「音楽・芸術・関連」のアーカイブ

 これは、DMM.com SKE48からの情報です。残しておきたいので、私のブログに貼り付けました。4周年記念公演で演目も書かれていて便利だと思います。

k2_arc_ps.jpg配信期間: 2013/06/14 ~ 2013/07/14 22:59
収録時間: 120分
出 演 者 : 阿比留李帆 石田安奈 後藤理沙子 佐藤聖羅 向田茉夏 矢方美紀 加藤智子 佐藤実絵子 高柳明音 古川愛李 松本梨奈 井口栞里 市野成美 宮前杏実 山田澪花 青木詩織
チーム: チームKII

 香港でも台湾でも人気なのでしょうね。詳しくはわかりませんが、その模様がビデオになって放送されることを願っています。「MIKUNOPOLIS」に関しては、NHK-BSプレミアムで放送(2012/05/20)されたので録画して何回も観ています。

初音ミクコンサート「ミクパ♪」が香港と台湾で開催へ - CNET Japan

佐藤和也 (編集部) 2012/07/02 18:25

 初音ミク香港&台湾ファーストコンサート実行委員会は、初音ミクによるコンサート「ミクパ♪」を香港と台湾で開催することを発表した。

 DTMソフトウェアのキャラクターとして誕生した初音ミクによる海外コンサートは、2011年7月2日に米国ロサンゼルスにて行われた「MIKUNOPOLIS」、2011年11月11日のシンガポールにて行われた「ミクパ♪」に続き、3度目となる。香港と台湾では2011年7月に行われた「ミクパ♪札幌公演」や、2012年3月に行われた「ミクの日大感謝祭」にて、いずれも映画館でのライブビューイングを開催している。

 香港では10月2日にKITEC Star Hallにて、台湾では10月6日にTaipeishow(台北展演二館)にて、それぞれ昼と夜の2回公演を行う。チケットの予約は7月12日に開始予定で、販売サイトなどの詳細情報は、公式サイトにて掲載している。

 ドヴォルザーク作曲/交響曲第8番・チェロ協奏曲を聴いてみました。バーツラフ・ターリッヒ/指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団です。録音は、かなり古いものですが、むかしの指揮者は、個性が強く出てて楽しめます。

  1. 交響曲第8番ト長調op.88
  2. チェロ協奏曲ロ短調op.104
チェロの独奏は、ムスティスラフ・ロストロポービッチです。

 MDウォークマンに入れて聞いています。

内容(「CDジャーナル」データベースより)
1961年に77歳で亡くなったチェコの指揮者ターリヒの歴史的名盤。ドヴォルザークの「田園」といわれる8番を美しく,70歳近いとは思えぬ若々しさで聴かせる。2では若きロストロポーヴィチのはつらつたる演奏が聴けるのも魅力。モノラル,音はイマイチ。
2011-11-24-00L.jpg

 FM チューナーの専用アンテナが壊れて(2010/07/22)以来、FM のエアーチェックをしていなかったのですが、札幌(手稲山山頂にある)の場合 FM 送信所とテレビ送信所が同じ所なので VHF アンテナにつなげてみた(2010/11/07)のでエアーチェックをしてみました。ちょうどベストオブクラシック-ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会-の東京・サントリーホールから生中継(2010/11/09)があったのでエアーチェックをしてみました。

交響曲第9番 (ブルックナー)
指揮者 フランツ・ウェルザー=メスト

ベストオブクラシック
-ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会-
                         坪郷佳英子
 - ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会 -     
                              
「楽劇"トリスタンとイゾルデ"から"前奏曲と愛の死"」   
                       ワーグナー作曲
「交響曲 第9番 ニ短調」         ブルックナー作曲
        (管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
            (指揮)フランツ・ウェルザー・メスト
  ~東京・サントリーホールから中継~           

