「北海道関連」のアーカイブ

 ちょっと辛口に評すると、ろうそくを使って火事でも出したらマンションのご近所さまに迷惑をかけるのが心配です。照明を暗くして目が悪くなったらどうする。東日本大震災を経験しているのにテレビ無しではまずいでしょ。情報を得る手段でテレビは欠かせない。冷蔵庫がなくても不自由はしないけど、夏なんか食料を保管できなくて毎日のように買い物に行かなくてはならない。室内は暖房なしで17度とあるが、風邪でも引いたらどうするんだ? このような生活を何年もしているのならまだしも、「今年の冬やりました」というなら単なる話題作りでしょうね。こういう人を達人とは呼ばないでしょう。達人とは、極端なことをしないで賢く暮らす人を指す言葉ですよ。私の家は、15アンペア契約で、月額およそ3000円半ばです。
札幌で電気代200円台 はらみづほさんの生活は 冷蔵庫、テレビなし ふすまが断熱材-北海道新聞[暮らし・話題]

8014_1.jpg 節電の冬、省エネの達人はどんな生活をしているのか。「できた! 電気代600円生活」(北海道新聞社)を昨年11月に出版した札幌市中央区のフリーライターはらみづほさん(46)は昨年末、北電との契約を5アンペアに引き下げ、省エネを徹底。今や1カ月の電気料金は200円台だ。

 はらさんは1DKのマンションにパートナーと2人で暮らす。冷蔵庫もテレビもない。

 照明は、読み書きする場所は明るくするが、玄関や風呂、トイレは暗めでもOKと割り切る。ろうそくも使う。

 冷蔵庫がなくても不自由しない。野菜などは、10度以下に下がる玄関で保存する

 ベランダに小型太陽光パネルを設置し、最小限の照明に使う。また透明のビニールシートを張り、一種の「温室」を作りだした。今月上旬の日中、外気温は5度、ベランダは10度、室内は15度と断熱効果が高かった。

 夜は押し入れのふすまをガラス窓の内側に立てかけ断熱材にする。外気温が3度の夜も土鍋を駆使した調理の余熱などで、室内は暖房なしで17度あった。 (12/10 11:28) <北海道新聞12月10日朝刊掲載>

 北海道江別市でも、みぞれが降りその後雪に代わり寒い季節がやっと到来しました。このシーズンは、暖かい日が続いていたので灯油の節約にもなり喜んでいたのですが、とうとう本来の寒さになりました。

札幌、旭川で遅い初雪 「やっと冬が来た」-北海道新聞[道内]

札幌、旭川で遅い初雪 「やっと冬が来た」

(11/18 17:54、11/18 23:31 更新)
 道内は18日、上空に氷点下35度以下の強い寒気が流れ込んだ影響で、全道的に雪となり、札幌や旭川、函館、帯広の各市などでは初雪を観測した。このうち旭川では124年前の観測開始以降で最も遅く、札幌市中心部でも史上2番目に遅い初雪となった。

 旭川市内では18日午前から昼にかけて約2センチの降雪を観測。同日から冬季営業を始めた旭川市旭山動物園でも雪が積もり、東京から社員旅行で訪れた鈴木尚子さん(23)は「北海道で雪を見たかったので良かった」と話した。札幌市でも午前中から雪が降り始め、午後9時現在で1センチの降雪を記録した。

 いざ私が住んでいる街(北海道江別市)に震災がれきが持ち込まれ焼却処理をするとなると、かなりびびるなぁ。放射線量がどのくらいのものなら許容できるのか? 許容範囲がどのくらいの確度で守られるのか? ちょっと考えても疑問がわく。酪農や農業をウリにしているこの江別市が、風評被害に遭うのも目に見えている。Twitterでもちらほらつぶやく人を見かけている。しかも、極論を言う人が多い。私自身は、極論を控えるスタンスだが、極論を言わないと、権力を持っている支配者達は、あらゆる手段で大衆を懐柔してくるから、時と場合によっては、極論も必要になる場合もある、と考えている。難しいなぁ。この問題の推移を注意深く追わねばならない。

 今年は、地元の北海道江別市が第3ステージのフィニッシュ地点(江別市野幌総合運動公園)になっていますので観に行こうと思っています。多分、2005年以来だと思います。

