「まちづくり」のアーカイブ

 「メーリングリスト」やホームページ開設くらい、ちょっとした知識と経験があれば素人でも出来ることです。それなのに「市の助成を受けて」やるというのだから、あきれてものも言えません。「市の助成」とは、税金を使うわけですね。いままで、IT 関連で「江別市の助成」を受けて成功したものは1つもないでしょう。今回も、何の効果もなく大失敗するのは火を見るよりも明らかです。メーリングリストですら、48社中、30社ですから、これ一つとっても低調な出だしなことがわかります。「市内大学生に協力しても」らうわけですから、学生にとっては、社会勉強になるかもしれませんが。

江別の野幌商交会 60周年機にIT推進-北海道新聞[札幌圏]

5316_1.jpg(12/21 10:00、12/21 10:17 更新)
 【江別】野幌地区の小売店などでつくる「野幌商交会」(山保義明会長、48社)が、創立60周年を記念して「IT化事業」を進めている。携帯メールを使って連絡を回す「メーリングリスト」をつくり連絡網を強化するほか、1月には同会のホームページ(HP)を開設し、各店のPRを推進する。市内大学に協力を要請しており、HPの更新に必要な技術を高めていく。

 市内で最も歴史がある商業団体の一つで、事業は市の助成を受けて11月に開始した。同会会員間の連絡はこれまでビラやファクスが中心で、連絡が行き届くまでに時間がかかり、伝え漏れがあるなど連絡網の強化が課題だった。

 メーリングリストは今月中旬に開設し、現在会員30社が登録している。全会員がメールを配信でき、会合の案内、イベント情報などを伝達する仕組み。

 HPは、同会所属でインターネットテレビ事業などに取り組む「のっぽろ印刷」が制作している。月1回の更新をノルマとし、各店が押す商品、各店店主の紹介をブログ形式で行う予定だ。

 HP更新はパソコン操作が苦手な会員には難しいため、市内大学生に協力してもらい、パソコン操作の技術を身につけていく。

 同会常任理事で、のっぽろ印刷の武田泰一社長は「HPの価値は更新が9割を占める。魅力的な店主の人柄や商品を伝え、多くの人に足を運んでもらえる商交会にしていきたい」と話す。

 18日には市内で事業の報告会が開かれ、制作中のHPが紹介された。山保会長は「メール打ち、パソコン操作は練習すれば何とかなる。協力しながら事業を成功させよう」と呼びかけた。(竹内桂佑)

 私は、前のホームページを期待しながら何回か見に行きましたが、一向に更新されず「がっかりした」経験があります。今回も前回と同じ轍をふむのではないかと危惧しています。そもそも、情報発信の重要さを知らない人が多い。ホームページ更新するぐらいの技術も持ち合わせている人が何人いるか? はなはだ疑問だ。情報大学の学生の努力が、水の泡として消えるのは目に見えています。そもそも「市が主導する」というものに、ろくな、結果として成果が上がったものは、いままでおそらく皆無だ。今回の場合だって、やる気があるなら、古いホームページを更新して使っているはずだ。

 古いホームページは、道外から来ていたこれまた情報大学の学生(Yujiro)が管理していて、それなりに機能していたものです。しかし、彼が卒業してしまい、誰も引き継ぐ人がいなかったものと思われます。

「簡単に更新できるので、組合員のやる気次第で、どんどん面白くなります」これは、准教授の最大の皮肉を込めての発言だろう!!

