「インターネット関連」のアーカイブ

11月1日の夕方から、インターネットにつながりにくくなった。ひかり電話も試してみたが、これも調子悪くなって色々考えてみて使っているルーターが調子悪くなったのではと考えるようになった。しばらくすると調子良くなる時もあるのだが、すぐにまた調子が悪くなるというを繰り返していた。次の日に、NTT 0120-116000 に電話して教えてもらった 0120-000113 で相談に乗ってもらった。結論から言うと、ルーターを交換してもらうことになった。

その後、色々いじっていたら TweetDeck が、それなりに動いているのに気が付き、何でこれだけインターネットにつながるんだろう?と思うようになった。メールソフトの Becky! もつながらないのにだ。更に、無線LANルーターにつなげている iPhone5 もつながらないのにだ。これらの障害をみたら、だれでもルーターが悪いのだろうと思うだろう。

そのうち、いつもはブラウザの Opera 12.16 をメインに、Mozilla も Google Chrome も立ち上げていたのだが、Opera を立ち上げていない時は、他のブラウザが正常に動くのを発見した。しかし、一時的にルーターが正常に動いているのではないか、という疑いも持っていた。

しかし、どうもそうではないことに考えが変わっていった。Opera を起動しないと、他のブラウザが正常にインターネットにつながるのだ。そこでやっと Opera が故障しているのだと思うようになった。たまたま、Opera 17 をインストールしてみたら正常にインターネットにつながる。ここで Opera 12.16 が故障していると確信した。このバージョンを上書きインストールしたら正常に戻った。

一時は、ルーターにつなげている無線LANルーターが悪さをしているのではとも考えたりした。

以上が、インターネットにつながらなくなっていろいろ試行錯誤した経緯だ。忘れないように、ここに記しておく。

 自分のTwitterアカウントがハックされたら、どう対処するか?ということで、どう対処したらいいか、この記事は、コンパクトにまとまっていますのでここにブログ記事にしておきます。

自分のTwitterアカウントがハックされたら、どう対処するか~Sophosが説明 -INTERNET Watch

 自分のTwitterアカウントがハックされたら、どう対処するか? 英Sophosの28日付公式ブログで、Sophos CanadaのシニアセキュリティアドバイザーであるChester Wisniewski氏が説明している。

 同氏によると、Twitterアカウントが侵入される主な要因としては、悪意のあるアプリケーションを認証してしまったこと、パスワードが推測された/盗まれてしまったことの2つがあるという。

 その上で、問題が発生したことに気付いたらすぐにウイルス対策ソフトを最新状態に更新してシステムをスキャンし、ウイルスに感染していないことおよびキーロガーがインストールされていないことを確認。次に、新しいパスワードを設定すべきだとしている。なお、パスワードについてはSophosが常に指摘しているように、サイトごとに別々のパスワードを使うことなどを勧めている。

 続いて、自分のTwitterアカウントにアクセス許可を与えたアプリケーションを見直すべきだとしている。これらのアプリケーションは、Twitterアカウントの設定画面の「Applications」(日本語では「アプリ連携」)タブにおいて一覧可能。ユーザーは、この一覧で信頼できないアプリケーションの認証を取り消けせるが、Wisniewski氏はすべてを取り消してやり直すことを勧めている。本当に使うアプリケーションは必要に応じて再び認証すればいいという。

 下記の記事を読むと、やり放題のことをしていたことがわかります。「FacebookやTwitterのアカウント情報を取得」「Google Analyticsのトラッキングスクリプトを埋め込んでいた」「AmazonのアフィリエイトリンクをコネクトフリーのIDに書き換える」非常に悪質だと思います。この事例からわかるように、公衆無線LANは、どんな細工がされているかわからないので極力使いたくない。

公衆無線LAN「コネクトフリー」、ユーザー情報を無断収集していたとして謝罪 -INTERNET Watch

 コネクトフリー株式会社は6日、同社の公衆無線LANサービス「コネクトフリー」において、利用者のFacebookやTwitterのアカウントなどを無断で取得し、利用者が閲覧したページに対してGoogle Analyticsのスクリプトの自動的な埋め込みや、Amazonのアフィリエイトリンクの書き換えを行なっていたとして、事態を説明するとともに謝罪した。