詳しくは、ツール・ド・北海道 2011 コース情報 で調べることができます。

追記 2011/09/23
2011/09/19、札幌市のモエレ沼公園で行われたタイムトライアルを観に行きました。この日は涼しいぐらいの気温でして、会場でもらったうちわ(写真下)も役立たず。
nippo-01m.jpg

 こういうニュースを読むと「やはり裏でつながっている」と思わざるを得ません。電力会社と地方自治体の長は、グルになっている。国民の安全なんて真剣に考えているとは思えないし、政策の公平性も無しでしょう。国民はだまされている、ということです。こういう連中に、鉄槌を加えてやりたい!

北電の知事献金 5年で240万円 原発推進へ布石か-北海道新聞[道内]

(09/04 06:30)
 北海道電力の役員やOBが、高橋はるみ知事の資金管理団体に個人献金していた問題で、献金額が2009年までの過去5年間で少なくとも計約240万円に上ることが、北海道新聞の調べで分かった。同社役員らは自民党の政治資金団体にも献金している。政治資金規正法上の問題はないが、市民団体からは「原発政策推進のための組織ぐるみの献金だ」との批判が出ている。<北海道新聞9月4日朝刊掲載>

 もう5日ほど雨が降り続いていますが、豊平川や石狩川の増水が心配です。ここ北海道江別市では被害が出ているのか分かりません。被害が出ないことを祈るばかりです。紀伊半島に大きな被害をもたらした台風12号が温帯低気圧となって北海道にも被害をもたらしています。

石狩、十勝で記録的豪雨 JRは229本運休-北海道新聞[道内]

5232_1.jpg(09/06 12:08、09/06 14:10 更新)
 台風12号から変わった温帯低気圧と、太平洋を北上中の台風13号の影響で、道内は6日も胆振、石狩地方などで24時間降水量が9月の観測史上最大を観測するなど、局地的な大雨が続いた。雨のピークは過ぎたが、雨雲が東へ移動しながら7日未明まで降り続く見通しで、札幌管区気象台は引き続き土砂災害などに警戒を呼びかけている。

 JR北海道によると、函館線、石勝線などの一部区間で運行を見合わせ、特急40本を含む計229本が運休となった。札幌-釧路間の特急や普通列車の一部区間は、終日運行を見合わせる。

 道警交通管制センターによると、6日正午現在、高速道路は道東道のトマム-十勝清水間の1路線1区間、国道4路線8区間、道道46路線51区間が通行止めとなっている。

 道教委と札幌市教委によると、石狩や胆振管内などで小中高・特別支援学校66校が臨時休校し、小中14校が始業時間を繰り下げた。

radiko-Hokkaido.gif 今日(2011/04/20)から、北海道地区のラジオ局が『radiko.jp』に参加 4月20日(水)10時より実用化試験配信を開始、ということで聴いてみました。パソコンで聴けるのはいいですが、お世辞にも音質が良いとはいえません。音質重視で聴くには「電波」で聴いた方が良いです。

『radiko.jp』に、北海道地区のラジオ局が新たに参加、4月20日(水)10時より、『radiko.jp』の実用化試験配信を開始、10月の本配信を目指します。 新たな参加局は、HBCラジオ、STVラジオ、ラジオNIKKEI、AIR-G'(FM北海道)の4局、実用化試験配信の実施エリアは北海道となります。

北海道に住んでいる人は、こちらから聴くこと出来ます。 FM 北海道

 寒さと大雪がここ数日続いています(北海道江別市)。室内にいても、灯油の FF ストーブをフルに焚いていますがなかなか暖かくなりません。灯油代も83円/リットル(コープさっぽろ)になっていて、値上がりが心配です。近所でも、雪かきが盛んに行われています。

札幌などで大雪 道内荒れ模様続く-北海道新聞[道内]

7510_1.jpg 大陸からの強い寒気の影響で、道内は南西部を中心に8日朝にかけ大雪となった。3連休の初日、札幌などで多くの市民が朝早くから雪かきに励んだ。

 同日正午までの24時間降雪量は、恵庭市島松で30センチ、胆振管内安平町で28センチ、後志管内倶知安町で27センチ。札幌市は25センチに上った。また、同日朝は十勝管内陸別町で氷点下25・5度を記録、この冬一番の冷え込みとなった。