 「江別のポータルサイト」というのは、簡単に言ってしまえば、江別、江別市に関係あるウェブサイトを収拾しリンクを張っているサイトです。

 私がこれを作るまでは、個人や会社や団体のホームページに簡単なリンク集があったくらいで、大規模なものはありませんでした。これをつくり出して約2年になりますが、ようやく役立つようになって来つつあります。

 それは、アクセス解析を見ていればわかります。Google等の検索で「江別 美容室」とかのキー・ワードで検索していらっしゃる方がいますが、これなどは、私の作った「江別のポータルサイト」を経由して目的のサイトにたどり着いているものと思われます(結果的に、たどり着けなかった場合もありましょうが)。

 久しぶりに「江別市のホームページ」を覗いてみました。すると「顔づくり事業のページを更新しました」ということで、そこをクリックすると 「商業等活性化事業」というリンクがあるので覗いてみた。

 どうやらこのページは、2005年あたりに作ったページのようで、いまは使われていない江別市野幌の8丁目通り「ほっとワールドのっぽ」の建物の写真が出てきて、これはダメだと感じるものがあった。ページが何も更新されていないのだ。ここに出てくるリンクもことごとくマウスをクリックしてページの更新具合も調べてみたが、1年以上もほったらかしで新しい情報は何も無し。3月15日という日付が書かれていても、これじゃあ何年の? 2005年なのか2006年の3月15日なのか、さっぱりわからない。江別市の「地域情報化」という観点から考えると、恐ろしく遅れていると実感させられる。

 がっかりしてしまう。これじゃあ、極論すれば、まちは活性化しないわけだよ。せめてウェブサイトくらい新しいものを載せて元気づけて欲しいものです。

 ここに掲げたサイトの責任者は何をしているのかな? ゴーストタウンという言葉がある。人が住まなくなった寂れた街を指す言葉だけど、これはゴーストウェブサイトとでも呼んでいいものです。更新もなくただ放置されているウェブサイトという意味で、私が今思いつきました。管理者の大学生(yujiro 元気か)が卒業していなくなったら、引き継ぎもなくこのような状態になってしまう。ひどいものだ。

野幌 BBS」なんかも管理者がいないものだから、問い合わせても(質問してもという意味ですが)、何も答えが返ってこない!

 私の印象では、江別の人がウェブの「地域情報化」に熱心だったのは、2000年から2005年までくらい。そのあとは不思議なくらい、ウェブサイトで「地域情報化」に熱心だった人達が退いてしまうのです。おそらく、それで金儲けをしようとしたのだけどうまくいかずあきらめたものと、私は推測している。こんなもので金儲けをしようと考える方がどうかしているよ(IT技術者というのは、金にならないものには手を出さない連中なんだ! 私にいわせれば、腐った奴らなんだ)。サイトを管理していた大学生が卒業してしまったというのもあるけど、どうして引き継ぎをしないのか、不思議でならない。指導者がアホだとしか考えつかない。それを指摘しないまわりもアホだけど。

 推測の域が出ないが、まちづくりに熱心な若者たち(おそらく本はそれほど読んでいないと思われる)は、ウェブの「地域情報化」の意義がわかっていないのと、ウェブサイトを作る技術が恐ろしく稚拙なんだと思う。まるでアホだらけ!!。

 今後もゴーストウェブサイトの問題を追及していくつもりです。ゴーストウェブサイトの典型が「やきもの21」のBBSだ!! ここもひどいよ、前から思っていたけど。

untitled.bmp この本のように地域の活性化や街づくりとインターネットを結びつけた本を読むのは初めてですが、なかなか面白い内容です(江別市情報図書館に蔵書としてあります)。江別市にも幸い街づくりに感心のある人々はたくさん存在していて、それをネットで発信しようとしている人達も少しながら存在しているので、そのような人にぜひ読んでいただきたいです。

 「地域情報化」という言葉が頻繁に出てきます。「地域情報化」ということで私が思い浮かぶことと言えば、江別市の夏祭り=「えべつ北海鳴子まつり」を何としても自分のブログ上に載せて記録を保存したいと思ったことです。そうすることで多くの「えべつ北海鳴子まつり」に感心がある人に観てもらいたい、あるいは、夏の季節に実際に「えべつ北海鳴子まつり」を観てもらいたいと思ったことでした。幸い、多くの人にアクセスしてもらいコンスタントに「えべつ北海鳴子まつり」の写真や動画を観てもらってます。このようにすることが、今では地域への貢献になっているのではないか?と思うようになっています。

