「国内情勢」のアーカイブ

 野田内閣が発足以来4カ月間で改造です。都合の悪い大臣が出てきて、だからといって更迭しようものなら「任命責任」が問われるから、内閣改造というお化粧直しでごまかしですか。何をしても政治家は信用を失い放しです。与党ばかりでなく野党も軽い言葉ばかりで国民に信用されなくなってしまってます。民主党が仮に満期まで解散せずその後総選挙してもどうなるのだろう? 政治の混迷は何年も続くのだろうか!?

asahi.com(朝日新聞社):野田改造内閣、5閣僚が交代 小川氏・松原氏が入閣 - 政治

 野田佳彦首相(民主党代表)は13日、内閣改造と党役員人事を行い、改造内閣を発足させる。閣僚5人を交代させ、新たに法相に小川敏夫参院幹事長、消費者相兼国家公安委員長に松原仁国土交通副大臣の起用を決めた。首相は同日夕に記者会見し、消費増税に取り組む姿勢を示す。

 野田内閣は13日午前9時半から閣議を開き、閣僚の辞表を取りまとめた。野田首相は、発足以来4カ月間に取り組んだ課題を列挙したうえで、「税と社会保障一体改革のとりまとめができ、着実に解決することができた。各閣僚の尽力に心から感謝をする」と述べた。外遊中の枝野幸男経済産業相については、藤村修官房長官が12日夕、電話で辞意を確認した。

 首相は13日午前11時半から、連立を組む国民新党の下地幹郎幹事長と会談し、協力を要請した。藤村官房長官はその後に記者会見して閣僚名簿を発表。午後に新閣僚の認証式を行い、首相は夕方から記者会見で改造内閣の取り組む課題などについて説明する。

 焦点だった岡田克也前幹事長を副総理兼税と社会保障一体改革担当相に起用することで「消費増税シフト」を鮮明にする一方、防衛相には参院議員の田中直紀党総務委員長を起用し、法相となる小川参院幹事長とともに参院の閣僚枠を維持した。

 文部科学相には平野博文国会対策委員長を起用。平野氏は当初、消費者相兼国家公安委員長に起用することが固まっていたが、岡田氏の入閣に伴い、岡田氏に近い中川正春文科相が退任。文教行政に詳しい平野氏が中川氏の後任に決まった。中川氏は岡田氏が務めていた衆院予算委員会の筆頭理事に就任する。

 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に参加するか否かで、マスコミでは連日報道し話題にしている。世論調査では、半数以上の人が「参加賛成」みたいなことまで報道されていますが、そもそも TPP をわかって賛成しているのか?怪しい。マスコミは、「乗り遅れるな」みたいなニュアンスで報道しているから、国民はそれに洗脳されているとしか思えない。わかって賛成しているのでなく、何となしにマスコミの巧妙な誘導にはめられているのだろうと思う。

 TPP に参加したところで輸出が伸びるとはとても思えない。円高だからだ。安い農産物やその他の物品が輸入されれば、ますますデフレは加速され、更なるデフレスパイラルに陥るだけと思われる。得するのは、アメリカだけということになりかねない。悪辣な民主党・オバマ政権は、それを狙っているのだろう。TPP に参加している国々は、アメリカを除けば GDP で考えれば小さな国ばかりだ。日本が参加しなければ、アメリカのうまみは無いに等しい。

 24分野に及ぶ自由化で、日本は日本らしさが何もなくなり、衰退してヨボヨボのアメリカの属国になっていくかもしれない。農薬がたっぷり残った野菜・果物や BSE の危険な牛肉が入ってきて、国民は健康を害し、裁判に訴えようとしたら、日本語が理解できない弁護士だらけになっていて頼めなくなり、病院に行ったら、国民皆保険でなくなっていて高額の治療費を払わねばならなくなっていた、ということになりかねない(かもね)。

《参考文献》
『世界』2011年12月号 平成の「属国」化 TPPの嘘(金子勝)
『世界』2011年4月号 特集「TPP批判 何が起きるか」

 もう、浜岡原発は廃炉にした方が良いのではないか。「約1000億円の対策費をかけて」もそれを上回る津波が来るのでは、ドブに金を捨てるようなものだと思います。仮に、上回らない津波でも地震の強さで防波壁が壊れてしまえば何の役にも立ちません。そもそも、地震国に原子力発電所は無理です。

