☆最近の読書109『TPP亡国論 集英社新書0584』

| コメント(0) | トラックバック(0)

TPP1106007095.jpg著者 中野剛志/著
出版社名 集英社
発行年月 2011年03月

本の内容
平成の開国と喧伝されるTPPの実態は日本の市場を米国に差し出すだけのもの。デフレの深刻化を招き日本経済の根幹を揺るがしかねないのだ。冷静に経済的国益を考え、安易な賛成論を論破する。

目  次
第1章 TPPの謎を解く
第2章 世界の構造変化を読む
第3章 貿易の意味を問い直す
第4章 輸出主導の成長を疑う
第5章 グローバル化した世界で戦略的に考える
第6章 真の開国を願う

ISBN 978-4-08-720584-8

著者情報
中野 剛志(なかの たけし)
1971年、神奈川県生まれ。京都大学大学院工学研究科助教。東京大学教養学部(国際関係論)卒業。エディンバラ大学より博士号取得(社会科学)。経済産業省産業構造課課長補佐を経て現職。専門は経済ナショナリズム。イギリス民族学会Nations and Nationalism Prize受賞

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/1834

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2013年8月 6日 17:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆最近借りた本『昭和史入門』」です。

次のブログ記事は「☆nasne (ナスネ)に、外部ハードディスクをつなげる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 381
トラックバック: 186


最終更新日:2014/04/02 22:56:12

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07