 第1章では、「地域の子供の安全」と「2007年問題」が頻繁に登場します。「地域の子供の安全」に関しては、三鷹市の例が取りあげられていますが、これもインターネットがらみです。「2007年問題」は、団塊の世代が今年の4月から大量に定年を向かえる問題ですが、この人達もぜひインターネットを活用してこの本に書いてあるように生き生きと生活してもらいたい。その為には、24時間ご自分のパソコンをインターネットにつなぎっぱなしにしていただきたい(勿論、ディスプレーは、15分ほどで電源が切れるように設定してもらい、ハードディスクもアクセスがない場合は、15分ほどで止まるように設定して省エネルギーを心掛けて下さい)。これは、思い立った時に、例えば漢字がわからないとか地図がわからないとかした場合、すぐインターネットで検索してほしいからです。漢字ならDDwinを使うという手もあります。そして更に、ブログで情報を発信してもらいたい、というのが私の考えです。本に書かれていることは、「地域」とはなんぞや?ということが概説的に書かれていてなかなか分かりやすく勉強になります。例えば、弁当を買う場合全国展開をしているセブンイレブンで買うより地元の商店で買う方が、お金が地域で回るというようなお話が書かれています(域内で所得が循環)。

 第2章は、「地域情報化とは何か」という題なのですが、「地域プラットホーム」と「地域メディア」を対比的に論じられるのですが、その違いが概念的に把握するのが難しいです。「地域プラットホームとは、限られた参加者の相互作用を引き出す協働の場を指しており、地域課題の解決を目的にしているのがほとんどである。一方、地域メディアは、地域プラットホームに比べて圧倒的に多くの参加者を抱え、参加者間の情報発信や情報交換を目的にする。」とあります。

 第4章に「住民ディレクター活動」ということが書かれていますが、これは、1996年岸本という人が任意団体「まち創り応援プリズム」というものを立ち上げて、熊本県人吉球磨地域で映像制作の講義と実践を行ったというお話ですが、このはなしから私が思い浮かぶことは、今は各家庭に一台くらいはビデオカメラがありますから、おそらくそれはパソコンで編集もできるものでしょうから、ちゃんとした指導を得なくてもビデオ編集できる人は大勢いるでしょう。それを活用して地域の映像をウェブサイトに載せることです。そしてリンクを張るだけで映像が共有できますし、私もやってます。北海道江別市内は、幸いなことにブロードバンドは普及していますので、今書いたことは簡単にできています。これが地域活性化ないし街づくりに役立つものと思います。

 たまたまNHKラジオを聴いていたのですが、今書いたことのような事例をラジオで知ったのでリンクしておきます。北海道こども放送局 番組案内 北海道こども放送局 podcast

 あと、私が最近感心したのは、ミクシィというSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)がありますが、そこにはいろいろな「コミュニティ」があるのですが「江別」をキーワードにして検索すると、なんと200以上の「コミュニティ」があることに驚かされます。そこでは、江別市にあるcafeに集う人達の「コミュニティ」とかがあって会話が交わされています。こういう手段も地域活性化・情報化に役立つのではないかと思いました。

