「読書・本」のアーカイブ

TPP1106007095.jpg著者 中野剛志/著
出版社名 集英社
発行年月 2011年03月

本の内容
平成の開国と喧伝されるTPPの実態は日本の市場を米国に差し出すだけのもの。デフレの深刻化を招き日本経済の根幹を揺るがしかねないのだ。冷静に経済的国益を考え、安易な賛成論を論破する。

目  次
第1章 TPPの謎を解く
第2章 世界の構造変化を読む
第3章 貿易の意味を問い直す
第4章 輸出主導の成長を疑う
第5章 グローバル化した世界で戦略的に考える
第6章 真の開国を願う

ISBN 978-4-08-720584-8

著者情報
中野 剛志(なかの たけし)
1971年、神奈川県生まれ。京都大学大学院工学研究科助教。東京大学教養学部(国際関係論)卒業。エディンバラ大学より博士号取得(社会科学)。経済産業省産業構造課課長補佐を経て現職。専門は経済ナショナリズム。イギリス民族学会Nations and Nationalism Prize受賞

showashi.jpg

著者 保阪正康/著
出版社名 文藝春秋(文藝春秋)
発行年月 2007年04月
サイズ 244P 18cm

本の内容
もし自分があの時代に生きていたらと思いを馳せ、史実を謙虚に見つめ、62年と2週間の長きにわたった「昭和」という時代の顔を明確に描き出す。歴史に学ぶ、国民必携の入門書。

目  次
第1章 昭和という時代の俯瞰図(六十二年と二週間
初めと終わりでまったく異なった"天皇の姿" ほか)
第2章 軍事主導体制の崩壊 昭和前期(なぜ軍事主導体制ができあがったか
天皇の「御楯」という特別の存在 ほか)
第3章 再生日本と新生日本の対立 昭和中期(八月十五日に共通する"涙"
大日本帝国の戦争決算 ほか)
第4章 経済大国の表と裏の構図 昭和後期(吉田茂「日米安保調印は私一人で行う」
時代を動かした田中角栄 ほか)
第5章 昭和を語り継ぐ精神(一対一対八の法則
証言をごまかそうとするタイプ ほか)

ISBN 978-4-16-660564-4

著者情報
保阪 正康(ホサカ マサヤス)
1939年、札幌市生まれ。同志社大学文学部卒。ノンフィクション作家。編集者時代の72年『死なう団事件』で作家デビューして以来、個人誌「昭和史講座」を主宰して数多くの歴史の証人を取材、昭和史研究の第一人者として2004年、第52回菊池寛賞を受賞した

31619615.JPG著者/訳者 メルライン・フライダ/著
出版社名 新日本教育図書
発行年月 2005年11月
サイズ 383P 21cm
販売価格 2,200円

本の内容
ラテン語を下敷きに、ヨーロッパの諸言語(仏・独・蘭・伊・西・希)と比較しながら英語の語源から学ぶ英単語の福音書。本文は読み物として楽しみながら?194の語源から連想して10,000語以上の英単語が身につく。

ISBN
978-4-88024-330-6

著者情報
フライダ,メルライン(Frijda,Merlijn)
1960年マサチューセッツ州ボストンで生まれ、高校まではオランダで育つ。アメリカ空軍で技術師として沖縄に赴任中、日本人女性と出会い結婚。それ以来、沖縄に住み続けている

1106285733.jpg『近代発明家列伝 世界をつないだ九つの技術』

岩波新書 新赤版 1428
著  者 橋本毅彦/著
出版社名 岩波書店
発行年月 2013年05月
販売価格 756円

本の内容
大航海時代から産業革命を経て、交通と通信の革命が到来する。世界を制するとは、時間と空間を制することだった。世界時間が定まり、エンジンを搭載した輸送機械が作られ、電話と無線が地球全体をつなぎ、現代世界が生まれた。ワット、エジソン、ベル、ライト兄弟ら、鍵となった九つの技術をめぐる発明家の苦闘と意外な結末を描く。

目  次
第1章 ハリソン--世界時刻の計測
第2章 ワット--産業革命の原動力
第3章 ブルネル--大英帝国の技術ビジョン
第4章 エジソン--発明と経営の間で
第5章 ベル--電信から電話へ
第6章 デフォレスト--無線通信とラジオ放送
第7章 ベンツ--ガソリンエンジン搭載の自動車
第8章 ライト兄弟--空間意識を変えた飛行機
第9章 フォン・ブラウン--宇宙ロケットとミサイル

著者情報
橋本 毅彦(はしもと たけひこ)
1957年東京生まれ。東京大学教養学部卒業、ジョンズ・ホプキンス大学博士課程修了、Ph.D.取得。東京大学教養学部講師、東京大学先端科学技術研究センター助教授を経て、東京大学大学院総合文化研究科教授。専攻は、近現代の科学史、技術史

