「コンピューター関連」のアーカイブ

 とんでもないソフトをインストールしちゃいけないよ。利用者をだまして使わせ色々情報を収集していたのだろう。違法なこともしていたかもしれない。とんでもない会社だ。何年か前は「Baidu Type」と言っていたソフトだよね。今は「Baidu IME」というソフト。
中国製の日本語入力ソフト 入力情報を無断送信 NHKニュース

中国最大手の検索サイト「百度(バイドゥ)」が提供する日本語の入力ソフトが、パソコンに打ち込まれたほぼすべての情報を、利用者に無断で外部に送信していたことが分かりました。
セキュリティー会社は、機密情報が漏えいするおそれもあるとして、利用には注意が必要だと指摘しています。

アメリカのグーグルに次いで世界2位の検索サイト、中国の「百度」は、4年前から「Baidu IME(バイドゥ・アイエムイー)」という日本語の入力ソフトを無償で提供していて、おととしまでに180万回ダウンロードされるなど、利用が広がっています。
このソフトは、初期設定ではパソコンの情報を外部に送信しないと表示していますが、セキュリティー会社のネットエージェントなどが分析したところ、実際には国内にある百度のサーバーに情報を送信していることが分かりました。送っている内容は、利用者がパソコンで打ち込んだほぼすべての情報と、パソコン固有のID、メールや文書作成ソフトなど利用しているソフトの名前です。
また、百度がスマートフォン向けに提供している「Simeji(シメジ)」という人気の日本語入力ソフトも、情報の送信を行っていることが確認されました。
こうした入力ソフトは、グーグルや日本のジャストシステムなども提供していますが、情報を外部に送るのは利用者が許可した場合だけで、具体的な内容は分からないようにしています。
これについて百度の日本法人は、情報を送信し、一定期間保存していることを認めたうえで、「ネットを使って変換の候補を表示したり、変換の精度を向上させるために利用している。説明が不十分な点は、利用者が安心できるよう分かりやすく改善していきたい」と話しています。
調査に当たったセキュリティー会社、ネットエージェントの杉浦隆幸社長は、「入力情報とパソコンのIDを一緒に送信していることから、利用者のことを詳しく分析することができてしまう。企業の機密情報などが漏れるおそれもあり、利用する際には注意が必要だ」と話しています。

 nasne (ナスネ)に、外部ハードディスクをつなげる場合に注意すべき点。

①nasne (ナスネ)に対応しているUSB 2.0のハードディスクドライブを選ぶ。
フォーマットを FAT32 にしなければならない。FAT32 にするツールが付属しているものか、予め FAT32 になっているハードディスクドライブを買う。最近の Windows パソコンでは、ツールを使わないとフォーマットを FAT32 にできないので注意が必要。

②具体的には、BUFFALO製の「HD-LSU2D」シリーズ。私が買ったのは「HD-LS2.0TU2D」 あらかじめフォーマットが NTFS になっているのでハードディスクドライブ内の付属のツールで FAT32 にします。

③nasne HOME で外部ハードディスクを「登録と削除」できます。

 新しいノートパソコンは、VAIO S です。初め、届くのに四週間かかるとメールに書いてあったのですが、ソニーストアーに注文して約二週間で届きました。二週間で届いたのには嬉しかったです。

 カスタマイズして注文したのですが、注意したことはメモリーをたくさん積むこととグラフィック・アクセラレーター(NVIDIA GeForce GT 640M LE GPU(専用ビデオメモリー2GB))を専用の物を載せました。プロセッサーは、それほど重視しないで Core i3-3120M(2.50GHz)にしました。

 OSは、Windows 8 64ビット版です。初め、使いづらいなと思いつつ使っていましたが、でも、次第に慣れたこともあり新しい便利な機能も知り「なかなか良くできているOSだな」と思うようになりました。更に、起動が速いこと、スリープ機能から戻るのも問題なくトラブルもなく便利だと感じてます。メモリーをたくさん積んでいる(12GB)からかもしれませんが、あらゆる動作にストレスをあまり感じなく快適です。
vaio-s-01.jpg

