「教育・文化」のアーカイブ

【1】4月からNHKラジオ語学番組を録音して勉強してみようと考えている人もいると思います。インターネットにつながった Windows パソコンで録音するのが簡単です。
つくったもの公開所: RadikaβVer1.71 さんから「Radika」をダウンロードしてインストールする。私の環境は、Windows 8.1 64bit 環境で、「Radika」をダウンロードしてインストールするだけで動いています。もし動かない場合は、ほかにも必要なソフトをインストールする必要があるかもしれません。
Radika-00.jpg

 最近、NHK テレビ・ラジオで「リトル・チャロ2」を見たり聴いたりしています。

 更に、ラジオ放送を聴かなくてもオンライン・サイトで「ラジオストリーミング」が聴けますのでリスニングの勉強になります。ただし、このサイトは、最近一二週間分のストリーミングが聴けるのですが、さかのぼって過去のストリーミングは聴けませんので、ストリーミングを残したい場合何らかの方法で録音しないといけません。

charo-online.jpg

 無料でココまで学べます! 英語学習サイトということで、まとめのサイトがありますのでここにブログ記事にしておきます。これからは、何かと英語が必要になります。少しでも少しずつでも英語を学んでいかなければなりません。とはいうものの、私は、英語は苦手です。ですから、少しずつ学習していくつもりです!

【リンク集】 無料でココまで学べます! 英語学習サイト -INTERNET Watch

 2011年1回目のリンク集は、外国語学習に役立つサイトの特集をお届けする。少子化による人口減少で国内経済の縮小が危惧され、成長シナリオを描くためには海外進出が必須とする論調も多く見かけるようになった。経済がグローバルする中で、就職にも昇進にも英語が必須とされる企業が増えている。もともと英語が得意な人のヒアリング力維持に、これから英語を身につけようという人の入門に、とさまざまな学習サービスが提供されている。

 仕事のためだけではなく、海外旅行前に知っておきたい日常会話集のようなレジャーに役立つコンテンツもある。海外ニュースを的確に読み解くための単語解説、さらにはマイクを使って発音を本格的に学ぶものまで、目的やレベルに合わせて、幅広い無料のサービスやコンテンツが用意されている。会員登録不要、かつ無料のサービスも多いので、上手に利用したい。

20101108-00000514-san-000-0-view.jpg 日本人のノーベル賞受賞者へは関心が集まりますが、他国のノーベル賞受賞者でもおもしろそうな研究があります。今年のノーベル物理学賞もその例で興味がそそられます。それを取り上げたこのような記事を、私がウェブ上で目にするのは今回が初めてです。ブログ記事にして残しておきます。グラフェンは、将来、有用な応用が期待される素材のようです。

カーボンナノチューブ

【科学】ノーベル物理学賞 電子が高速で動く炭素素材 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

産経新聞 11月8日(月)9時3分配信
 物理学賞の対象になったグラフェンは、炭素原子が六角形の網の目状に並んだ単層膜。グラフェンが何層も重なった黒鉛(グラファイト)は鉛筆の芯の材料にもなるありふれた素材だが、原子1個分の厚さしかないグラフェンは不安定で「単層膜では存在できないのではないか」と思われていた。

 英マンチェスター大のアンドレ・ガイム教授、コンスタンチン・ノボセロフ教授は、黒鉛(グラファイト)から粘着テープで剥離(はくり)させるという思いがけない方法で、グラフェンを作成し、世界中の研究者たちを驚かせた。

 単層のグラフェンがユニークな点は、電子の振る舞いだ。通常の材料中では、電子はさまざまな障害にぶつかって流れが妨げられる。グラフェン上では電子の質量がゼロとして扱われる特殊な状態となり、障害も素通りできる。

 こういう新聞記事を読むと、いつも思うのですが、どうしてこの教師はこのような暴言を吐いたのか?書かれていないので、ただ「ひどい教師だな」で終わってしまいます。中途半端な記事だと思う。もっと、読者としては、突っ込んだ内容を知りたい。「弁護士会人権擁護委員会に人権救済を申し立てていた」ぐらいですから、もっといろいろあったはずです。教師側と話し合ってもらちがあかなかったはずです。そこを知りたい。また、この記事が出ることによって生徒に影響は出ないのか、心配です。