32292753.JPG 専門家でないのでこの本がどうなのかということでなく、ノモンハン事件の基本的なことを知りたくて読んでみました。ここでもといいますか、関東軍が暴走して多くの兵士を死に追いやっていくわけです。戦争指導者の無謀と無責任が問われます。当時の新聞報道は、ヒドイものです。戦争の「勝利」ばかりしか報道せず、実際はどうなのか、国民の知りたいことはいっさい報道されず(お決まりの報道)です。

著者 小林英夫/著
出版社名 平凡社
発行年月 2009年08月
サイズ 226P 18cm
販売価格 798円

本の内容
ノモンハンの虚実入りまじった事件像は、どのようにして輪郭が作られたか。当時の新聞報道、郵便検閲の実態、作戦当事者の手記、回想記などを検証し、七〇年前の事件が今に問いかける意味を考える。発掘された関東憲兵隊の検閲資料から、あぶり出される事件の真相。

目  次
序章 最果ての地ノモンハン
第1章 国境紛争の歴史
第2章 ノモンハン事件戦史
第3章 検閲から見るノモンハン事件
第4章 一人歩きしていく事件の虚像
終章 事件があらためて問いかけるもの

ISBN 978-4-582-85483-1

著者情報
小林 英夫(コバヤシ ヒデオ)
1943年東京都生まれ。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授(専攻は日本近現代経済史、アジア経済論、植民地経済史)

32258849.JPG著者 池尾伸一/著
出版社名 集英社 (集英社)
発行年月 2009年06月
サイズ 236P 18cm
販売価格 756円

 この本を読んで知ったのですが、アメリカの新聞社、とりわけ地方の新聞社では、大手メディア産業に組み込まれての厳しいリストラや、あるいは倒産が相次いでいるそうです。地方の新聞社が潰れると、地方のニュースが地元の人に伝わらず、行政の汚職や議会での話し合われている内容すら伝わらない状態に陥るようです。これを読んで、日本でもその危機は少しずつ迫っているのではないかと思われます。購読料を出してまでして新聞を読む人は確実に減ってきていますから。そのような世の中の傾向に対して、アメリカでは、リストラにあったジャーナリストがサイトを立ち上げていろいろ模索している様子が報告されています。

 インターネットのブログを中心とした個人の発信力がこの世の中にどのようなインパクトを与え続けているのか、いろいろな角度から報告されていて興味深く読みました。アメリカの大統領選挙にまで大きな影響力を与えています。あるいは、お隣中国では、地方政府の腐敗などによって苦しめられている民衆の実情をインターネットを通じて知る等は、いままでも知られていますが、徐々に民衆のパワーがネットを通して共産党独裁政権を揺さぶるまでになりつつあるのは、中国版高速鉄道事故の時のネットのパワーで日本にも知られつつあります。

1106039022.jpg著者 佐高信/著
出版社名 毎日新聞社(毎日新聞社)
発行年月 2011年06月
サイズ 212P 20cm
販売価格 1,575円

 原発文化人という人達がいるらしい。私が知っている範囲では、3月11日東日本大震災以前に俳優の渡瀬恒彦が原発推進のCMに出ているのを見て「おやっ?」という記憶があります。震災で東京電力福島第1原発が爆発して以来、彼が出てくる2時間ドラマは観なくなった。もう観られなくなった、と言っていい。どういう神経をしていてテレビに出てこられるのだろう?と思うからである。福島に赴いて原発推進していた過去のお詫びにボランティアでもしたのだろうか?まあ、そういうのは聞いたことがない。あと、私が知っているタレントでは、経済評論家の勝間和代だ。一応、自己批判はしたが、推進したことを悔やんで福島にボランティアにでも行った、とは聞いていない。むしろ、福島の人達が苦しんでいる最中に自転車やバイクに夢中になっていたのがブログの記述から窺われるだけだ。原発文化人達は、国民の記憶の中から自分達が原発文化人だったことを忘れ去られるのをひたすらじっと待っているのだろう。そうはさせじというのがこの本だ。それにしてもたくさんいる。

00-32275362.JPG 小熊英二のこの分厚い本上下二冊、この暑い夏(2011年7月と8月)に公立図書館で借りて読みました。いずれ自腹を切って購入したいと思っています。

 時代の雰囲気・影響力をまともに受け止めてしまった人達は、日大闘争、東大闘争の全共闘の活動家になったり連合赤軍の活動家になったりした。この影響力をさらりとかわした人達もいたわけだけれども、その違いは何なのか。「主体性」ということがキーワードになっていた時代。「主体性」に振り回された時代でもあった。