 こんなことがあるのかと驚いてしまいました。Twitterで知ったのですが、それまでは全く知らなかった。いい記事なので私のブログに載せておきます。

台湾製パソコン基板、小さな字で「日本に神のご加護を」

2012.6.27 09:56 [台湾]
 私たちの知らないところで、私たちの知らない人が、私たちが遭遇した困難のために祈ってくれている。東日本大震災に際して、世界中の人々から多くの救いの手が差し伸べられたことは記憶に新しい。が、私たちが知らないこんな話もあった。(フジサンケイビジネスアイ)

 先日、フェイスブックの会員の間で反響を呼んだ1枚の写真があった。写真は何の変哲もないただのパソコン基板。だがよく見ると小さな字で「God Bless Japan(日本に神のご加護を)」と祈りの言葉が印刷してあったのだ。

 基板とはパソコン内部に装填(そうてん)されている主要部品で、普段はまったくユーザーの目に触れることはない。そこに日本への思いやりのメッセージがあった。 会員からは次々と「ありがとう。感激です」「感動した」など感謝のコメントが書き込まれた。同時に、いったい誰が、何のために、パソコンの内部基板にこのようなメッセージを印字したのだろうかと、大きな話題となった。

 「日本に神のご加護を」と印字された基板を搭載したパソコンを製造したのは台湾のASUSで、同社も日本から問い合わせがあるまではこの事実を認知していなかったようだ。ASUSによれば、印字は同社の技術者が独断で行ったことで、誰かは特定できていないがたぶん日本の一日も早い復興を祈ってやったのだろうとのことで、本件は黙認しているそうだ。

 一人の台湾人技術者が独断で思いつき、会社の許可も得ずに印字した日本の復興を祈るメッセージが、マスコミではなくソーシャルメディアを通して日本人の心を揺さぶった。「神のご加護を」は日本では一般的な言葉ではないが、英語圏では最もなじみの深いフレーズの一つで、God Bless JapanのスローガンはTシャツやポスターのデザインとなり、Pray For Japan(日本のために祈ろう)とともに世界中で東日本大震災の義援金集めの標語となった。

 ASUSは台湾の大手パソコンメーカーの一つで、同社には技術革新やイノベーションの創出と並び謙虚、誠実、勤勉を訴える社是がある。デジタル新時代のリーディングカンパニーを目指すと標榜(ひょうぼう)する一方で、企業人として誠実さと勤勉さを忘れまい、と明確に会社の哲学を従業員に訴えている。

 台湾の技術者は何を思って「日本に神のご加護を」という文字を印字してくれたのだろうか? 大災害への同情心からか、日本に多くの友人がいたからか、それとも単に日本が好きだからなのか? そして、考えてみた。もし台湾に大災害が起こり、日本の技術者が誰の目にも留まらないだろうからと、会社の許可も得ず、「ガンバレ台湾」と台湾向け製品の基板にメッセージを印刷したら、会社は黙認するだろうか?

 ASUSの社是「Integrity(誠実)」が重く、価値あるものに感じられた。(実業家 平松庚三)

 リリースされてからしばらく経ちましたが、今日、重い腰を上げて「Java SE 7」をインストールしてしてみました。「Java SE 7」をインストールするのに躊躇していた理由は、どれをダウンロードしていいか分からずあきらめていました。

 しかし、こんなことではいけないと思い直し、私の場合だと、「Java SE Runtime Environment 7」の32ビット版をダウンロードすればいいのだと気を付けながらやりました。

 まず、「Java SE Runtime Environment 7」は、Java SE Downloads を開いて、「JRE」の下の「Dowelord」アイコンをクリックし、Accept License Agreement のラジオボタンをチェックして「Windows x86 Offline」の「jre-7-windows-i586.exe」をダウンロードすればいいのです。64ビット版は、「jre-7-windows-x64.exe」です。

