼公園など計24カ所を回り、同駅に戻る約10キロ。個人差はあるが、約3時間のコースで、消費カロリーは約660キロカロリー。

 マップはA3判1枚で、表と裏に計3枚の地図を掲載。表にはコース全体の経路が分かる1万分の1の縮尺の地図を、裏にはコースを東西で分けた地図二つと、名所の写真を載せて、見どころを詳しく紹介している。

 9月に完成、10月から配布し、市内とJR札幌駅の観光案内所などに置いてある。事業費は約15万円。

 市商工労働課は「江別地区を歩きながら地域の良さを感じてもらい、健康づくりに生かしてほしい」とPRしている。

 問い合わせは同課(電)011・381・1024へ。(竹内桂佑) (11/14 16:00)

 江別市に関連ある記事を集めてみました。江別に住んでいても意外と郷土の歴史を知らないものです。記事を読んでむかしの郷土に思いを馳せるのも楽しいものです。豊平川にもいろいろ歴史があって江別とも関係が深いことが分かります。「江別はかつて、道内有数の港町だった」「1882(明治15)年に幌内鉄道の江別駅が開業し、まちは小樽港と鉄路で結ばれる」というのも驚きです。

朝日新聞デジタル:江別(2)-マイタウン北海道

■河岸に立つ榎本武揚像

 いまから200年以上前。豊平川は大氾濫(はんらん)を起こし、石狩川と合流する川尻を東へと切り替えた。もともとあった対雁(ついしかり)川をすっぽりとのみ込んだそれは、現在の対雁(江別市)のあたりだ。以後流れのゆるいこの一帯は洪水常襲地となったため、昭和に入って大規模な新水路が、下流の中沼(札幌市)に掘られた。18世紀前半から対雁川河口には、松前藩の下ツイシカリ場所(漁業や交易の拠点)があった。この地にはいま、旧豊平川の痕跡をかろうじて残す、世田豊平川の小さな流れがあるばかりだ。

 世田豊平川の河口右岸は、榎本公園になっている。戊辰戦争の最終局面、箱館戦争で官軍と戦って敗軍の将となり、のちに明治政府の要職のかずかずを務めた、あの榎本武揚を顕彰する公園だ。

 公園で目を引くのは、高さ7メートルもの台座にのった、モニュメンタルな「榎本武揚像」。1970(昭和45)年に佐藤忠良が制作したものだ。その翌年、71年には札幌二中で佐藤の先輩にあたる本郷新が、札幌オリンピックの記念彫刻「雪華の像」を、真駒内公園に建てている。こちらの台座は12メートルだから、本郷は後輩への負けん気を起こしたのだろうか。

 JR野幌駅(北海道江別市)近辺の高架化の完了にともなって、今度は、周辺の整備が進むようです。具体的には、以下の記事に詳しいので読んでみてください。

JR野幌駅北側 駐輪場と遊歩道整備-北海道新聞[札幌圏]

9486_1.jpg(09/13 16:00)

 【江別】JR野幌駅周辺で計画されている市の「顔づくり事業」に関連した、同駅北側の再開発整備が今月下旬から本格化する。10月上旬にかけて、高架下駐輪場と駅前の遊歩道の工事が始まる。市の計画では、駐輪場は来年4月から、遊歩道は来年1月下旬から利用できる見通しだ。

 市都心整備課によると、整備が計画されている高架下駐輪場は東西の2カ所で、本年度は東側を整備する。同駅の北口駅前広場の隣にある現在の駐輪場は継続して使える。

 市の計画では、東側の高架下駐輪場は、広さ800平方メートルで600台を収容できる。高さ1メートルのれんがで壁を作り、歩道との間を仕切る。総工費は約4460万円。今月下旬に着工予定で、来年4月から利用できる。西側の駐輪場の整備は来年度中に行われる予定。東側より広い1200平方メートルで、800台を収容する。

 野幌駅周辺で整備される遊歩道「東西グリーンモール」は北口駅前広場と旭通、8丁目通を結び、歩行者と自転車の通路が分かれる。道全体の幅は8メートルで、歩行者用が幅3・5メートル、自転車用は幅2メートル。両通路の間に植栽やベンチを設ける。路面はれんがなどを使い、江別らしさを演出する。

 本年度は、北口広場と旭通を結ぶ東側の95メートルを整備する。10月に着工し、来年1月下旬完成の見通し。西側は北口広場と8丁目通を結ぶ約50メートルで、来年度中の整備が予定されている。(竹内桂佑)

 参加店が5店というのも少ないような気がするが、今回のイベントが成功すれば、もっと店が増えるものと思われます。わたしは、5店のうち2つ知ってます。100人も集まりますかね? 若い人は、時間的にも金銭的にも余裕がないから。100人規模だと5店は、適正規模とも考えられるか。

来月12日 江別市内で初の大型合コン 100人規模、5店を巡る-北海道新聞[札幌圏]

(04/25 16:00)
2422_1.jpg 【江別】飲食店をはしごしながら男女が交流するイベントの大型合コン「えべコン」が5月12日、市内で初めて開かれる。市内の有志でつくる実行委が、男女の出会いを演出しながら、地元の歓楽街の活性化に一役買おうと主催。野幌料飲店組合(国友正広組合長)の協力で、対象となる20歳以上の男女計100人がラウンジ、スナックなど5店を巡る。

 大規模な合コンイベントは「まちコン」と呼ばれ、2004年の宇都宮市の「宮(みや)コン」が発祥とされる。最近では道内の札幌、函館、旭川などでも開催。男女の出会いだけでなく、地域経済の活性化にも役立っている。