 コネクトフリーでは、飲食店などに無線LANアクセスポイントをレンタル提供し、来客者に対しては無料でインターネット接続サービスを提供する代わりに、利用者の閲覧ページ中に飲食店の情報などを表示するバナーを自動的に埋め込むサービスを展開している。

 セキュリティ研究者の高木浩光氏らが5日、このバナーに含まれるスクリプト中で、利用者がFacebookやTwitterのサイトにアクセスした場合に、ウェブページからFacebookやTwitterのアカウント情報を取得し、コネクトフリーのサーバーに送信していたことを指摘。また、ユーザーが閲覧しているウェブページに対して、Google Analyticsのトラッキングスクリプトを埋め込んでいたことや、AmazonのアフィリエイトリンクをコネクトフリーのIDに書き換える行為を行なっていたことなども指摘されていた。

 コネクトフリーでは、サービスの実施にあたり、利用者の端末のMACアドレス、FacebookとTwitterのアカウント、端末のユーザーエージェント情報、アクセス期間、閲覧しているURLを取得していた。FacebookとTwitterのアカウントについては「簡易に把握できるセキュリティ強化のための情報として、自動的に取得していた」と説明している。

 また、Google Analyticsは「ユニークユーザー数の把握のため」に用いており、Amazonアフィリエイトリンクの書き換えについては特定の1店舗のみで試験的に実施したものだと説明。これら取得した情報は第三者に開示したことは無く、その他の目的でも使用していないが、事前の承諾無しに情報を収集したことで利用者に不安を与えてしまったとして、謝罪した。

 コネクトフリーでは指摘を受け、Google Analyticsの利用や、Facebook/Twitterアカウントの取得、Amazonアフィリエイトプログラムのテスト運用を中止するとともに、自動的に保存されていたMACアドレスなどのログの削除を5日に実施。ユーザーからの問い合わせ用のメールアドレスを用意し、調査内容や今後の対応についてはコネクトフリーのサイトなどで随時報告するとしている。

 マヌケな企業だと思います、三菱重工業は。私個人と比較しても、メールの添付は、絶対開かないし、サーバーは、ログをいつも監視していて攻撃が激しくなったら対処しています。IP アドレスで閲覧できないように封鎖したり、スパムコメントを投稿できないように対処したりします。こういう基本的なことを企業として人員を配置して出来るか出来ないかの違いが大きいと思います。

セキュリティーと危機管理に欠陥...三菱重報告書 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

20111117-00000095-yom-000-1-view.jpg読売新聞 11月17日(木)3時1分配信
 三菱重工業へのサイバー攻撃事件で、同社が内部のセキュリティーシステムと社内の危機管理態勢の双方に問題があったとする報告書をまとめていたことがわかった。

 感染拡大を防げなかった背景として、ネットワークの監視システムの弱さや、社内横断的なリスク管理態勢の欠陥があったと分析。さらに、問題発生時の対応手順が不明確だったことが国への報告遅れを招いたとも指摘した。同社は今後、情報セキュリティーの基本方針を改定するとともに、来年4月をめどに組織改編に取り組む。

 報告書や関係者の証言によると、同社では事件が発覚するまで、外部との通信をリアルタイムで監視していないなど、「国防の中核を担う企業として不十分と言わざるを得ない態勢」(防衛省幹部)だった。また、年に1回、社員に対し情報セキュリティーの教育を実施していたが、今回被害に遭ったような最新の標的型メール攻撃については扱っていなかったという。海外では既に数年前から標的型攻撃による被害が顕在化していたが、同社の意識は大きく遅れていたことになる。

最終更新:11月17日(木)3時1分

 早速、FFFTP 1.98c をインストールしてみました。私が契約している「さくらインターネット」は、FTPS(FTP over SSL) には対応しているのですが、FTPS Implicit に対応しているかまではわかりません。多分対応していないと思われます。FTPS - Wikipedia によれば、「FTPSには、認証コマンド(AUTHコマンド)実行後に暗号化通信を開始するExplicitモードと、FTPSサーバ接続開始時点から暗号化通信を開始するImplicitモードの2種類が存在する。」と書かれています。