沈没事故で父失った生徒、教諭「暴言」で適応障害 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 長崎県平戸市沖で昨年4月に起きた巻き網船「第11大栄丸」沈没事故で、父親を亡くした同県佐世保市、私立西海学園高(菅沼宏比古校長)の女子生徒(17)が、昨年4月末頃、古典の授業で男性教諭(50歳代)から「親が死んだことは風流だ。人はいつ死ぬかわからん」などと言われ、適応障害になったとし、同県弁護士会人権擁護委員会に人権救済を申し立てていたことが分かった。

 生徒はその後、教諭の姿を見るだけで息苦しくなり、8月には教諭に「具合が悪くなるのはおれのせいか」などと詰め寄られた。11月に適応障害と診断され、今年3月までの約5か月間、不登校になった。現在は復帰している。

 同校によると、昨年8月に家族から連絡を受け、9月に教諭と校長が生徒宅を訪問して謝罪した。

 菅沼校長は「生徒の心を傷つけるきっかけになったのは間違いなく、配慮に欠けていた」と話している。
(2010年7月19日22時05分 読売新聞)

 あるブログを読んでいました。TOEIC のテストを受けられるということが書かれていて、前々から英語の勉強をされている様子です。いろいろそのブログを読んでいると、英語の参考書が挙げられていて、私も何となく興味が持てたので、それらも参考にしつつ英語の参考書を調べてみました。そして、初歩的な参考書を以下3冊買ってみました。

 ちょっと読んだ程度なのですが、「美人でもおならはする。」というのを英語で何と言うか?というのが出ていました。「Even a beautiful woman (  ) gas.」美人でなくても、男でも、構造は同じなのですから、生理現象はあるわけですよ(笑)。答えは、一番下に書いておきます。

32156121-00.JPG『〈クイズ〉英語生活力検定』
著者/訳者 小山内大/著
出版社名  大修館書店
発行年月 2008年11月
販売価格 798円

「健全な国家観は自衛官には不可欠で、こうした講座が無くなることが異常と考えている」と言っている講師の名前を見てみると「福地惇」「高森明勅」「井沢元彦」らだという。わかる人はわかると思いますが、これらの人等が講師で自衛官に講義されたら、バランスのとれた国家観なり歴史観なりは全く期待できません。

田母神氏、統合幕僚学校に開設「歴史・国家観」講座を廃止 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

3月5日9時34分配信 産経新聞

 政府見解と異なる内容の論文を発表したとして事実上更迭された、前航空幕僚長、田母神(たもがみ)俊雄氏(61)が防衛省・統合幕僚学校(東京都目黒区)の校長時代に、幹部自衛官から大局に立つ国家観を備えてほしいと設けていた「歴史観・国家観」の講座について、同学校は4月から廃止することを正式に決め、関係者に通知した。

 外部からみていると、千歳市教育委員会は、この問題を解決していこうという熱意が感じられない。マスコミが、関係する生徒の証言を掘り起こして報道し(地元のテレビHBCが最近報道した)、そして、市教委はやっと重い腰を上げた、というのが実情だろう。当事者の中で最も重い立場にある市教委が解決しないで誰が解決できるのであろか。市教委しかないのだ。この問題を担当した市教委の人物が、逃げ腰でないのか? という疑いを持ってしまうし、誠意があるのか? とも思ってしまう。

 ただ、市教委というのは、ただの素人の集まりだ。解決できる能力があるとは思えない。こういう場合、外部の専門家(そのような人物なり機関があるのか、私にはわからないが)を間に入れて解決できないものだろうか?

 ただし、専門家というのは、テレビなどで見る限りでは、教職経験者の評論家やそのOBなどだが、国立の教育大学の教授などがインタビューに出たのを見たことがないのは何故だろう? これだけ全国的にしかも何年も前から問題になっているいじめ問題なのだから、本来なら、教育大学で系統的に研究している人員がいて当然だと思うのだが。そういう学者を養成していないのだろうか?

まんまる新聞: 「伊東音次郎・手島圭三郎」詩画展

「伊東音次郎・手島圭三郎」詩画展
北海道江別市情報図書館で 4月12日~20日(2008年)

江別市出身の歌人・故伊東音次郎の詩に、江別在住の版画家・手島圭三郎さんが画をつけた詩画を展示する「伊東音次郎・手島圭三郎」詩画展が4月12日(土)~20日(日)、江別市情報図書館(野幌末広町7)2階デモ展示室で行われる。時間は午前10時~午後5時。4月14日(月)は休館。