 最近聴いたCDは、神尾真由子の『PRIMO』です。収録されている曲は、

  1. カルメン幻想曲
  2. ワルツ・スケルツォOp.34
  3. 神話 ヴァイオリンとピアノのための3つの詩Op.30 I アレトゥーザの泉
  4. 神話 ヴァイオリンとピアノのための3つの詩Op.30 II ナルシス
  5. 神話 ヴァイオリンとピアノのための3つの詩Op.30 III ドリアードとパン(牧神)
  6. 瞑想曲Op.42-1~「なつかしい土地の想い出」Op.42より第1曲
  7. 詩曲Op.25
  8. イタリア組曲 ヴァイオリンとピアノのための I イントロドゥツィオーネ:アレグロ・モデラート
  9. イタリア組曲 ヴァイオリンとピアノのための II セレナータ:ラルゲット
  10. イタリア組曲 ヴァイオリンとピアノのための III タランテラ:ヴィヴァーチェ
  11. イタリア組曲 ヴァイオリンとピアノのための IV ガヴォッタ・コン・ドゥエ・ヴァリアツィオーニ
  12. イタリア組曲 ヴァイオリンとピアノのための V スケルツィーノ:プレスト・アッラ・ブレーヴェ
  13. イタリア組曲 ヴァイオリンとピアノのための VI ミヌエット・エ・フィナーレ

 フランスのラジオ放送局のクラシック番組をインターネットを通して聴く方法を以前に書いた覚えがありますが、ここでは、iTunes を使って France Vivaceフランス・ビバーチェ)という放送局を聴きます。iTunes には、あらかじめラジオ放送局はいろいろ登録されていますが、残念ながらフランス・ビバーチェは登録されていません。そこで、iTunes でフランス・ビバーチェを聴く方法ですが、

[詳細]⇒[オーディオストリームを開く]を開いて、次のアドレスを入力し[OK]を押します。
http://www.tv-radio.com/station/france_vivace_mp3/france_vivace_mp3-128k.m3u
audio_stream.jpg
 次ぎに、[最近追加した項目]に、今追加したものがありますから、新規プレイリスト[フランスの放送局]とでも名付けたリストに登録して、いつでも放送を簡単に聴けるようにセットします。
france_vivace00.jpg
 これでいつでもインターネットをつうじてラジオが聴けます。この方法を覚えておくと、iTunes に登録されていない放送局でもオーディオストリームのアドレスを調べることによって iTunes で放送が楽しめることができます。ブラウザを通さないで聴くので便利です。

AzSHOUTcastPlayer.gif

「SHOUTcast用ネットラジオプレイヤーです。」
「BGMとして再生するのに適しています。」

 といううたい文句が作者のサイトに書かれていて私は興味を持ちました。

 そもそも「AzSHOUTcastPlayer」を知ったのは、「ながら族」、音楽好きに最適なネットラジオプレーヤーという記事を読んだことです。

 使った感想は、軽いソフトで使いやすい! なかなかステキなネットラジオのプレイヤーです。ずっと使い続けるでしょう。

 NHK-FMで例年放送されるバイロイト音楽祭があります。私はといえば、MDに録音しています。今年も録音します。パソコンに直接取り込んでも良いのですが、MDの方がなにかと編集などしやすいので、一旦MDにして、そのあとパソコンに取り込みます。今日は、楽劇“ラインの黄金”です。指揮は、クリスティアン・ティーレマンで、この人が出てこないと始まらないという感じです。

 今日、マイクロソフトからのメールを読んでいたら「カセットテープの懐かしい音楽を、デジタル サウンドに復活させる方法」というものが書かれていて、なるほどと思ったのでここにも転載しておきます。用意するのは、カセットデッキや MD デッキ、あるいはステレオ装置。これらとパソコンとつなぐコード(ステレオ用)。あと、パソコンの中にある Windows ムービー メーカーを使います。パソコンにインストールされていない場合は、無料でダウンロードできるはずです。

テープに閉じこめられた思い出

 このサイトに詳しいことが書かれていますので、それをじっくり読んで下さい。私は、以前から同じことを、「♪超録 - パソコン長時間録音機」というソフトでやっています。詳しくは、
☆♪超録 - パソコン長時間録音機 フリーウェア版 を使ってみました
を読んで下さい。

20081210_223512.jpg

20081122001012.jpg 金曜日の夜(2008/11/21)NHK教育テレビを観ました。イタリア人指揮者のムーティは、スタイリッシュな指揮で好きな指揮者の一人です。