著者 小熊英二/著
出版社名 新曜社
発行年月 2009年07月
サイズ 1091P 22cm
販売価格 7,140円

本の内容
「あの時代」から40年。あの叛乱は何だったのか。時代の政治・経済状況から「全共闘世代」の文化的背景までを検証し、「あの時代」をよみがえらせる。60年安保闘争から日大闘争、安田講堂攻防戦までを描く上巻。
新宿事件、高校闘争、内ゲバ、爆弾事件、べ平連、リブ、そして連合赤軍。「あの時代」の後半期に起きたパラダイム転換は、何を遺したのか。後世への真の影響を初めて明らかにし、現代の「私たち」の位置を逆照射する下巻。

1106066132.jpg 『評伝ジョージ・ケナン 対ソ「封じ込め」の提唱者』を読んでみました。図書館で偶然見つけたもので、素人が読むような本ではないので何か感想を書くには荷が重すぎます。20世紀の政治・外交史では有名なケナン。薄い本なのですが、ルカーチの言い回しに独特なものがあって少し読みづらい本です。

著者/訳者 ジョン・ルカーチ/著 菅英輝/訳
出版社名 法政大学出版局
発行年月 2011年08月
サイズ 274P 20cm
販売価格 3,045円

本の内容
101年にわたる生涯でケナンが主張し続けたものは何であったか?外交官にして、政治学者・歴史家だったケナンにアメリカの良心を見る。

目  次
1 孤独な青年時代
2 国務省外交局の時代
3 アメリカ丸のブリッジに立つ一等航海士
4 ワシントンからプリンストンへ
5 アメリカの良心
6 歴史家
7 哲学、宗教・追憶・晩年

ISBN 978-4-588-36606-2

著者情報
ルカーチ,ジョン(Lukacs,John Adalbert)
1924年ハンガリー生まれ。1946年、共産化するハンガリーを離れ、アメリカに移住する。1947~94年までチェスナット・ヒル・カレッジ(Chestnut Hill College)歴史学部で教鞭をとったほか、ジョンズ・ホプキンス大学、コロンビア大学、プリンストン大学などの客員教授を務めた

菅 英輝
1942年生まれ。現在、西南女学院大学人文学部教授。専攻はアメリカ外交史、国際関係論

31158686.JPG著者 佐野真一/著
出版社名 新潮社
発行年月 2003年09月
サイズ 541P 16cm
販売価格 740円

 最近、以下に引用した記事を読み「東電OL殺人事件」に興味を持ち、佐野眞一著『東電OL殺人事件』を読んでみました。手っ取り早く概要を掴むには、東電OL殺人事件 が便利だと思います。

 日本の電力会社が信用できないのと同じく、警察や検察も信用できないのは、いまや日本国民の常識になっています。佐野眞一著『東電OL殺人事件』を読んで、マイナリ受刑者が無実だということを強く印象づけられました。

 更に、殺害された東電OLが、何故病的なまでに売春を繰り返していたのか?の解明も試みています。特に、精神科医の斉藤学(さとる)氏へのインタビューが載っているのですが、興味深く読みました。

1103003702.jpg著者 小出裕章/著
出版社名 創史社
発行年月 2010年12月
サイズ 157P 19cm
販売価格 1,470円

 原子力発電関係の問題を扱った専門書を読むと、普段テレビ等のマスコミを通して受け取っている情報と大きな違いがあるのに驚かされます。今回の東日本大震災(2011/03/11)による大津波で福島第一原子力発電所の大事故が起き、安全神話が大きく崩れ去った現在、もう一度何が真実か考え直さねばならない時期に来ていると思います。

 端的に言えば、我々国民は、電力会社、国(政府)、そして電力会社から莫大なCM料を受け取っているテレビ会社、そのテレビに出てくる原子力関連の御用学者・評論家にだまされていた、と言わねばならないでしょう。

 「5重のガードで守られている原子力発電所」が大津波によって、いとも簡単に冷却電源を奪われ、制御不能に陥り、現場の発電所職員を退避させる事まで言いだしていた無責任な電力会社の対応をもう一度思い起こすべきでしょう。菅・総理が、それに対して反対(恫喝)したからこそ、電力会社職員が発電所にとどまり続け何とか原子力発電所の制御を回復しつつあるのだということを思い起こすべきです。