<浜岡原発>「津波集中」の立地 東大地震研が海底地形分析 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース


20110926-00000012-mai-000-1-view.jpg毎日新聞 9月26日(月)2時30分配信
 東海地震の震源域に位置する中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の前面の海域には、浅い海底が外洋に突き出すように広がり、津波のエネルギーが集中しやすい地形であることが、東京大地震研究所の都司嘉宣(つじ・よしのぶ)准教授(地震学)の分析で分かった。

 浜岡原発の前面には、深さ200メートルより浅く、約20キロ沖まで舌状に広がる「御前崎海脚」と呼ばれる海底があり、その先は深さ500メートルまで急激に落ち込んでいる。また、御前崎海脚の両側も急に深くなっている。

 津波の速度は水深が深いほど速く、浅いほど遅い。都司准教授によると、海から陸に向かう津波は、海脚の中央に近いほど速度が遅くなる一方、中央から離れるほど速度が速く、津波の進む向きが中央方向に曲げられる。そのため、光が凸レンズを通過して焦点に集まるように、海脚の根元に当たる同原発周辺に津波のエネルギーが集中するという。

 中部電は東海、東南海、南海地震が連動した場合、同原発付近が高さ約8メートルの津波に襲われると想定。約1000億円の対策費をかけて、来年12月の完成を目標に海面から高さ18メートル、厚さ2メートル、全長1.6キロの防波壁の建設などを進めている。

 都司准教授は「浜岡原発は、地震だけでなく、津波の被害も受けやすい場所に立地している」と指摘している。【石塚孝志】

 野田内閣が発足しました。どのような顔ぶれなのか、のメモです。

野田内閣の顔ぶれ - 毎日jp(毎日新聞)

野田内閣発足:財務相に安住氏、外相に玄葉氏、鹿野、平野、細野氏は再任

 民主、国民両党による野田連立内閣が2日午後、発足する。野田佳彦新首相は同日午前、首相官邸に組閣本部を設置、官房長官に内定した藤村修氏が閣僚名簿を発表した。外相には玄葉光一郎国家戦略担当相を横滑りさせ、財務相には民主党の安住淳国対委員長の起用が決まった。安住氏は初入閣。

 野田内閣の顔ぶれは次の通り。

 ▽総理 野田佳彦(衆院)
 ▽総務相 川端達夫(衆院)
 ▽法相 平岡秀夫(衆院)
 ▽外相 玄葉光一郎(衆院)
 ▽財務相 安住淳(衆院)
 ▽文部科学相 中川正春(衆院)
 ▽厚生労働相 小宮山洋子(衆院)
 ▽農林水産相 鹿野道彦(衆院)
 ▽経済産業相 鉢呂吉雄(衆院)
 ▽国土交通相 前田武志(参院)
 ▽環境相 原発事故担当 細野豪志(衆院)
 ▽防衛相 一川保夫(参院)
 ▽官房長官 藤村修(衆院)
 ▽国家公安委員長 拉致問題担当 消費者担当 山岡賢次(衆院)
 ▽金融・郵政担当相 自見庄三郎(参院・国民新)
 ▽古川元久国家戦略・経済財政担当相(衆院)
 ▽行政刷新・国家公務員制度改革担当 蓮舫(参院)
 ▽復興担当相 平野達男(参院)

 2011年9月2日

 「水素爆発について、東電側が爆発前に予測できていなかった」
 「長時間の全電源喪失時に格納容器を守るため実施するベント(排気)のマニュアル(手順書)がなかった」
 これを読んで、あきれてしまった。NHK 教育テレビ(8月14日放送の「ETV特集アメリカから見た福島原発事故」)で「マーク1(東京電力福島第1原発)」を設計した人が欠陥原発だから廃炉にすべきだった、と発言していたのも衝撃だったし、水素爆発も予想していた通りに爆発した、と発言していたのを聴いて知っている今現在、東電の「素人ぶり」が際立つ感想を禁じ得ない。肝心なことを何も知らない「ド素人」が原発を運転していたのだ、ということだ。