 この本では、いろいろ事例研究(第3章、第4章)が採りあげられてますが、その為のリンクを作ってみました。以下のリンクは、本で採りあげられているもののすべてです。この本を読んだ上でリンクをクリックして下さい。そうすると、そのサイトの意味が鮮明に理解できてきます。
NPOシニアSOHO普及サロン・三鷹
インターネット市民塾トップページ
ベンチャー起業スクール 鳳雛塾(ほうすうじゅく)
くまもとインターネット市民塾
徳島インターネット市民塾2007
せたがやeカレッジトップページ
市民塾ユニオン
東京e大学/中小企業のスキルアップ講座・生涯学習
e-ラーニングで楽しく勉強!おおがた学校
富山e大学
e-市民塾みらい - Making Creative Use of the Internet
坊っちゃんe市民塾
佐渡、お笑い島計画
お笑いオーディション!三代目 佐渡、お笑い親善大使大募集: 佐渡、お笑い島計画
佐渡、お笑い島計画 | 地域活性化・情報化施策
プリズムTV・ホームページ
-The Open Social Network- - Affelio
Famundo-Home Page
MyHeritage - Family 2.0 and Genealogy
家族のSNSが無料でつくれる「nanotyFamilies(ナノティー・ファミリーズ)」

 「江別市民活動センター・あい」というサイトが開設されています。ただ、このサイトは、ビデオでサイト紹介するので、ブロードバンド、高性能のパソコン、等が必要です。私の試した範囲では、Windows 98 では、ビデオが観ることができませんでした。マックは、持っていないのでわかりません。「江別グレシャムアンテナショップ」のパソコンでは、コマ落ちが激しかったです。ここは、光通信でなくてADSLだからかもしれません。それに、ここではパソコンから音声が出てきませんので、何をしゃべっているのかわかりません。

 詳しい内容は、ここを見てもらうか、条件が整っているのであれば、「あい」のサイトを観てもらえばわかりやすいです。どんな人が「市民活動家」なのか、見ればわかりますし、親しみもわいてきます。

 「ビデオ」を止めたり、再開したりの「コントロール」がないので、不便です。マウスで「画面」をダブルクリックすると、画面が大きくなります。

 同時にYahoo!ブログ - 協働の街づくりというサイトも開設されています。

 さて、このサイト「江別市民活動センター・あい」をどのように運用していくのか、「運用規則」などが掲げられているか調べてみましたが、見つけることができませんでした。まだ始まったばかりなのでそこまで手か回らないのかもしれませんが、例えば、どのようなビデオがこのサイトに載るのか、ということが疑問としてわいてきます。IT技術者と関連企業と市民活動家だけの閉じた内輪だけの運用を考えているのか、広く江別市民からビデオを公募するのか、そこいらが何も書かれていません。まだ試用段階なので「内輪」でやるのなら、まあ、それも良いですが、そうすると、広く江別市民には利用されないことになるかもしれない。あるいはそっぽを向かれるかもしれません。私が懸念するのは、「政府広報ビデオ」や自治体の「広報ビデオ」のようになってしまっては、誰も見ないか、あるいは一部の「マニア」しか見ないようになるのではないかということです。当事者が、この辺の自覚があるかどうか? 「政府広報ビデオ」をタイマーで録画してまで見る人がいるか、どうかを考えればわかるはずです。同じような事例は、前にもあって、江別ブランド事典が、価値がゼロとは言わないが、ほとんど利用価値がないのと同様の運命をたどるのではないかと愚考します。自治体の担当者とIT技術者と学者との内輪では盛り上がっているのだろうが、客観的に見れば「独りよがりな」構想ではないのか? と愚考しております。

 私はといえば、自前でレンタルですが「サーバー」を持っているので、自分が撮ったビデオはそこに載せれば良いだけで、「あい」がなくてもちっとも困らないのです。「制約」もなく自分の判断と責任だけでビデオを広く公開できる環境にいます。まあ、いまは部外者は見守るしかないのかもしれない。

 後ろ向きなことばかり述べてもダメなので、今度は前向きな意見です。ずばり、毎年夏に行われる「北海鳴子まつり」と年2回行われる「まちかどコンサート」のビデオが観たいです。

 こういう問題は、はっきり言って合併すべきなのかすべきでないのかよくわかりません。今までの事例では、合併して住民が幸せになったということを聞いたことがない。むしろ弊害が出てきたというのは、ちらほら聞く。
北海道新聞 札幌圏ニュース