 OS が32ビット版では「jre-7-windows-i586.exe」をダブルクリックして指示に従えばよいです。この場合、ブラウザを閉じなくて、そのまま実行した方が良いみたいです。

Java7.gifコントロールパネルから「Java」をクリックしてバージョンを確かめているところです。

 久しぶり(3年ぶり?)にデスクトップ・パソコンの内部を開けてホコリを掃除しました。デスクトップ・パソコンは、部屋の集塵機ですね!。エアダスターでホコリを飛ばしてみるとすごかった。もちろん、掃除機で吸い込みながらでないとダメです。エアダスターでホコリを徹底的にブローしました。

 最近、部屋の温度が少し上がると、デスクトップ・パソコンのファンの音が大きくなりがちでした。もっと早く気が付けばいかったのですが、でも、遅まきながらも掃除して良かったです。相当詰まっていたからです。パソコン内部から火が出なくて良かった。

 今回の教訓。半年に1度くらいは掃除すべきです。掃除したあと、デスクトップ・パソコンは静音そのものになりました。掃除したあと、最初に電源を入れて気が付いたのですが、iTunes を再生してみると音が出ません。どうも設定が、デフォルトでは、USB オーディオデバイスになるようで、私は、アナログのスピーカーをつないでいるので音が出なかったのが原因です。スピーカを外すとデフォルトになるようです。

 デスクトップ・パソコンは、アップデート完了しました。ノートパソコンは、早急にアップデートしなければなりません。

「Java SE 6 Update 26」公開、17件の脆弱性を修正 -INTERNET Watch

 米Oracleは7日、Java実行環境「Java SE Runtime Environment(JRE)」の最新版となる「JRE 6 Update 26」(バージョン1.6.0_26)を公開した。Windows版、Solaris版、Linux版がJavaのサイトよりダウンロードできる。Windows版では、Javaのコントロールパネルからもアップデート可能。

 Oracleのアドバイザリによると、JRE 6 Update 26では17件の脆弱性を修正。「Critical Patch Update」と位置付けており、ユーザーに対してできるだけ早く適用するよう推奨している。

 脆弱性はリモートから任意のコードを実行される可能性があるもので、そのうち9件では、CVSSによる深刻度評価が最高の「10.0」となっている。

 Oracleはあわせて、Java開発環境の「Java SE Development Kit(JDK)」についても最新版の「JDK 6 Update 26」を公開している。

 とにかくアップデートしておきました。アップデートの仕方は、以下を参照のこと。
☆Flash Playerの最新版公開、危険度の高い脆弱性を修正 - 日下部理恵のブログ

「Adobe Flash Player 10.3」公開、Android 3.1もサポート -INTERNET Watch

 米Adobeは12日、「Flash Player 10.3」をWindows/Mac OS/Linux/Android向けに発表した。安定性を改良し、セキュリティーとプライバシー保護を強化しただけでなく、オーディオやビデオなどの利用能力を向上させたのが特徴。Android 3.1ユーザーにとっては、Flash Player10.2に比べ、パフォーマンスが向上したという。

 Flash Player 10.3のおもな特徴は4つ。1つ目はデスクトップ版のみに対応しているメディア測定機能で、Flash PlayerとAdobe SiteCatalystを組み合わせることで、わずか2行ほどのコードを追加するだけで、ビデオコンテンツの配布状況や再生傾向などの統計データを収集できる。携帯向けサポートは今後リリースされる予定だ。

 さらに、デスクトップ版のみに提供されるのは、アコースティックエコーキャンセル機能だ。これにより、電話やゲーム内のボイスチャット、グループ会議アプリケーションなどで高品質のオーディオ利用が可能になる。機能としては、アコースティックエコーキャンセル、ノイズ抑制、音響アクティビティの検出、複数のマイクレベルの自動補正が含まれている。特にエンドユーザーはヘッドセットなしでも、高品質のオーディオにより会話しやすくなることが期待される。