<福島第1原発>東電、水素爆発予測せず ベント手順書なし

毎日新聞 8月17日(水)2時31分配信
 東京電力福島第1原発事故で、3月12日に起きた1号機の水素爆発について、政府の「事故調査・検証委員会」(畑村洋太郎委員長)の聴取に対し、東電側が爆発前に予測できていなかったと証言していることが分かった。長時間の全電源喪失時に格納容器を守るため実施するベント(排気)のマニュアル(手順書)がなかったことも判明。このため、作業に手間取るなど、初期対応で混乱した様子が浮かび上がった。

 関係者によると、政府事故調はこれまでに、同原発の吉田昌郎所長ら東電社員や政府関係者らから聴取を続けている。

 1号機の水素爆発は、東日本大震災の翌日の3月12日午後3時36分に発生。建屋の上部が吹き飛んだ。水素は、燃料棒に使用されるジルコニウムが高温になって水と反応し発生したとみられている。

 関係者によると、事故調に対し、東電側は原子炉や格納容器の状態に気を取られ、水素が原子炉建屋内に充満して爆発する危険性を考えなかったという趣旨の発言をし、「爆発前に予測できた人はいなかった」などと説明しているという。

 また、ベントについては、マニュアルがなかったため設計図などを参考にして作業手順などを検討。全電源が喪失していたため作業に必要なバッテリーなどの機材を調達し始めたが、型式などの連絡が不十分だったこともあり、多種多様な機材が運び込まれて、必要なものを選別する手間が生じた。

 2011/03/11の東日本大震災以来、福島原発の事故が気になっています。毎日毎日、テレビのニュースを見ていますが、その他にインターネット上のニュースサイトを読んでいます。私の見ているサイトを以下にまとめました。

  1. 東京電力 - Yahoo!ニュース
  2. 大地震の福島原発への影響 - Yahoo!ニュース
  3. 原子力政策の見直し - Yahoo!ニュース
追記 2011/04/27
佐藤雄平知事が、原発推進派だったことを忘れてはならない。推進しておきながら原発事故が起こってから、東京電力社長に抗議しても、抗議は必要だが、東電と同じ穴のむじなじゃないか! 県民に謝ったのか? この知事は。

20110312-00000018-maip-000-7-view.jpg
 原発が爆発したかもしれないのに(慎重になりすぎて)専門家もアナウンサーもほんとのこと(心に思っていること=原発爆発した)を言わないのが非常に気になります。風向きが大事だ。原子力安全・保安院の会見は、要領を得ない!! 何故、メルトダウンしていて爆発したにもかかわらず「速く逃げろ」と言わない? 日本テレビは「爆発の映像 15:36」を盛んに流しています。

 爆発は、建屋と格納容器の間で爆発したものであって、格納容器には問題ないとの枝野官房長官の話が20時代後半の会見があった。
TKY200703300158.jpg追記 2011/03/15】 テレビを観ていて感じたのは、東京電力や原子力関連の専門家(東大や東工大の御用学者?)は、とにかく事故を小さく見せようと意図しているのではないか、という不信感はぬぐえません。過去の東京電力がらみの新聞記事(少なくとも私が収拾した新聞記事)を読んでみると、事故隠しやごまかしが多く、信頼できる会社じゃないことがわかります。

 第2次菅改造内閣が決まったので、そのメンバーを忘れないように、コピーしておきます。

asahi.com(朝日新聞社):新内閣、主要テーマは税制・社会保障 代表代行に仙谷氏 - 政治

 菅直人首相(民主党代表)は14日、内閣改造を行う。たちあがれ日本を離党した与謝野馨氏を経済財政相に充てるほか、海江田万里経済財政相を経済産業相に、大畠章宏経産相を国土交通相にそれぞれ横滑りさせる。また、仙谷由人官房長官が兼務していた法相には江田五月前参院議長が就任するほか、中野寛成・民主党両院議員総会長が国家公安委員長として入閣する。党役員人事では仙谷氏を代表代行、鉢呂吉雄国会対策委員長の後任に安住淳防衛副大臣の起用を決めた。