 道警交通管制センターによると同日正午現在、高速道路は札樽道の小樽-札幌間など3路線5区間、道道は1路線1区間が通行止め。JRは快速エアポート2本が手稲-小樽間で部分運休。フェリーは利尻-礼文間と奥尻-江差間の計3便、空の便も中標津-新千歳間の2便が欠航した。一方、北海道電力によると7日、1日の消費電力量が1億2965万7千キロワット時と、昨年2月5日の記録を更新し過去最大となった。降雪と寒さで暖房やロードヒーティングによる電力消費量が伸びたためとみられる。

 札幌管区気象台によると、10日には再び強い冬型の気圧配置となり、荒れた天気となる見通しだ。

 北海道5区の補選に投票するため行ってきました。日本をこれまでガタガタにした保守政治家を落選させるために投票してきました。国会議員のバッチを外せば、ただの汚いジジイ。ただのジジイに戻してやろう。

激突:衆院道5区補選 あす投開票 投票率50~60%前半? /北海道 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

毎日新聞 10月23日(土)10時35分配信
 ◇主要3陣営、低めの予想
 菅改造内閣発足後初の国政選挙となる衆院道5区補選が24日投開票される。前回09年8月の衆院選での投票率は76・32%だったが、補選は低投票率となる傾向があり、今回も主要3候補陣営は投票率を50~60%台前半と低く見積もっている。投票は8市区町村、計176カ所で行われ、投票時間は原則として午前7時~午後8時。各市区町村ごとに即日開票される。【岸川弘明、和田浩幸、円谷美晶】
 00年に春秋の統一補選方式が導入されて以降の衆参補選は計34回行われ、投票率は40~50%台が約6割を占める。前回09年10月の補選は政権交代を起こした衆院選から2カ月弱で行われたため、参院神奈川選挙区が28・67%▽同静岡選挙区が35・64%と、低調だった。

 北大初のノーベル賞受賞者ということで、特に北大関係者、学生、卒業生は喜んでいるでしょう。私の父も、北大の学生だった(北大中退した)こともあり喜んでいました。東北大学では、2002年の田中耕一さんが受賞しており、北海道大学からも受賞者がでないかと待っておりました。

 鈴木教授は、北海道江別市に在住ということで、同じ江別市民として大変名誉なことです。
江別市  おめでとうございます。 鈴木章・名誉教授 2010年のノーベル化学賞受賞決定!

鈴木章氏、北大初のノーベル賞受賞者 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

スポーツ報知 10月7日(木)8時0分配信
 スウェーデンの王立科学アカデミーは6日、2010年のノーベル化学賞を、製薬や電子産業など幅広い分野で使われる有機化合物の合成技術を開発した鈴木章・北海道大名誉教授(80)と、根岸英一・米パデュー大特別教授(75)に授与すると発表した。日本人のノーベル賞受賞は益川敏英・京大名誉教授ら4人が受賞した08年以来、2年ぶり。化学賞では下村脩・米ボストン大名誉教授に続き計7人に、ノーベル賞全体では計18人となる。鈴木、根岸両氏に加え、リチャード・ヘック米デラウェア大名誉教授(79)も、今年の同賞を受賞した。

 3氏の受賞理由は「有機合成におけるパラジウム触媒によるクロスカップリング」。安定しており反応させづらい炭素原子同士を、金属のパラジウムを含む物質を加えることで容易に結合させることを可能にした革新的な技術だ。3氏は、別々の物質を反応の目印として使い、それぞれ効率を飛躍的に上昇させた。

 道内で大雨がありましたが、幸い、江別市での被害は、テレビ等を観ている限りではないようです。良かった。被害に遭われた方々には、お見舞い申し上げます。江別市でも大雨は降ったのですが、幸い大丈夫のようです。

道内大雨 東川で道路陥没 車3台転落、男性死亡-北海道新聞[道内]