 プライバシー保護機能も強化され、Flash Playerの中に蓄積されているローカルストレージをブラウザー設定画面から削除できる。これまでFlash PlayerのローカルストレージはAdobeのウェブサイトにアクセスして削除しなければならなかった。

 このほか、Mac OS自動アップデート通知機能をサポートし、セキュリティ機能を強化している。

 アイ・オー・データ機器の USB接続ハードディスク「HDC-EU2.0K(I-O DATA 東芝<レグザ>対応 USB 2.0/1.1接続 外付型ハードディスク 2TB HDC-EU2.0K)」を購入してみました。これまでも、ここの会社の外付けハードディスクは、数台購入しています。

 早速、ノートパソコンに接続してみましたが、ハードディスク自体は認識されるのですが、書き込みが出来ません。いろいろ調べてみましたところ、既存のアイ・オー・データ機器の2台のハードディスクのためにインストールしてあったユーティリティー「エコ番人(eco番人)v1.4」が新しいハードディスクには対応しておらず、仕方なく削除したところ、正常に書き込むことが出来るようになりました。同じ会社の機器でも、製造年や型番が違うと、ユーティリティー自体が悪さをすることを知りました。

HDC-EUKシリーズ | サポート | 外付型ハードディスク(HDD) | IODATA アイ・オー・データ機器

 「問題となったチップセットは「インテル6シリーズチップセット」と呼ばれ、新CPUとそれに対応したチップセットを搭載したノートPCであれば、従来に比べて、グラフィック処理性能などが大幅に向上し、外出先でも従来のデスクトップPC並みの動画再生が可能になる。」ということをどこまで信じたらいいのか、素人の私にはわかりませんが、でも、こういう事態なのであれば、夏までパソコンを買うのを控えるのもいいかもしれないように思います。

インテル不具合発生で出荷停止!日本PCメーカー大打撃のワケ (夕刊フジ) - Yahoo!ニュース

夕刊フジ 2月14日(月)16時57分配信
 米半導体大手インテルは、1月から出荷を開始した「チップセット」の一部に不具合があるとして、同製品の出荷停止や出荷済み製品の交換対応を開始した。この影響で、NECなど国内パソコン(PC)メーカーは大揺れで、家電量販店も頭を抱えている。

 チップセットとは複数のLSI(大規模集積回路)や回路などを組み合わせたもので、CPU(中央処理装置)を頭脳とすれば、その命令を通達する手足の役目を果たしている。

 問題となったチップセットは「インテル6シリーズチップセット」と呼ばれ、1月から出荷を開始したインテルの「新世代Core(コア)プロセッサーファミリー」に対応したもの。新CPUとそれに対応したチップセットを搭載したノートPCであれば、従来に比べて、グラフィック処理性能などが大幅に向上し、外出先でも従来のデスクトップPC並みの動画再生が可能になる。

 今回の不具合は、SATAと呼ばれるポートに接続したハードディスクやDVDドライブなどの性能が、時間の経過によって低下するというもの。米インテルでは出荷停止と回収を決定した。

 とりあえずアップデートしておきました。Flash は、あらゆるウェブサイトで使われているので、常に最新版を使いたいものです。

「Flash Player 10.2」正式版公開、Stage Video技術に対応、脆弱性の修正も -INTERNET Watch

 米Adobe Systemsは8日、Flash Playerの最新バージョンとなる「Flash Player 10.2」の正式版をリリースした。Stage Videoによるハードウェアアクセラレーションに対応するなどの新機能が追加されたほか、深刻な脆弱性の修正も行われている。Windows 7/Vista/XPおよびWindows Server 2008/2003、Mac OS X 10.6/10.5/10.4(Intel CPU)、Linux、Solarisに対応しており、同社サイトより無料でダウンロードできる。