問い合わせ/江別市情報図書館 【TEL】384―0202。

 Webシティさっぽろ-朗読に、たまたま伊東音次郎の作品「四辻の商」が載っていたので聴いてみました(読んだのでなく、mp3ファイルが載っていたので聴いてみたわけです)。伊東音次郎(1894生~1953没)は江別に生まれた屯田兵子孫で口語短歌作家、童謡作家として活躍したようです。

石狩の原に一すじ雪のみち
         晴れりゃ馬橇の鈴がつづいた

 Yahoo!で検索したところ「伊東音次郎」関連は、 これらが、私がちょっと探したサイトで「伊東音次郎」の名前が載っています。ウィキペディアに載っていないのが残念です。

 江別市情報図書館では検索した結果11冊の資料があるようです。

 映画に対して検閲までして上映を阻止したいのだろうか? いろいろ反論は来るだろうが、こういう問題で注目しなければならないのは、中心になって旗振りをしている人物が必ずいるということだ。自民党の保守派衆議院議員の稲田朋美だ。どういう人物かウィキペディアで調べたことがある。◆ウィキペディア上の稲田朋美

 そもそも、靖国神社はどういう神社なのかといえば、明治時代になって「富国強兵」「殖産興業」の旗印の下で、戦争するための神社として明治天皇がつくったものだ。江戸時代は、鎖国をしていたから他国と戦争をすることを想定もしていなかったので、他国との戦争で戦死者が出ることもなかった。従って、靖国神社のような戦争神社はなかった。

 このことをふまえた上で、稲田朋美という人物が過去にどういう発言をしていたが調べてみた。下のコメント欄の《参考記事》を見てもらいたい。自民党タカ派の発言に必ず出てくる人物だ。

 歴史的に日本を暗黒の世界に引きずり込んでいく時には必ず中心人物がいるものだ。満州事変の時の石原莞爾、日中戦争の時の武藤章のような人物だ。

 今回の件も、早い段階から警戒すべき民主主義を脅かす事件だ。

<映画「靖国」>ペンクラブが声明「関係者の猛省うながす」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

<映画「靖国」>ペンクラブが声明「関係者の猛省うながす」

4月3日13時36分配信 毎日新聞

 映画「靖国」の上映中止に関し、日本ペンクラブ(阿刀田高会長)は3日、「自由な表現の狭まりを深く憂慮し、関係者の猛省をうながす」とする緊急声明を発表した。「面倒を恐れて自発的に場所の提供を渋る雰囲気がまん延している。公共言論空間を守る決意を訴えたい」としている。

最終更新:4月3日13時36分

 たまたま札幌に行ったので、北大構内を散策していたら、元の場所の入り口近くに楡影(ゆえい)寮の記念碑が建立されていたのを見つけました。何人がこの学生寮から巣立ったのでしょう? そんなことより、懐かしさでいっぱいです。青春の一時期、ここで暮らしたことがある元北大生なら「オバンケル」という言葉と共に青春時代に帰ることが出来るでしょう。

 「オバンケル」というのは、寮母さん、まかないのおばさんですね、を親しみを込めて寮生は皆「オバンケル」と呼んでいました。今、ふと思ったのですが、オバンケルの名字も名前も聞いたことないな!!

 この寮は、江別とも関係があったことを初めて知りました。「略年譜」によると、1946年、私設寮として江別に開寮、と書かれてあります。戦後すぐに、ここ江別に建てられたのか! どこのあたりだろう? 1955年に、工学部の横、医学部の真正面、教養部生協の裏といえばいいだろうか、に新寮として移転と書かれています。雑木林に囲まれた木造の寮でした。

P1020582b.JPG

 全道的、全国的関心が集中している「いじめ問題」に対して、このような対応(「非協力」指示)は、北教組にとっては、マイナスに作用するだろう。そもそも北教組にとって「いじめ問題」に対して胸を張って言えるぐらいの対処をしてきたのか? 道教委との確執は理解できるが、ここで「いじめ問題」を見落としたら、問題はより重大になるだろう。

北海道新聞 トップニュース

道教委いじめ調査 北教組が全21支部に「非協力」指示 小樽で配布拒否  2007/01/24 12:43

 道教委が昨年末に道内で実施した「いじめ調査」の一部について、北教組が道内の全二十一支部に対して協力しないように指示していたことが二十四日、分かった。このうち、小樽市では一部の学校で教師が調査用紙の配布、回収をせず、校長や教頭が代行した。

 調査は、札幌市を除く全道の小中高生、教員ら約四十六万人が対象。無記名式で、児童生徒にはいじめられた経験やいじめをなくす方法などについて、教員にはいじめに対処した経験や方法などについて、それぞれ約十項目ずつ尋ねている。結果は集計中で二月下旬以降にまとまる見通し。