 「さくらインターネット」の場合は、「暗号化なしで接続許可」のチェックを外しておいた方がいいでしょう。

「FFFTP 1.98c」公開、FTPS Implicitに対応 -INTERNET Watch

 Windows向けFTPクライアント「FFFTP」の最新版となる「バージョン1.98c」が5日、公開された。

 FFFTP 1.98cでは、FTPS Implicitによる接続に対応し、アスキーモード転送の際の漢字コード変換でUTF-8(BOMなし)への変換をサポートした。また、日本語ドメイン名のホストへの接続時にアドレスをPunycodeに変換してから接続するようになったほか、ホストへの再接続時にホストの現在のディレクトリが再設定されないバグなど、複数のバグを修正している。

 FFFTPは、オープンソースのフリーソフトウェアとして広く使われているWindows向けFTPクライアントソフト。2011年8月に作者のSota氏が開発の終了を宣言したが、有志により開発・バージョンアップが行われている。

 有用な情報なのでブログに載せておきます。Ustream を積極的に利用している人には重要な情報だと思います。

Cerevo、ビデオカメラをHDMI接続すればUst配信できる機器「Live Shell」 -INTERNET Watch

 株式会社Cerevoは17日、市販のビデオカメラをHDMI接続することで簡単にUstreamのライブ配信を開始できる手のひらサイズのネットワーク機器「Live Shell」を発表した。同社直販サイトでの価格は2万6800円。同日より予約受付を開始しており、年内に発売予定。

 Ustream Asia株式会社は同日、「Ustream認定配信関連機器」の認定制度およびロゴを発表しており、Live Shellはその国内第1号認定製品。

 Live Shellは、本体サイズが68×120×26mm(幅×奥行き×高さ)、重量が108g。電源は、単三電池3本で駆動するが、専用のACアダプターも付属する。AV入力インターフェイスは、HDMIが1系統、コンポジットが1系統、ステレオマイクIN、ラインIN。ネットワークインターフェイスは、100BASE-TX/10BASE-Tの有線LANポートを本体に備えるほか、IEEE 802.11b/g/n対応の小型無線LANアダプターが付属。本体のUSBポートに挿入することで、無線接続でも使える。このほかは電源ボタン、機器の状態を表示するLCD、ACアダプター接続用のミニUSBポートがある。

 株式会社Cerevo代表取締役の岩佐琢磨氏は、UstreamがPC向けに提供している配信ソフトは高機能な反面、配信中に動作が不安定になるといった扱いの難しさがあると指摘する。一方で、Ustreamのスマートフォン向け配信アプリは、PCなしで手軽に使える反面、カメラがズームできない、音質が悪いといったデメリットがあるとし、Ustream配信ツールとして「帯に短いスマホ、たすきに長いPC」と表現。その間を狙い、「Ustream配信をもっと簡単。便利にしたい」というコンセプトのもとで開発したのが、Live Shellだとした。

 専用ハードウェアのため安定して動作するとともに、ズームや手ブレ補正機能など備える市販のデジタルビデオカメラを接続して使うため、スマートフォン単体よりも高品質な映像が配信できるとしている。外部マイクも接続可能だ。 以下 略

 新バージョンが公開され、懸念されていた開発のストップもなく、今後も FTP クライアント「FFFTP」は期待できますね。

定番FTPソフト「FFFTP」、有志の開発による新バージョンが公開 -INTERNET Watch

 作者が開発終了を宣言したWindows向けのFTPクライアントソフト「FFFTP」が、有志により開発・バージョンアップが行われることになり、新バージョンとして「FFFTP 1.98」が公開された。

 FFFTPは、オープンソースのフリーソフトウェアとして配布されている日本語対応のFTPクライアントソフト。1997年ごろに公開されて以来、多くのユーザーに利用されてきたが、作者のSota氏が2010年8月に開発の終了を宣言していた。

