☆最近借りた本『昭和史入門』

| コメント(0) | トラックバック(0)

showashi.jpg

著者 保阪正康/著
出版社名 文藝春秋(文藝春秋)
発行年月 2007年04月
サイズ 244P 18cm

本の内容
もし自分があの時代に生きていたらと思いを馳せ、史実を謙虚に見つめ、62年と2週間の長きにわたった「昭和」という時代の顔を明確に描き出す。歴史に学ぶ、国民必携の入門書。

目  次
第1章 昭和という時代の俯瞰図(六十二年と二週間
初めと終わりでまったく異なった"天皇の姿" ほか)
第2章 軍事主導体制の崩壊 昭和前期(なぜ軍事主導体制ができあがったか
天皇の「御楯」という特別の存在 ほか)
第3章 再生日本と新生日本の対立 昭和中期(八月十五日に共通する"涙"
大日本帝国の戦争決算 ほか)
第4章 経済大国の表と裏の構図 昭和後期(吉田茂「日米安保調印は私一人で行う」
時代を動かした田中角栄 ほか)
第5章 昭和を語り継ぐ精神(一対一対八の法則
証言をごまかそうとするタイプ ほか)

ISBN 978-4-16-660564-4

著者情報
保阪 正康(ホサカ マサヤス)
1939年、札幌市生まれ。同志社大学文学部卒。ノンフィクション作家。編集者時代の72年『死なう団事件』で作家デビューして以来、個人誌「昭和史講座」を主宰して数多くの歴史の証人を取材、昭和史研究の第一人者として2004年、第52回菊池寛賞を受賞した

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/1833

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2013年7月27日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆第24回 えべつやきもの市 北海道江別市 2013/07/13~14」です。

次のブログ記事は「☆最近の読書109『TPP亡国論 集英社新書0584』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1631
コメント: 381
トラックバック: 185


最終更新日:2014/07/07 14:21:12

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07