 菅内閣は14日午前9時から閣議を開き、全閣僚の辞表を取りまとめた。首相はこの場で「昨年9月から約4カ月、各閣僚のご尽力とご活動には大変感謝している」と述べた上で、「体制を強化して政策を強力に推し進めたい。そのために内閣改造を行う」と表明した。

 首相は、改造内閣の主要テーマに消費税を含む税制抜本改革と社会保障制度改革のほか、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への交渉参加問題を掲げる意向だ。

 閣僚人選をみると、与謝野氏は官房長官や財務相など閣僚経験が豊富で、自民党時代から財政再建派で知られており、首相は内閣改造の目玉候補と位置づけている。経済財政相のほか、税と社会保障担当、少子化担当も含めた特命相とする。

 海江田氏はこれまで、TPPについて「私は参加すべきだと思っている」などと積極的な姿勢を示しており、与謝野氏の経済財政相就任に伴い、TPP交渉参加問題にかかわる経済産業相へ横滑りする。大畠氏は鳩山由紀夫前首相グループから入閣しており、馬淵澄夫氏の閣僚退任に伴って空席となる国土交通相ポストを充てる。

 また、法相に就任する江田氏は菅グループの座長。国家公安委員長に就く中野氏は公務員制度改革担当、拉致問題担当も兼務する。

chinese-ship.jpg 私も午前中(2010/11/05)にビデオを観てみました。中国漁船が巡視船に衝突して逃げていく様子を見ましたが、巡視船の方も、あっけにとられたのか、ただちに追いかけるでもなく、やり過ごしている様子が見て取れました。上層部に指示を仰いでいるのかもしれない状態でした。

 今日のテレビニュースは、どこのテレビ局もこの問題がトップニュースでした。中国のテレビは、この問題を報道していないようです。さすがの中国当局も問題の蒸し返しを嫌っているようです。
 問題は、

  1. 誰が何の意図でアップロードしたのか?
  2. これをアップロードした人物を捜査して掴まえるのか?
  3. 中国当局はどう出るか?
  4. 中国国民の反応はどうか?
  5. 日本の当局のセキュリティ体制はどうなっているのか!

尖閣ビデオ流出か ユーチューブに投稿 「恐らく本物」と海保関係者 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

産経新聞 11月5日(金)1時28分配信
 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、海上保安庁が衝突時に撮影したとみられるビデオ映像がインターネットの動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」に投稿されていたことが5日、分かった。海保は詳しい確認を急いでいるが、映像を見た海保関係者は「恐らく本物だ」と証言。ビデオは海保と検察にしか保管されていないといい、海保は捜査当局から内部流出した可能性が高いとみて、流出ルートなどについて調査を始めた。

 レアアースが無くても同等のトルクが得られるモーターが作れるなら、選択肢が増えて日本の産業に朗報なのかもしれません。レアアースを中国から日本が買わなかった場合、中国はどこに売るのだろうか? 中国だけで消費できるのだろうか? 日本が買わなかったらアメリカやヨーロッパに売ればいい、というものでもないように思います。レアアースを輸出制限したら、中国と日本が困るだけの広がりのない影響かもしれません。

追記 2010/10/01
中国の生産量の約四分の一を輸入しているので、残りを中国でも使うしアメリカその他の国も輸入しているようです。(NHK の解説番組を見て知りました。)

レアアース不要のモーター=エコカーのコスト低減―NEDOなど開発 (時事通信) - Yahoo!ニュース

時事通信 9月29日(水)19時15分配信
 独立行政法人の新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)と北海道大学は29日、レアアース(希土類)を使わない低コストのハイブリッド車(HV)用モーターを開発したと発表した。「省資源でのエコカー開発は自動車各社共通の課題」(メーカー大手)とされ、実用化に向けた取り組みが加速しそうだ。
 レアアースは世界生産量の9割を中国が占めているが、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の発生後、対日輸出手続きが事実上一時停止。国内の産業界では「中国に依存しない生産体制の整備が急務」と指摘する声が高まっていた。
 HVや電気自動車(EV)に搭載されるモーターを回転させる磁石には現在、レアアースの一種であるネオジウムが使用されている。NEDOなどは今回、レアアースを使わず、安価で入手しやすく、酸化鉄を主成分とするフェライト磁石を採用。フェライト磁石はネオジウムを使った場合よりも磁力で劣るため、高い馬力が出ない弱点があったが、モーターの構造を根本的に変えることで同等の馬力を出せるようにした。 