今回の曲目は、

  1. ロッシーニの「セミラーミデ」序曲
  2. バレエ音楽「妖精の口づけ」によるディヴェルティメント(ストラヴィンスキー)
  3. チャイコフスキーの交響曲第5番

 セミラーミデ序曲もチャイコフスキーも好きです。特にチャイコフスキーの5番は、ムラビンスキーのレニングラード・フィルの演奏をよく聴くので、比べてみたりして聴いていました。今回のウィーン・フィルハーモニーの演奏は、いつもそうですが、非常に洗練されていて上品なものでした。力強さという点では、レニングラード・フィルが勝っているように思います。第4楽章の終わりの方で指揮者ムーティが嫌な顔をしたのを見逃しませんでした!おそらく、指揮者の意図した通りの演奏をしなかったのではないでしょうか。チャイコフスキー・ファンなら誰しもそうでしょうが、そのあとの最後の方でトランペットが咆哮するのをみていて胸に熱いものがこみあげてくるのを禁じ得なかった。画面を見てて気が付いたのですが、ウィーン・フィルハーモニーにも女性奏者が何人か在籍するようになったのですね。初めて知りました。

 日本公演 サントリーホール 2008/09/23
20081122001235.jpg

 これは、クラシックファンにはありがたい企画です。先ほどダウンロードしてみましたが、10曲ともビットレートが 320kbps というものです。10曲で、全部の合計ファイルサイズが、956MB ありました!! これは、本格的です!! 普通、私などは、音楽CDをリッピングする場合、120kbps か 160kbps でリッピングして iTunes に納めていますので、320kbps というのは、如何にすごいかがわかります。パソコンをステレオにつないで聴きたくなります。私は、オーディオファンでもあるので、この企画わくわくしています。

 しかも、それだけではなくて、1曲1曲にジャケット写真と英文の解説も付いています。至れり尽くせりです。しかも無料。音源は11月24日(2008年)までの期間限定で公開されています。
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のライブ音源無料ダウンロードサービス

 オランダの名門オーケストラ、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団は今年創立120周年を迎えた。ロイヤル・コンセルトヘボウといえば、多数の名盤やたびたびの来日演奏でその実力を証明している世界トップクラスのオーケストラ。そのコンセルトヘボウ管が120周年を記念して、ラジオ局Radio4 のウェブサイト経由で10曲の交響曲のライブ録音を無料配布している。しかも、ストリームで聴かせてくれるのではなく、mp3をダウンロードさせてくれるのだ! これまでもいくつかのオーケストラや放送局がライブ音源をオンデマンドで聴かせてくれる企画はあったが、ダウンロードまで可能なサービスは珍しい。

20081114_200722-00.jpg1. シューベルト:交響曲第8番(第7番)「未完成」  ニコラウス・アーノンクール指揮(1997年)
2. ベートーヴェン:交響曲第2番 マリス・ヤンソンス指揮(2002年)
3. メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」 キリル・コンドラシン指揮(1979年)
4. フランク:交響曲ニ短調 マリス・ヤンソンス指揮(2004年)
5. マーラー:交響曲第1番「巨人」 レナード・バーンスタイン指揮(1987年)
6. ドヴォルザーク:交響曲第8番 カルロ・マリア・ジュリーニ指揮(1990年)
7. サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」 チョン・ミョンフン指揮(2005年)
8. シベリウス:交響曲第2番 マリス・ヤンソンス指揮(2005年)
9. ブルックナー:交響曲第8番 マリス・ヤンソンス指揮(2005年)
10.ブラームス:交響曲第2番 マリス・ヤンソンス指揮(2004年)

 ちょっと使ってみて iTunes 8 の気がついた問題点は、イコライザの問題です。例えば、イコライザが「オン」の場合を考えます。この場合、イコライザは「Classic」になっているとします。初めの曲のイコライザプリセットが「Dance」だとします。この曲を再生している場合は、もちろんプリセットが優先されて「Dance」になってます。次の曲がクラシックの曲でイコライザプリセットされていない場合、クラシックの曲にもかかわらずイコライザが「Dance」になってしまうのです。つまり「Classic」に戻らないのです。iTunes 7 の場合は、「Classic」に戻っていました。戻るのが正常な動作だとすれば、iTunes 8 の場合は、正常じゃありません。