 今回公開された新バージョンは、SourceForge.JPにおいて有志を募り、開発・バージョンアップを行ったもの。最終版として公開されたFFFTP 1.97bに対するバグフィックを行うとともに新機能を追加。ホストとの接続にFTP over Explicit SSL/TLS(FTPS Explicit)が利用できるようになったほか、アスキーモード転送時の漢字コード変換でUTF-8に対応。Unicode依存文字を含むファイル名も扱えるようになった。

razil.gif 今回の取り組みは、「ラジオ放送が聴取しにくい状況の改善を目的」ということですから、音質的には期待できるものではありませんが(高音質じゃない)、北海道で聴いてみましたが、今のところ音が途切れるということはなかった。

NHKラジオ、放送と同時に番組をネット配信する「らじる★らじる」 -INTERNET Watch

rd01_s.jpg 日本放送協会(NHK)は1日、NHKラジオの番組を放送と同時にストリーミング配信するサービス「らじる★らじる」を開始した。まずはPC向けに配信を開始し、10月にはスマートフォンで聴取するためのアプリを公開する予定。

 配信するのは、ラジオ第1放送(関東広域放送)、ラジオ第2放送(全国放送)、FM放送(東京都域放送)で、配信エリアは日本全国。専用ウェブサイトから、各波ごとのプレーヤーで聴取する。聴取にはFlash Playerのインストールが必要。

 なお、全国向け共通番組を放送していないときは、ラジオ第1は関東広域放送、FMは東京都域放送を提供する。また、時報と緊急地震速報は遅れが生じるため配信しないほか、権利処理できないかったコンテンツを含む番組も配信しない。

 10月にはAndroid OS向けアプリを公開するほか、iOS向けアプリも追って公開する予定。

 今回の取り組みは、山間部など電波の入りづらい地域、夜間の外国電波混信、マンションなど鉄筋コンクリート住宅の全国的普及など、ラジオ放送が聴取しにくい状況の改善を目的としたもの。2013年末まで試行し、改善効果を検証するという。

 2004年か、あるいは2005年頃から使い続けています。開発終了とは残念ですね。現状では困りませんが、私のパソコン環境が64ビット環境のみになったら、「動作を確認した環境: Windows 7(32bit), Vista(32bit), XP(32bit), 2000」ということなので、新たな FTP クライアントを探さねばなりません。当面、大丈夫です。

定番FTPソフト「FFFTP」、開発終了を発表 -INTERNET Watch

 定番のFTPクライアントソフト「FFFTP」が8月31日、開発を終了した。作者のSota氏が自身のサイトで明らかにした。

 FFFTPは、オープンソースのフリーソフトウェアとして配布されている日本語FTPクライアントソフト。ローカル側とホスト側のファイルがリスト表示され、操作性のわかりやすさや安定性などで、1997年ごろに公開されて以来、多くのユーザーに利用されてきた。

 作者のSota氏は開発終了の理由について、「開発を継続するためのモチベーションが維持できなくなった」と説明。また、自身のブログでは、「フリーソフトと言っても、公開するからには責任が伴います。使う人が多ければ多いほど、それだけ期待も背負います。公開したフリーソフトはいつまでサポートしなければならないのか。どれだけの品質の物でなければならないのか」といったことを以前から考えてきた結果として、開発終了を宣言することにしたと述べている。

 なお、FFFTPの開発は終了となるが、オープンソースのフリーソフトウェアであることは変わらず、開発終了を示した上でファイルの公開は続けるとしている。サイトでは、2010年10月24日のバージョンであるバージョン1.97bと、ソースファイルが公開されている。

 ここにも書いてあるように「サイクリングコースや道案内などのルートを作成・公開できる」ということで大変便利なツールです。私は、自分が自転車で目的地に行ったルートをブログに貼り付けたりしています。