 北教組によると、この調査のうち、教職員対象の調査への回答と、児童生徒への調査用紙の配布、回収をしないよう全支部に文書で通知した。

 北教組の影響力が強いとされる小樽市では、小樽市支部から市教委に対し事前に「本部の意向で協力できない」と申し出があった。四十一校ある小中学校のうち二十二校で管理職が用紙の配布、回収に当たり、最終的には全校から回収できたという。教員からの回答率は三割だった。

 今回の対応について、北教組の小関顕太郎書記長は「調査段階で内容などについて学校が主体的にかかわれずに、(いじめ件数の)数字が独り歩きするだけで、いじめの解決にならない懸念があった」と説明する。

 道教委は「調査はいじめの未然防止、早期発見に役立てるのが目的で、(北教組の対応は)残念としか言えない」(学校安全・健康課)としている。

「いじめに関する意識調査」は、言ってしまえば、札幌市教育委員会の何らかの対策をしています、という「アリバイづくり」のようなものだと思う。「記名」して、あるいは「学校で集約」して真実が語られるか? 今までのいじめ対策の教訓は何一つ生かされていない。江別市教育委員会の教育委員会への直接「郵送」方式をすこしは参考にしたらどうなのだ。そもそも、担任や校長の対応に不信感を持っている父兄や生徒、という構図を全く無視している。

 今回の「調査」は、学校カウンセラーがいる部屋にも生徒が入りづらい現状等を考えると、子供の心理を全く無視しているということが言えるだろう。いじめられている生徒の視点で考えられていない!!
北海道新聞 バックナンバー

札幌市教委がいじめ調査 全児童生徒に用紙発送 記名式で早期対応狙う  2006/12/12 14:37

 札幌市教委は十一日、市立小中高校と養護学校の児童生徒十五万五百三十三人を対象に、独自の「いじめに関する意識調査」を行うことを正式に決め、対象校三百十九校に用紙を発送した。調査は記名式で、学校で集約する。締め切りは二十二日で、来年一月下旬にも分析結果をまとめる。

 いたましい子供達の自殺が続いている。ニュース報道を読んでいると、結果論かもしれないが対応が遅れている。すぐ対応していれば自殺は防げたかもしれない。「出張」になんか行っている場合か?? ニュースを読んでいると、そう思えてくる。「出張」と「生徒の命」とどちらが大切なのか、と思えてくる。今は、そういう時代状況なのだという認識が必要かもしれない。
asahi.com:埼玉・中3自殺、恐喝は昨年度から 学校「対応遅れた」-社会

埼玉・中3自殺、恐喝は昨年度から 学校「対応遅れた」
2006年11月13日23時52分

 埼玉県本庄市で市立本庄東中学3年の男子生徒(14)が自殺した問題で、この生徒が昨年度から同じ同級生に脅され、金銭を要求されていたことがわかった。市教委によると、昨年度はこの同級生に現金を脅し取られ、自殺する6日前にも学校の相談員に金銭を要求されていることを話していたという。生徒が相談後も脅されている様子を見た友人もいた。だが、結果的に学校側は同級生に指導できなかった。

 この問題も、学校の「言い訳」が目立つように感じます。そもそも、警察に「被害届」を提出すること自体、尋常ならざる事態です。適切な対処をしたのか? そもそも、どのような対処をしたのか明らかにしてほしい。学校には、そのような説明責任があるように思います。「当事者の聞き取りを終えるまではいじめと暴力行為の判別は難しい」と話しているところをみると、何ら有効な手だてを打ってこなかったことを自己暴露しているように思われます。
北海道新聞 社会

「いじめ」報告せず 被害届の札幌市立中 市教委には「暴力」  2006/11/03 07:42

 札幌市の市立中学校の男子生徒が、いじめによる暴行を受けたとして札幌北署に被害届を出した問題で、昨年六月、生徒が繰り返し暴行されていたことが分かったのに、学校は札幌市教委に対し「いじめ」と報告していなかったことが明らかになった。

 学校は市教委に対し「暴力行為」と報告していた。この時の調査では、生徒は一年生のころから暴行や嫌がらせを受けていたことも分かったが、学校は同じ相手から暴行を受けた今回も「暴力行為」と報告している。

ページ選択

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち教育・文化カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは音楽・芸術・関連です。

次のカテゴリは講演会です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2017/01/19 05:44:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07