 小沢一郎を理解する上でヒントになることをしゃべっているのでブログに取り上げました。今回の民主党代表選に200人もの国会議員が小沢に投票したわけだが、結局のところ、「小沢はなんかやってくれる」という幻想があって投票したのだと思います。しかしながら、もし仮に小沢政権が実現したらわかったろうことだが、おそらく幻想でしかないことが暴露されるだけだったと思います。小沢にとっては、幻想の中で消えていくことが一番いい結果ではないか、後になってそう評されるのではないかと思います。「国民に向かってつらいことは何一つ言わず、バラマキ政策に終始しています。」というのが、小沢に一番あてはまる評価ではないか。

武村正義元官房長官「小沢さん、もう鎧冑脱いだら...」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

産経新聞 9月20日(月)7時57分配信
 ◆人間的魅力あるが

 民主党代表選で小沢一郎元幹事長が負けたのに、テレビも週刊誌も「小沢グループがどうでるか」「小沢さんをどう処遇するか」騒いでいます。小沢さんは「政治とカネ」の問題で、民主党代表を辞任した去年の5月に、もう終わっているんですよ。

 この20年間、小沢さんはよくぞ政治の中心で頑張った。でも、もう幕を下ろすときがきたんじゃないですか。鎧(よろい)と冑(かぶと)を脱いで、普通の日本人の一人に戻られたらどうでしょうか。

 「人間小沢一郎」には魅力があります。軽々しく喋(しゃべ)ることはなく、約束はきちっと守る。情を大切にする。しかし、これまでの「政治家小沢一郎」にはかなり疑問がある。

 細川護煕(もりひろ)内閣のとき、小沢さんは官僚のシナリオに乗って首相を口説き、国民福祉税を真夜中に発表させた。官房長官だった私も消費税引き上げは必要だと思っていましたが、あんな強引な手法は、うまくいくわけがないから反対した。

 民放のテレビを観ていると、ことさら「脱小沢」を強調していたように思います。それに対して、NHK テレビは「脱小沢」を抑制した報道をしているように思いました。いずれにしても、足の引っ張り合いばかりが目につく民主党には、うんざりした。

菅改造内閣の顔ぶれ - 毎日jp(毎日新聞)

◇菅改造内閣

 菅直人首相は17日午後、内閣改造を行い、菅改造内閣を発足させる。党代表選で小沢一郎元幹事長を支持した鳩山由紀夫前首相グループの海江田万里衆院財務金融委員長を経済財政担当相、大畠章宏衆院国家基本政策委員長を経済産業相に起用。外相に横滑りする前原誠司国土交通相の後任には、菅首相を支持した馬淵澄夫副国交相が就任し、沖縄北方担当相も兼任する。長妻昭厚生労働相の後任には首相支持の細川律夫副厚労相が昇格。また、旧民社党系グループから高木義明衆院議員(小沢氏支持)が文部科学相、参院から岡崎トミ子災害対策特別委員長(菅首相支持)が消費者・少子化担当相、旧社会党系グループから松本龍・党両院議員総会長が環境相と防災担当に内定した。柳田稔参院幹事長の入閣も固まった。

 このほか、北沢俊美防衛相の留任が固まり、前原氏とともに米軍普天間飛行場移設問題に取り組む。留任する蓮舫行政刷新担当相は公務員制度改革担当も兼務する。目玉閣僚として民間から片山善博慶応大教授(前鳥取県知事)が総務相に内定。内閣の要の仙谷由人官房長官と野田佳彦財務相、国民新党の自見庄三郎金融・郵政担当相の留任も固まっている。

 TBS でも NHK でもこの裁判を取り上げていました。どちらも見ましたが、厚生労働省の幹部達は、村木元局長以外ことごとく検察の取り調べに屈して供述調書にサインしてしまった。このていたらくは何なんでしょう?! 恥を知れ! 塩田幸雄元部長は、TBS の取材にまともに対応していなかった。「無罪判決を心から喜んでいます。常に国民に信頼される検察庁であってほしいと願います」とあるが、検察に屈したことのコメントが何故無いのか? しかしこれは、大阪地検の取り調べが、悪辣だったということを示しているのかもしれません。