(08/24 12:08、08/24 19:57 更新)
 道内は24日、発達した低気圧の影響で、未明から各地で記録的な激しい雨に見舞われた。上川管内東川町勇駒別の道道では、忠別川にかかる上忠別橋の付け根部分の道路が陥没し、車3台が転落した。道警が付近を捜索し、橋から約200メートル下流の川岸で男性1人が倒れているのを発見したが、死亡が確認された。また、道路が流されるなどして東川町の天人峡温泉で電気や電話が不通となり、断水している。

 札幌管区気象台によると、1時間当たりの雨量は、日高管内平取町仁世宇で58・5ミリ、石狩市厚田で53・5ミリ、札幌市42・0ミリなどと、道内7カ所で1976年のアメダスによる観測開始以降、最大を記録した。

32042931.JPG 夕張市の財政破綻が発覚(2006年6月中旬)しておよそ2年が経ちます。その間テレビ等で報道されていてこの破綻の事実は知っていますが、しかしながら、詳しくは知らない人が多いでしょう。やはり詳しく知るためにはこのような本を読むしかないでしょう。

 夕張が自分の街でない人でも、最近の自治体財政状況ではいつ我が街が破綻するかもしれません。江別市は夕張にも近いし歴史的・地政学的状況は違うにしても、なぜ破綻が起きたのか知っておくことは大事だと思います。そう、いま思い出しましたが、江別市は夕張を含めた旧産炭地から移り住んだ人も多いと聞いています。

 この本は、私が個人で買って読んだものではありません。江別市情報図書館から借りて読んだものです。仮に、江別市が財政再建団体に転落したら、公立図書館も廃止され図書館から新刊を借りて読むということもできなくなります。もちろん、お金がありさえすれば個人で買って読むことはできます。でも、私みたいに年間100冊を目標に読んでいる読書家にとっては、年間100冊は買えません。仮にお金があってもです。置き場のことを考えると、そう簡単に本を増やすことはできないからです。スチールの本棚4つを所有していますが、これ以上は増やせません。

 このように、身近なところから考えても地方自治体の財政再建団体になるということは、市民生活に大きな影響があります。自治体運営の公立病院も廃止になるかもしれません。公立病院に大きく依存しているところでは、それこそ市民の健康生活に大きな影響は避けられません。公民館だって廃止になるかもしれません。市民の流失も招くかもしれません。

 このように、いろいろな影響が大きいことを新聞記者の目を通して書かれています。300頁を超える本ですが、読み通せる本ですし是非読んでみることをお勧めします。私は、いまの夕張市民が18年かけて632億円もの借金を返さなければならないのはあまりにも過酷だと思い、夕張市の多くの市民が、多数市外に出ていったらどうなるのだろう? という考えがあって読んでいました。江戸時代の農民が多額の年貢の取り立てに耐えきれず逃散していった事実があるように。だが、この本に書かれている夕張市民の声を読んでいたら、私の夢想も地に足がついていないものであることがだんだん実感して反省しているしだいです。地に足がついている議論でないといけません。

 この本を読んでみて、自治体の首長の「暴走」がいかに恐ろしく影響甚大かがわかります。アイデア首長といわれる人が全国にいますが、結果的に悪い方向にアイデアを出して暴走していくなら、どんなに恐ろしい結果を招くかが書かれています。しかも、市長の多選(中田鉄治元市長の場合6選!)が重なると最悪です。多選を続けるていくと、段々人の意見も聞き入れていかなくなるのが常です。謙虚さが失われワンマンになっていきます。(p141 によると、中田鉄治元市長という人物は、助役時代に吉田久元市長に「てめえ、この野郎」と怒鳴ったこともあったと書かれています。この事実一つとっても中田氏がどういう人物かが透けて見えてきます)。自治体の首長ともなると、いろいろな人が接触してくるのだそうですが、中には詐欺師みたいな人や自分たちの利益しか考えていないコンサルタント等が首長に入れ知恵をしています。それをうまく取捨選択できる能力がないと夕張のようなことになりかねないとこの本を読んで感じました。

 (注)夕張市図書館は廃止されましたが、この本の p242 によると、図書館に代わって図書コーナーが保健福祉センター内に開設されたとあります。ただ、蔵書数は3分の1に減らされ図書館予算はゼロです。これは厳しい。