 最近買った本です。

  1. 『集中講義!アメリカ現代思想―リベラリズムの冒険 (NHKブックス)』仲正昌樹/著 アメリカの哲学者、特にロールズとローティの研究が手っ取り早く把握するのに便利な本です。日本でも、これからの民主主義を考える上でアメリカの議論が大いに参考になると思われます。
  2. 『集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか (NHKブックス)』仲正昌樹/著 最近、この著者の本にはまっています。とにかく日本語として読みやすいです。学者にありがちな難解な文章ではないのが一般人には嬉しいです。
  3. 『Nの肖像 統一教会で過ごした日々の記憶』仲正昌樹/著 私は、一気に読んでしまいました。新宗教と寛容の精神等を考える上で示唆に富んでいるように感じました。特に、「第八章 体験としての統一協会」をもう一度読んでみようと思っています。
  4. 『中国は社会主義で幸せになったのか (PHP新書)』北村稔/著 中国関連の関心から買ってみました。アマゾンで中古本を買いました。¥329円でした。

 読書の参考にさせてもらいます。

  1. 「宇宙は何でできているのか」(幻冬舎新書)
  2. 「デフレの正体」(角川oneテーマ21)
  3. 「街場のメディア論」(光文社新書)
  4. 「競争と公平感」(中公新書)
  5. 「伊藤博文」(中公新書)

新書大賞決まる (時事通信) - Yahoo!ニュース

時事通信 2月10日(木)0時3分配信
 書店員や編集者が選ぶ「新書大賞2011」(中央公論新社主催)は9日、村山斉・東大数物連携宇宙研究機構長の「宇宙は何でできているのか」(幻冬舎新書)に決まった。
 投票では、2位藻谷浩介氏「デフレの正体」(角川oneテーマ21)、3位内田樹氏「街場のメディア論」(光文社新書)、4位大竹文雄氏「競争と公平感」(中公新書)、5位瀧井一博氏「伊藤博文」(同)だった。

 こんなサービスがあったんですね。図書館を利用するバリエーションが増えます。「お気に入り図書館の設定」が設定できて、北海道江別市にある公立図書館と大学図書館を横断検索できるようにしてみました。その図書館は、江別市情報図書館、北海道立図書館、札幌学院大学図書館、酪農学園大学、北翔大学、の5つの図書館です。また「公開用」の横断検索として、「北海道江別市にある公立図書館から検索する by h.fishmt」というのも作ってみました。これは、江別市情報図書館、北海道立図書館を横断検索できます。(実は、試してみましたがうまく働かないようで、江別市情報図書館からのみ検索されます)

対象にする図書館を自由に組み合わせて横断検索、「カーリルローカル」公開 -INTERNET Watch

 図書館横断検索サイト「カーリル」を運営するNotaは1日、プログラミングの知識が不要で図書館資料の横断検索サービスを構築できる「カーリルローカル」を開始した。利用は無料。

 Google、Yahoo! JAPAN、mixiのいずれかのアカウントでログインし、検索対象に加えたい図書館を選ぶだけで、自分用にカスタマイズした横断検索を構築できる。これによって、「○○線沿線横断検索」や「○○市内横断検索」といった横断検索が構築可能だ。

 ユーザーが構築した横断検索は、「自分用」または「公開用」のどちらかを選べる。カーリルローカルの「マイ・カスタム検索」ページに保存されるほか、「公開用」の横断検索は「公開中のカスタム検索」ページに掲載される。

 2月1日時点では、インターネット上に検索システムを公開している公共図書館の約7割に対応している。検索対象となるのは、これまでカーリルで提供していたISBNのある書籍の所蔵情報に加えて、地域資料や行政資料、映像資料など図書館が所蔵するすべての資料。

 カーリルは今後、対応する公共図書館を拡大するとともに、横断検索のニーズの多い専門図書館などにも積極的に対応を進めていく。また、現在提供中の所蔵情報に加え、図書館の書誌情報にアクセスできるAPIも提供する予定だ。

  1. ポストモダンの正義論「右翼/左翼」の衰退とこれから』仲正昌樹/著 政治思想の啓蒙書のようにも読める。赤木智弘の論文の解説を読んで、彼を知ったし、その深刻さも知った。現在の思想状況を鳥瞰できる本である。「正義」をキーワードに政治思想や哲学を解説していますが、文章が非常に分かり易く書かれているので、思想・哲学を学習するにはいい本だと思いました。モダンだとかポストモダンだとかの概略を知るにも役立ちます。
  2. [英和対訳]決定版 ドラッカー名言集』P.F.ドラッカー, 上田惇生 編訳
  3. 日米同盟vs.中国・北朝鮮』(文春新書)リチャード・L・アーミテージ, 春原剛/著 日本国民への恫喝の書、として捉えている。春原の「はじめに」を読んでみると、アメリカの代理人としての文章だということが端的に表れている。ただし、ふまえておくべき情報が多いので読んで失敗したということにはなりません。
  4. 日米 地獄へ道連れ経済』副島隆彦/著 好きな著者じゃないけど、とにかく買ってみた。
ページ選択

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち読書・本カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは動画です。

次のカテゴリは日記・一般です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2017/01/19 05:44:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07