新篠津と合併協議会 12月議会に設置案 江別市  2006/10/11 14:20

 【江別】道が「市町村合併推進構想」で江別市など石狩管内四市町村の枠組みを打ち出したことについて、市は十日の市議会総務文教常任委員会で、合併相手と想定される三市町村のうち新篠津村との合併協議会設置案を十二月議会に提案する方針を明らかにした。合併新法で交付税額が保障される期間や、二○○九年度から後期に入る市の第五次総合計画(○四年度から十年間)をにらみ、判断を急ぐ考えだ。

 市町村合併推進構想は江別市と北広島市、当別町、新篠津村を合併の組み合わせとして挙げた。新篠津村は江別市との合併協議会設置を求める要望書を市に提出し積極的な姿勢を示しているのに対し、北広島市と当別町は「当面は自主・独立」との意向を表明している。

江別ぶらっと よってけ かってけ たべてけ屋

 身も蓋もない、分かりやすいと言えばいえるお店がオープンしたようです。「えべつ北海鳴子まつり」の時から気にはなっていたのですが、北海道江別市野幌町の八丁目商店街の国道12号線に近いところにオープン。チラシがありますので、それをご覧になるのが速いです。ただし、このチラシ、いつまでインターネット上にあるのかわからず。

 私には、何か唐突な感じをするのですが、「南幌町と交流する江別市民の会」は、どういう考えでこのような運動をやっているのでしょうか? ウェブサイトを検索してみたのですが、それらしい会のサイトはないみたいです。こんな大事なことを、何故ウェブサイトに載せないのでしょう? 非常に疑問に感じます。広く周知させるべきではないですか?!
北海道新聞 政治

2006/01/05 08:53
 【江別】江別市民有志でつくる「南幌町と交流する江別市民の会」は四日、新合併特例法に基づき、隣接する空知管内南幌町との合併協議会の設置を求める請求を小川公人市長に行った。市は来週にも、南幌町に対して協議会設置に関する意見照会を行う。

 同会は昨年十~十一月、住民交流の深さなどを理由に「(江別と南幌の)両自治体は合併すべきだ」として、合併協設置請求に必要となる、有権者の五十分の一を上回る二千十三人の有効署名を集めた。

 同法によると、江別市からの意見照会を受け、三好富士夫南幌町長は三カ月以内に同町議会に合併協の設置を諮るかどうかを決める。諮ると決めた場合、小川市長も決定通知から二カ月以内に態度を決定。両議会が合併協設置を最終判断する。

 北海道型・高齢者が住みやすいまちづくり構想を見ていたのですが、「ほっとハウスおおあさ」~安心とあんどのたまり場~というのがあるのを知りました。おもしろそうなのですこしインターネットで検索してみました。その特集です。

北海道型・高齢者が住みやすいまちづくり構想」というサイトに、江別市(大麻地区)というのもあって情報が載せられています。他に、増毛町、本別町もモデル地区に指定されてるみたいです。

安心で住みやすい元気なまちづくりシンポジウムを11月23日に開催します!

 「北海道型・高齢者が住みやすいまちづくり構想」江別市モデル構想の推進を図るため、次のとおりシンポジウムを開催します。ぜひご参加ください。

★開催趣旨
 本格的な高齢社会の到来にあたり、高齢者が在宅生活を基本としながら、可能な限り地域の中で自立して暮らしていけるような仕組みづくりを進めることは、江別市大麻地区をはじめ道内全市町村に共通する重要かつ喫緊の課題となっています。
 このため、江別市では、平成15年度に道から「北海道型・高齢者が住みやすいまちづくり」モデル地区の指定を受け、地域住民、企業、関係団体、道、市などで構成する協働組織において、高齢者の在宅生活を支えるために対応が必要と考えられるハード・ソフト両面に取組を検討し、これを「江別市(大麻地区)モデル構想」として取りまとめました。 ついては、この「江別市(大麻地区)モデル構想」の推進を図るとともに、昨年実施した「安心住まいの確保に関するアンケート調査」の結果を踏まえ、子供から高齢者まで、人はもちろん自然環境にもやさしい住まいの具体化を図るため研修会を開催します。