自転車などのルート地図作成サービス「ルートラボ」がAndroid対応

 ヤフーは、サイクリングコースや道案内などのルートを作成・公開できるサービス「ルートラボ」がAndroidのブラウザーに対応したと発表した。

 従来はAndroid端末からルートラボにアクセスするとPC向けの画面が表示されていたが、スマートフォン向けの画面にアクセスできるようになった。

 スマートフォン向け画面では、各ボタンをタップすることで、地図縮尺の変更やルート全体の一発表示、現在地を地図の中心に移動するなどの操作が可能となる。

 また、標高グラフをドラッグすると、標高グラフと地図が連動するため、例えば坂のピークの標高を手軽に調べることも可能となる。

 ヤフーによれば、動作が不安定な部分もあるというが、一日でも早くAndroidユーザーに楽しんでもらいたいという思いから、ベータ公開することとなったという。

 これは、覚えておいた方がよいと思い、ここに記しておきます。当日、慌てないために。

追記 2011/06/09
Bフレッツを利用していますが、トラブルはなかった。

6月8日実施の「World IPv6 Day」、フレッツ利用者は注意を

6月8日(2011年)実施の「World IPv6 Day」、フレッツ利用者は注意を
JAIPAやマイクロソフトなどが障害の回避策を案内

 社団法人日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)は1日、6月8日に実施される世界規模のIPv6トライアル「World IPv6 Day」に関する情報提供サイトを開設した。

 「World IPv6 Day」は、6月8日の24時間(日本時間では6月8日午前9時から)に渡り、各社が提供する自社のサービスをIPv4とIPv6の両方に対応させ、その影響を探るトライアル。GoogleやYouTube、Facebookなど世界289サイトが参加を表明しており(5月30日現在)、日本でもNECビッグローブやNTTコミュニケーションズグループ、Yahoo! JAPANが参加を表明している。

 JAIPAでは、World IPv6 Dayの実施にあたり、情報提供サイトを開設。日本で影響の可能性があるユーザーやアプリケーションと、その対応についての情報を掲載している。

 日本では、NTT東西のフレッツ光サービスなどの回線を利用し、標準でIPv6に対応したOS(Windows 7/Vista、Mac OS X 10.4以降、iOS、Android)を使用した場合に、サイトへの接続が遅くなるなどの影響が発生する可能性がある。

 IP アドレスの基本的なものが書かれているので、ここに収録しておきます。自分が使っているパソコンにどう影響があるか気になっていたのですが、これを読んだ限りでは問題ないようですので安心しました。

<IPアドレス>桁増やし「在庫切れ」に対応  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

毎日新聞 2月7日(月)21時45分配信
 インターネット上の「住所」や「電話番号」に相当する識別番号(IPアドレス)の在庫がなくなったと、番号を管理する非営利国際団体が発表した。今後、北米や欧州など地域ごとにある傘下団体が、残っている在庫を国ごとの下部団体に割り当てるが、日本の場合、5~8月には新番号の配布ができなくなる可能性がある。IPアドレスがなぜ必要で、枯渇するとどう困るのかを一問一答でまとめた。【乾達】

 私は、毎日インターネットを使っているので、どこまで安くなるかちょっとわからないけど、少しでもインターネット代を安くしたい。「基本料で一定量まで利用でき」というのが、どのくらいの程度まで利用できるのか、まだわからない。「月額5460円(戸建てタイプ)の定額制」というのは、やはり高いよね。

光回線料、大幅下げへ=ブロードバンドの普及促進-NTT

 NTTが、来年春にも光回線サービスの利用料を大幅に引き下げる方向で検討していることが29日、分かった。2015年までに全世帯にブロードバンド(高速大容量)回線を普及させることを目指している総務省の引き下げ要請に応える。
 NTTは現在、光回線サービスを機器利用料を含めて月額5460円(戸建てタイプ)の定額制で提供している。今回新たに、基本料で一定量まで利用でき、その後、使用量に応じて料金が加算される従量制を導入。基本料を安く設定することで、より加入しやすくしたい考えだ。
 詳細な料金設定は検討中だが、NTTはこれまでも、光回線を現在のADSL(非対称デジタル加入者線)並みに値下げする方針を示しており、光回線の基本料はADSLの最高速サービスと同水準の3000円台になる公算が大きい。
 光回線サービスは全世帯の9割が使える状態にあるが、実際に契約しているのは約35%程度にとどまっているため、料金引き下げにより一層の普及につなげたい考えだ。(2010/12/29-10:31)