 これは、かなり問題のあるバグだと思われます。すべての曲がイコライザプリセットされていないと、思わぬイコライザの設定で曲を聴いている場合が出てきてしまいます。すべての曲にイコライザプリセットするのも大変です。尚、イコライザプリセットは、曲のプロパティで設定します。

suwamai00-00.jpg
 イコライザの設定を画面に出るようにセットします。その画像が下です。設定するには「表示」⇒「表示オプション」⇒「イコライザ」にチェックを入れます。

suwanai-sibe-00.jpg

 自分のパソコンにつなげているスピーカーの特性をよく考えて、iTunes のイコライザーを設定します。音楽によっては、特定の曲によってはということですが、例えばダンス・ミュージックでは「Dance」に合わせておくのも良いでしょう。その為に曲の「プロパティ」であらかじめ設定しておきます。一般的には、スピーカーの特性をよく考えて、試行錯誤した上で「手動」で設定して「オン」にしておきます。私がいまPCに使っているスピーカーは、aiwa のスピーカーですが、このスピーカーを10年ぐらい使っているので耐久性はよいのですが、高音が今一足りないので高音をイコライザーで補っています。パソコンでもオーディオ心を忘れないようにしています。

equalizer00.jpg
 例えば、吉田美奈子さんの『gazer』というアルバムの中で「STARLET」という曲は、プロパティで「Dance」にイコライザーをあらかじめ合わせておきます。曲ごとに設定したイコライザーが自動的に動くさまを見ているのもおもしろいものです。昔のアナログ・オーディオとは違った楽しみがここにあります。
gazer1001.jpg
 五輪真弓さんのアルバム『時をみつめて』と『風のない世界』を聴いているところ。イコライザーも表示している。
itswa-mayumi-00B.jpg

追記 2009/09/25
iTunes 本体にイコライザ設定を表示させる場合、
[表示]⇒[表示オプション]⇒[イコライザ]をチェックします。

Voralent Invidi 使ってみましたが、なかなか便利で気に入ってます。iTunes を使っていると「アートワーク」がないと何か物足りないものです。アートワークが必ずあればいいのですが、必ずしもそうなっていない現状です。そこで活躍するのが、この「Voralent Invidi」です。かなりの確率でアートワークを登録できます。アートワークというのは、簡単に言ってしまえば、ジャケット写真です。操作も非常に簡単。iTunes で音楽をプレーしてます。すると、自動的に関係ある写真を検索して表示してくれます。写真を選んで「アートワークを iTunes へ転送」ボタンを押すだけ。そうすれば、自動的に「アートワーク」が登録されます。写真は、竹内まりやさんの音楽を演奏させているところの写真です。自動的にこれだけの写真が集まりました。(追記 バージョン2.7 で、エラーが出ますね。iTunes の方で「スペース・キー」を押したりすると、Voralent Invidi でエラーが出ます。)

窓の杜 - 【NEWS】「iTunes」のライブラリにアートワークを簡単に登録できる「Voralent Invidi」

「iTunes」のライブラリにアートワークを簡単に登録できる「Voralent Invidi」
再生している曲のアートワークを自動検索してアルバムに一括登録可能

 「iTunes」で再生している曲のアートワークを自動検索して登録できるソフト「Voralent Invidi」v2.3が、1日に公開された。Windows 2000/XP/Vistaに対応するフリーソフトで、現在作者のホームページからダウンロードできる。

 最近知ったグループなのですが、毎日聴いています。GARNET CROW という女性二人+男性二人のグループです。活動は、1999年からだそうですのでかなりのキャリアを積んできたグループです。いままで全く知らなかった! あるきっかけでグループの写真を見ました。美少女が写っていると思いました。グループ名が GARNET CROW とわかり、べウィキペディアで調べてみました。

 美少女も中村由利さんだと知り、CDを手に入れて、最近は毎日聴いています。

GARNET_CROW_Official_WebSite こちらでも、このグループの音楽を聴くことが出来ます。

ページ選択

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち音楽・芸術・関連カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは一太郎です。

次のカテゴリは教育・文化です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2017/01/19 05:44:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07