 (注)実質負債632億円のうち、地方債残高などを除いた360億円を20年程度で返す再建計画だ。

 (注)p292 の夕張の生活保護率のところで26.3%(1000人に占める割合)とあるのは、26.3人のミスプリントであろう。同じく11%とあるのは、11人のミスプリントであろう。

著者/訳者名 読売新聞東京本社北海道支社夕張支局/編著
出版社名 梧桐書院 (ISBN:978-4-340-40121-5)
発行年月 2008年03月
サイズ 319P 20cm
価格  1,680円(税込)

 外務省も、日本の外務省ではなくなって、アメリカ軍のイヌと化してしまっている。独立国家として恥ずかしくないのか? アメリカのいいなりにならないと日本は生きていけないとでも考えているようだ。これは、明らかに間違っている。独立国家としての誇りはないのか。朝鮮半島情勢を見ても、金正日がアメリカに向けてミサイルを発射するとは、到底考えられない。体制の維持が唯一の目的なのだから。むしろ、日本の政治情勢を見渡して、例えば、日本の自衛隊による補給活動に民主党が反対した事や、民主党が、議員を根こそぎにして訪中団を送り込んだ事など、かつての従順な日本ではなくなりつつある情勢をもめざとく察知して活動しているものと思われる。一種の恫喝なのだ。もちろん、日本のどの港でも自由に使えるように既成事実の積み重ねを行ってもいるのだ。そもそも日米地位協定自体が不当なものなのだ。
政治 北海道新聞

米艦入港拒否の小樽市に...外務省が圧力? 「優先すべきだ」「能力に欠ける」(02/01 07:12)

 【小樽】米海軍の揚陸指揮艦「ブルーリッジ」の七-十一日の小樽寄港要請を、商船のバース(岸壁)利用とかち合うため断った小樽市に、外務省から圧力とも取れる問い合わせやバース利用状況の照会が相次ぎ、市幹部に困惑や反発が広がっている。

 市によると、要請を断った一月二十八日から三十一日にかけ、同省北米局の課長補佐クラスから電話が十回近くあり、日米地位協定室長が直接、市役所を訪れた。同室は「個別のことは言えないが、一般的な意見交換のため」と説明する。

 ただ、市幹部によると、外務省は「米軍側は一月十六日に入港を伝えたんだから、商船との競合が分かった二十五日の判断より優先すべきだ」「(ブルーリッジが入港できるよう)調整しないのは港湾管理者としての能力に欠ける」とまで言ってきているという。別の幹部は「ある種のプレッシャーだ」と打ち明ける。

 これまで、商船を優先するという前提を主張し続けたうえで米軍艦船を受け入れてきた山田勝麿市長も「商船を追い払ってまで入れるとしたら、まるで軍港だ」と話す。

 市側には、外務省が管轄外の港湾法に基づく港湾管理者の権限や総務省所管の地方自治に口を出すことへの疑問もある。

 小樽のケースの今後は、地位協定を盾に「本来は米軍艦はいつでも好きなときに好きな港に入れる」といわんばかりの同省と、自治体との攻防の試金石にもなりそうだ。

 年末、なにかと忙しい時に空模様があれるといろいろと影響があります。が、移動しないで家でじっとしている人達にとっては、低気圧もあながち悪くはないです。南風の暖かい風が吹き込んで、家の灯油代が助かります。2007/12/27の江別での最低気温-18℃の時は、ストーブを焚いても室内がなかなか暖かくならなかったが、今日みたいに、日中、+2℃前後では、灯油も食わないし、室内もそれなりに暖かくて助かるというものです。今年もいろいろありましたが、年末、そして新年を迎えようとしています。

 このように、緊急事態でもないのに民間空港を利用する既成事実づくりを着々と進めています。見過ごすことが出来ないじたいが進んでいます。アメリカの戦略(=戦争)体制に組み込まれていきます。日米地位協定があるが故にいまだにアメリカに占領されている状態が続いています。

 札幌市にあるモエレ沼公園はすばらしい公園です。


 灯油を購入する時期になりました。私のところでは、10月11日に購入しましたが、灯油価格は、79円/リットル(配達・消費税込み)でした。

ページ選択

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち北海道関連カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日記・一般です。

次のカテゴリは野鳥・関連です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2017/01/19 05:44:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07