 最近、アマゾンを頻繁に利用するようになりました。やはり、送料の原則無料化が大きいです。私はおもに本を買うのですが、送料無料化はありがたいですし利用しやすくなりました。7ネットで買うよりも早く手に入るし、吹雪の中をセブンイレブンに行かなくてもいいし、中古本が手頃な値段であれば、それも手に入るし。中古本を手頃な値段ですぐに手に入るのは非常に便利です。「シェア絶大 書籍35%、音楽50%」というのはスゴイですね。

 ただね、気になることもあります。配送業者さんの単価に影響があるものと思われます。それでなくとも大変なのに、配送業者さんにしわ寄せが行くのは辛い。

<アマゾン>日本上陸10年 送料無料で攻勢

<アマゾン>日本上陸10年 送料無料で攻勢

毎日新聞 11月1日(月)22時10分配信
 インターネット通販大手「アマゾン」が1日、日本での営業開始10周年を迎えた。取扱商品は当初の書籍から、家電、食品などに拡大。品ぞろえの豊富さと即日配達など独自のサービスが受け、ネット通販を代表する企業に成長した。1日には商品配送の原則無料化を発表するなど、さらに攻勢をかける構えを見せている。一方、ライバルの楽天だけでなく、大手流通グループなどもネット通販に本腰を入れ始めており、アマゾンと国内各社との競争は激しくなりそうだ。【井出晋平、谷多由】

 「常に(営業)初日の気持ちで無限の可能性にチャレンジしたい」。1日に東京都内で開かれた営業開始10周年を祝うイベントで、アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は意気込みを語った。

 ◇シェア絶大 書籍35%、音楽50%

 アマゾンは日本での業績を公表していないが、流通業界の週刊紙「週刊日流eコマース」の推計によると、09年の売上高は約4000億円で楽天(2982億円)を上回る。富士通総研が7月に実施したインターネット通販利用者調査によると、書籍購入者の約35%、音楽ソフト購入者の約5割がアマゾンを利用しており、ネット市場での存在感は大きい。

 この記事を読んでみて、ある意味「通信の怖さ」を感じました。自分の ID やパスワードが盗まれたりしたらと考えたら恐いです。私は、自衛策として有線LAN しか使わないようにしています。場合によっては、有線LAN でも危ない場合もあります。家庭で使っている分には、まず、大丈夫だとは思いますが。今回の記事で Cookie が如何に大事で、また、危険にさらされる場合(他人になりすまし)もある、ということを学びました。一度、全て読んでみることをお勧めします。ちなみに、アマゾンは最近頻繁に利用していますが、セキュリティは、どちらかというと甘いように感じます。

【事例で学ぶ ネットの落とし穴】 FacebookやTwitterのIDがWi-Fi経由で筒抜け、Firefox用アドオンの恐怖 -INTERNET Watch

 今回取り上げるのは、ウェブブラウザー「Firefox」用のアドオン「Firesheep」です。このアドオンは、以前お話しした「野良AP」を含めたオープンなWi-Fiネットワークを利用して、ウェブサービスなどにログインするユーザーのCookieを記録する機能があります。

 パソコンがオープンWi-Fiネットワークに接続した状態でFiresheepが起動すると、接続しているローカルネットワーク内をスキャンし、Amazon.com、Dropbox、Evernote、Facebook、Flickr、Google、WindowsLive、Twitterなどといった、一般的によく使われているサービスにログインしている他のユーザーを発見し、リストアップしていきます。そしてそれぞれのユーザーのアイコンを表示し、そのユーザーへのなりすまし行為を極めて簡単に行えるようにする、という深刻な機能を持ったアドオンです。

ページ選択

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちインターネット関連カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはイベントです。

次のカテゴリはウイルス関連です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2017/01/19 05:44:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07