 実行委は仕事を通じて知り合った市民ら3人で結成。3月に実行委の山田憲人(けんと)さん(32)が同組合に企画を持ちかけ、国友組合長が、加盟する飲食店に協力を呼び掛けた。山田さんは「札幌に行かなくても江別でも十分に楽しめることを知ってほしい」と意気込む。

 国友組合長によると、江別でのまちコン開催を望む声は多かったが、これまで企画する人がいなかったという。国友組合長は「企画する人がようやく現れた。飲食店の利益はほとんどないが、組合としても一肌脱ぎたい」と話す。

 時間は午後6時~9時。男女各50人、計100人の参加を目標にしている。参加店は、いずれも野幌町のアプリコット90胡桃(くるみ)ニューパブピュアカラオケハウストップ、ピッコロ

 当日は午後6時にセレモニーホールはやし(野幌町54)に集合。主催者がなるべく男女同数になるように5組をつくり、各店に振り分けて、それぞれ飲食や会話を楽しんでもらう。その後は時間内であれば、他の参加店でも飲食ができ、参加者それぞれが自由に楽しんでもらう。

 参加費は飲み放題で男性4500円、女性3500円。参加5店でチケットを扱っている。

 問い合わせは国友組合長(電)090・2873・4439へ。(竹内桂佑)

 2012年 3月12日(月)10時 鉄西線~鉄東線間 鉄道高架下の中原通が開通します 北海道江別市。under-pass.jpg

 もう、始まっていると思いますが、2012スノーフェスティバル 北海道江別市で行われています。
2012 えべつ スノーフェスティバル からの情報です。

2月11日(土)~12日(日)、市役所北側・向ヶ丘特設会場で「2012 えべつスノーフェスティバル」が開催されます。
 今年も盛りだくさんの内容で,多数の方のご来場をお待ちしています。

●主催/えべつ冬季イベント実行委員会

●開催日時/
平成24年2月11日(土)
 11時~16時30分(開会式 12時)
2月12日(日)
 10時~15時30分(閉会式 15時)

●会場/向ヶ丘特設会場(江別市向ヶ丘26)

 大雪降って大変なのは雪かきしなければならない人達。私は、雪かきはしない。4月になったら融けると考えるから。雪かきしなければならない人達を尊敬します。あの人達、何かに憑かれたように雪かきするのだ。不思議な人達だ。

局地的大雪 江別で40センチ JR142本が運休-北海道新聞[道内]

局地的大雪 江別で40センチ JR142本が運休

(01/24 12:34、01/24 14:43 更新)
3478_1.jpg 道内は24日、冬型の気圧配置が強まって石狩管内に筋状の雪雲が入り込み、江別市周辺で局地的な大雪に見舞われた。札幌圏を中心に交通機関が大きく乱れ、JR北海道は午後0時40分現在、札幌発旭川行き特急スーパーカムイなど特急26本、快速・普通116本の計142本が運休。約2万人に影響が出た。

 気象台の観測地点がない江別市の独自観測によると、同日午前9時までの24時間降雪量は40センチに達した。市内の江別第三小と対雁小が休校し、大麻高は1時間目の授業終了後、生徒を帰宅させた。

 道警交通管制センターによると、24日正午現在、吹雪などのため、高速道路は道央道札幌―岩見沢間、道道は5路線6区間が通行止めとなっている。

 今度、北海道江別市情報図書館に行ったら「記念文庫」を覗いてみます。

ノーベル賞・鈴木さん 江別市情報図書館の記念文庫オープン-北海道新聞[札幌圏]

1405_1.jpg(10/29 15:00、10/29 16:07 更新)
 【江別】市内在住で昨年10月にノーベル化学賞を受賞した鈴木章・北大名誉教授(81)の偉業をたたえる「記念文庫」が27日、市情報図書館に開設された。鈴木さんが青少年向けに選んだ190冊が並ぶ。開設式で鈴木さんは「若い人には好きなことをうんと勉強してほしい。そのために、本と図書館を大事に使って知識を高め、将来立派な仕事をしてほしい」と話した。(竹内桂佑)

 文庫の本は市が購入し、同図書館正面入り口付近に棚を置いた。鈴木さんの著作を含め、すべて化学、数学分野。ノーベル賞の対象となったクロスカップリング反応を解説した本や、鈴木さんが「人生を変えた1冊」と語る米ハーバード大のルイス・フィーザー教授(故人)の著書「基礎有機化学」など、専門書を網羅した。漫画でわかりやすく化学式や化学史を紹介した本もそろっている。

 読書週間の初日にちなんだ開設式には、鈴木さんや三好昇市長のほか、市内9中学校から代表の生徒が出席。三好市長は「将来の科学者のために開設した」と狙いを話した。続いて、鈴木さんや三好市長らがテープカットした。式に出席した中央中2年の蝦名潤樹(じゅんき)君は「記念文庫の本をしっかり読んで、将来は理系に進みたい」と話していた。

 記念文庫の蔵書は、市内に住んでいるか、通勤、通学している人に加え、隣接市町村の住民にも貸し出す。

 北海道江別市のサイトに洗練された「えべつのじかん」が登場しました。これは、「江別に住んで生活してみたいと思えるような、江別市の魅力や役立つ情報を紹介するナビゲートサイト」ということで「江別市への移住をお考えの皆さん」にむけて情報を発信していく目的のようです。ざっと見てみましたが、コンテンツはまだ出来たばかりなので乏しいですが、その作りは、洗練されています。バナーが、時間帯によって三種類くらい用意されていて変わります。下の画像は、夕方バージョン。夜のバージョンと昼間のバージョンもあります。
ebetsunojikan-02.jpg

ページ選択

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち大麻・野幌・江別・関連カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは草花・樹木・関連です。

次のカテゴリは動画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2017/01/19 05:44:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07