★開催月日
  平成17年11月23日(水)PM3:00~PM6:00

★開催場所
  えぽあホール大ホール
   (江別市大麻中町26-7 ℡011-387-3315)

★入場料   無 料

土曜フォーラム(教育テレビ 2005/11/12 23:30~)

地域通貨で街づくり
      NPO法人千姫プロジェクト理事長…岡田真美子
              千葉商科大学学長…加藤  寛
                    作家…幸田 真音
           さわやか福祉財団理事長…堀田  力
       総務省自治行政局情報政策企画官…牧 慎太郎
         【司会】福祉ジャーナリスト…村田 幸子

  ~東京・千代田放送会館で録画~

 この「土曜フォーラム」は、注目すべき番組だと思う。地域のまちづくりに役立つ番組が時々放送されている。今回も、そのような番組だったが、「地域通貨」というものがどのようなもので、どのような役割が果たせるのかよくわかった。江別市にあってもいいような気がした。だが、具体化するには、かなりの知恵が必要だろうし、リーダーシップも問われてくるだろう。江別市の街づくりのリーダーは、当然この番組を見ているはずだ。そこから議論が沸いてきてもいいと思うのだが。

土曜フォーラム(2005/09/17 23:30~)

シーニックバイウェイ~地域がつくる新しい旅

             筑波大学大学院教授…石田 東生
             北海道観光連盟会長…我孫子健一
     NPO法人グリーンステージ事務局長…藤本多佳子
      北海道まちづくり促進協会常務理事…三島 敬子
                   写真家…織作 峰子
        【司会】関西学院大学客員教授…藤田 太寅

  ~札幌サンプラザホールで録画~

 まちづくりや観光に全く興味のない(「興味がない」と言ったら嘘になるのだが、「まちづくり」「観光」というと暇人・金持ちの道楽や胡散臭さが感じられてアレルギーがあるのだが(笑)・・)私だが、この番組はおもしろかった。日本で初めて、北海道で始められている運動らしい。ニセコや富良野・網走あたりの町づくりを思い浮かべればいいようだ。身近の例は、恵庭市の町中に花を植えてアピールしている例などあるようだ。道路沿いに空き缶などが落ちているのを見ると非常に気分が悪くなるのだが、ニセコあたりでは、各種団体が連携して道路沿いのゴミ拾いをしている事例が紹介されていた。これなどは、非常に共感を呼んだ。名勝地にじゃまになる看板を撤去しようという事例も紹介されていた。きれいな町づくりをしてよそから来るお客さんをもてなそうと言うことらしい。そうすることで、そこに住んでいる人達も生き生きしてくる、というもののようだ。これなら、私にも理解できるし共感もできる。

 シーニックバイウェイ~この横文字は、何とかならんのかい! scenic by way かとも思ったのだが、アルクのサイトで「英辞郎」で調べると、ありました。
# scenic beauty
風致{ふうち}、名勝{めいしょう}、山水{さんすい}の美
# scenic byway
シーニック・ バイウェイ、景勝間道{けいしょう かんどう}◆1989年の米国シーニック・ バイウェイ法に基づき、景観性や歴史性にすぐれており、観光を活性させるための一連の施策が適用される公道とその周囲の文化遺産
# Scenic Byways Study Act
《米》シーニック・バイウェイ調査研究法{ちょうさ けんきゅう ほう}

 政策論・施策論の中に横文字が入ってくると「頭に来る」のは私だけか? (笑)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちまちづくりカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはちょっとメモです。

次のカテゴリはイベントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2017/01/19 05:44:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07