 Flash Playerにおけるハードウェアアクセラレーション対応は、バージョン10.1においてすでにH.264のデコードで導入されていた。これに対してStage Videoは、ビデオレンダリングの過程全体をハードウェアアクセラレーションで高速化するものだという。CPUやメモリーの使用量を大幅に減らしながら高フレームレートの高品質動画を再生でき、Adobe LabsによればCPU使用量を最大85%削減できるとしている。

 このほか、Internet Explorer 9(IE9)のハードウェアアクセラレーションによるグラフィックレンダリングにも対応した。また、複数モニター環境でのフルスクリーンモードに対応し、片方のモニターでフルスクリーン表示しながら、別のモニターで作業できるようになった。

 修正された脆弱性は、CVEナンバーベースで13件。深刻度は4段階中で最も高い"critical"というレーティングで、アプリケーションをクラッシュさせ、攻撃者にシステムを乗っ取られる恐れがあるものだという。Flash Player 10.1.102.64以前のユーザーに対して、最新版へのアップデートを推奨している。

fj01_s.jpg 何やら新しい規格「無線LANを利用してPCの画面を転送し、テレビに表示できる無線映像伝送方式「Intel WiDi」」が話題のようです。次から次と新しい規格が出てくるので、ブログ記事にして忘れてもすぐ読めるようにしておきます。富士通のパソコンは、最近買ったことがありません。Windows 3.1 の時代にデスクトップ・パソコンを買ったことがありますが、随分むかしになります。

富士通、Intel WiDiに対応したノートPC「LIFEBOOK」春モデル -INTERNET Watch

 富士通株式会社は、個人向けPC「FMVシリーズ」の2011年春モデルを発表した。ノートPC「LIFEBOOK」シリーズおよびデスクトップPC「ESPRIMO」シリーズの合計22機種を20日より順次発売する。

 Intelの第2世代Core iシリーズ(開発コード名はSandy Bridge)を合計10機種で搭載したほか、新たなラインナップとして、専用メガネをかけずに3D映像を楽しめる23ワイド液晶一体型「FH99/CM」を追加した。

 また、「LIFEBOOK」シリーズの4機種では、無線LANを利用してPCの画面を転送し、テレビに表示できる無線映像伝送方式「Intel WiDi」に対応した。ハイビジョン画質もサポートしている。

 私のブログで Mac に関連した話題を取り上げるのは初めてです。それだけ、私は Mac と縁遠かった。1台くらいあってもいいなとは思います。ソフォスがこの無料のセキュリティ・ソフトを配布するのは、市場を開拓したいのでしょう。

ソフォス、個人向けにMac用セキュリティソフトを無料配布 -INTERNET Watch

 ソフォス株式会社は8日、個人ユーザー向けにMac用セキュリティ対策ソフト「Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition」を無料で提供すると発表した。対応OSはMac OS X 10.6~10.4で、CPUはIntelとPowerPCに対応する。

 「Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition」は、ウイルス、ワーム、スパイウェア、トロイの木馬などのマルウェアの検出・駆除に対応するセキュリティ対策ソフト。バックグラウンドに常駐して自動検出を行うほか、手動によるスキャンや、既に感染している場合の駆除・隔離にも対応。Mac OS Xを対象とした攻撃だけでなく、Windowsを対象とする攻撃にも対応する。

 ソフォスでは、Mac OS Xの市場シェアが拡大するにつれ、Macも犯罪者の標的となる可能性があるが、個人ユーザーの大半はまだ保護対策の必要性を理解していないとして、セキュリティ対策製品を無料で提供することにしたと説明。無料版は個人使用のみで、サポートは提供されないが、ソフォスではサポート専用のフォーラム(英語版)を設置し、ユーザー間でMacのセキュリティに関する疑問や回答を交換できるようにしている。

ページ選択

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちコンピューター関連カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはウイルス関連です。

次のカテゴリはサーバーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2017/01/19 05:44:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07