村木元局長の元部下「取り調べに屈してしまった」 郵便不正 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

産経新聞 9月10日(金)18時15分配信
 村木厚子元局長の無罪判決を受け、かつての部下と上司がそれぞれコメントした。

 捜査段階で元局長から指示があったとの供述調書が作成された元係長の上村勉被告は「無実の人に無罪の判決が出てほっとしました。無実の人を冤罪(えんざい)に陥れようとする取り調べに屈してしまったことを深くおわびします」。また、検察が元局長に指示したと位置づけた塩田幸雄元部長も「無罪判決を心から喜んでいます。常に国民に信頼される検察庁であってほしいと願います」とした。

 当然の結果が出たのだと思います。もう、安保解消しかないでしょう。日米安保はいりませんと、アメリカに通告すればいいだけの話だと思います。戦争でアメリカに負けたからって、いつまでもアメリカの奴隷に甘んじていなくてもいいと思います。問題なのは、日本のマスコミです。日本のマスコミは、総じてアメリカの奴隷意識が強くて、いっさい日米安保解消を話題にすらしません。タブー視していますが、自国は自分たちで守るという意識をしっかり持てば、いいだけの話です。アメリカ軍に日本から出て行ってもらう、それしか、解決の道はありません。

<名護市議選>移設反対の市長派が勝利 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

毎日新聞 9月13日(月)0時1分配信
 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として決定した同県名護市の市議選(定数27)が12日投開票された。移設反対を掲げる稲嶺進市長を支える市長派が16人当選して過半数を制し、圧勝した。移設容認派を含む反市長派は11人にとどまった。1月の市長選に続き、市議選でも移設反対の「民意」が明確となり、地元合意を得るのは絶望的な状況になった。政府は移設問題で厳しい対応を迫られ、11月の知事選に影響するのも必至だ。

 稲嶺市長は13日未明、記者団に対し「私は基地は造らせないと言ってきた。過半数以上の応援団ができ、政府に対しても堂々と自信を持って言える環境ができた」と感想を述べた。市長派は、新議員で臨む9月議会で移設反対を決議することも予想されている。

 知事選には、県内移設反対を掲げる宜野湾市の伊波洋一市長が出馬を表明。近く出馬表明する見通しの仲井真弘多知事は反対を明言していない。市長派勝利の結果は両氏の方針にも影響を与えることになりそうだ。

 市議選には37人が立候補。うち市長派は18人、反市長派は17人。反市長派は、条件付きで移設を容認してきた島袋吉和前市長とつながりが深いグループ。巻き返しを狙ったが、果たせなかった。

 投票率は72・07%で、4年前の前回を1・99ポイント下回り過去最低となった。【井本義親】

 町村がまた出馬というのは、衆院選北海道5区の有権者としての私にとっては、自民党政治にはもううんざり、といいたいです。昨年(2009年8月)の選挙では、民主党の小林千代美陣営が不正献金を受けなくとも確実に勝利していました。選対の連中はバカなことをしたものだと私は思っています。それだけ、自民党・公明党の旧政権にはウンザリしていたということです。だから小林千代美に入れたのです。来る10月の補欠選挙でも絶対町村に入れません。

<町村元官房長官>衆院北海道5区補選に出馬へ(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

<町村元官房長官>衆院北海道5区補選に出馬へ

6月14日12時54分配信 毎日新聞
 北海道教職員組合の不正献金事件を巡り民主党の小林千代美衆院議員が辞職を表明したことを受け、昨年の衆院選北海道5区で小林氏に敗れ比例復活当選した自民党の町村信孝元官房長官は14日、10月24日に予定される同選挙区補選に立候補する考えを明らかにした。国会内で記者団に「小選挙区の1議席を確保するために立候補する」と語った。【野原大輔】

ページ選択

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち国内情勢カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは国際情勢です。

次のカテゴリは事件・江別市関連です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2017/01/19 05:44:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07