☆<北海道>過去10年で最も寒い冬 4月中旬まで低温傾向

| コメント(0) | トラックバック(0)

 北海道江別市でも寒い日が続いています。暖かくならないので積もっている雪が解けません。そのせいで自転車で遠くにも行けません。新札幌の本屋にも行きたいのですが。更に、イオン江別店にも行けません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120325-00000013-mai-soci
■<北海道>過去10年で最も寒い冬 4月中旬まで低温傾向

毎日新聞 3月25日(日)10時0分配信
 今冬(11年12月~12年2月)の北海道内は、01年以来11年ぶりに3カ月連続して平均気温が平年より低くなり、3カ月を通した気温は過去10年で最も低い平年比マイナス1.2度だったことが、札幌管区気象台のまとめで分かった。一方、降雪量は平年よりやや少なかったが、寒さのため雪が解けず、地域によって積雪が極端に多くなった。

 気象台によると、冬季3カ月の平均気温は▽札幌が氷点下3.6度▽旭川が同7.6度▽釧路が同4.9度▽函館が同3.2度。主要22観測地点の平年差を平均すると、12月は1度、1月は1.1度、2月は1.6度、それぞれ低かった。

 22観測地点の降雪量は3カ月全体で平年の97%。平年を上回ったのは半数以下の9地点だったが、積雪は19地点が平年を超え、岩見沢と函館で観測史上最多を記録した。

 道内は24日も冬型の気圧配置で、午後3時までの24時間降雪量は▽えりも町41センチ▽広尾町30センチ▽大樹町27センチ--など。札幌や釧路でも4~5センチの雪が降った。稚内市沼川や中頓別町など3カ所では最低気温が氷点下10度以下だった。気象台の3カ月予報では、4月中ごろまでは低温傾向にあるが、後半からは春らしい暖かさが期待できそうだという。【大場あい、吉井理記】

☆今日気になった新聞記事(2012/03/25)

  1. 女性靴下フェチ、わいせつ画像...墜ちた"県庁の星"たち
  2. INAC近賀同点弾!米に逆転勝ち
  3. 京川3戦4発!ロンドン五輪猛アピール
  4. なでしこVS米国 親善試合4日前にも非公開練習試合

1 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120325-00000538-san-soci
■女性靴下フェチ、わいせつ画像...墜ちた"県庁の星"たち

産経新聞 3月25日(日)18時7分配信
【衝撃事件の核心】

 関西広域連合の構成自治体である徳島県。近畿の府県にもなじみ深くなった徳島県庁に昨年暮れ、"激震"が走った。「将来の県庁幹部候補」と期待されていた男性副課長が逮捕されたのだ。事もあろうに容疑は民家に干してあった女性ものの靴下を盗んだ住居侵入と窃盗の罪。当初、下着ならぬ「靴下泥棒」という謎めいていた事件は県庁内の捜索で盗んだとみられる多数の靴や靴下などの物証が出てきたことから、マニア的な犯行と判明した。先ごろ、元副課長への判決公判があり、徳島地裁は執行猶予付き有罪判決を言い渡した。県は再発防止策を打ち出しているが、今度は徳島県大阪本部でセクハラ問題も発覚。信頼回復の道のりは険しいようだ。(谷田智恒)

 ■裁かれた「県庁の星」

 3月5日の昼下がり。徳島市の徳島地裁で窃盗事件の判決公判が開かれた。合議裁判でない、単独裁判官による裁判だったが、傍聴席には大勢の報道記者らが詰めかけ、満席となった。

 同じ民家に3回侵入し、庭に干してあった女性用靴下を盗んだとして窃盗罪などに問われたのは元徳島県政策企画総局副課長の男性被告(46)。昭和63年採用、平成10年から財政課に配属されたエリート県職員。昨年5月から政策企画総局副課長に就いていた。

 徳島地裁の入江恭子裁判官は「自らの性欲を満たすために勤務時間の昼休みを利用して複数回にわたり女性用の靴下を盗み、規範意識の欠如も甚だしい犯行」と断罪。「女性や家族に不安感と大きなショックを与えたが、社会的制裁を受けて再発防止を誓っている」と述べ、懲役1年、執行猶予3年(求刑・同1年)の有罪判決を言い渡した。

 判決後、入江裁判官は「繰り返し被害に遭われた女性がどれほどの不快感を受けたのかをよく考え、今後の生活にも十分注意してください」と説諭。女性裁判官の視線は厳しく、大柄の元副課長を威圧した。

 ■昼間の休憩時間に犯行

 事件は昨年12月5日午後0時半ごろ、徳島市八万町で起きた。民家庭先の洗濯物干し場で不審な男が干してあった女性ものの靴下2足(約300円相当)を盗んだのを付近で警戒中の徳島東署員が現認した。走り去ろうとした男を近くの路上で呼び止め、住居侵入と窃盗で現行犯逮捕した。

 12月に入り、同民家に住む20代の女性の靴下が盗まれる事件が発生。家族からの被害届を受けた同署の近隣住民への聞き込み捜査で「昼間の時間帯に不審な男がよく来ている」との目撃情報が寄せられ、捜査員が張り込み警戒していた。

 捜査関係者によると、女性と家族は元副課長とは面識がなかった。元副課長は逮捕された日は普段通りに出勤しており、昼間の休憩時間に犯行に及んでいた。「逮捕時は抵抗もせず、"逃走劇"もなかった。『午後に会議が入っているのだが...』と本人は観念した様子だった」と捜査幹部。

 職員逮捕を受け、川長光男・企画総務部長らが記者会見。川長部長は「不祥事根絶に努める中、『情けない』『悔しい』という言葉しか出てこない。県民に深くおわび申し上げます」と謝罪したが、被害女性との接点や犯行動機など「全くわからない」とし、「(逮捕当日も)朝から普段通りで変わりはなかった」と釈明。謎めいた事件の解明は県警による家宅捜索まで、待たねばならなかった。

 ■公用車を犯行に使用

 「以前から女の靴下に興味があった...」。調べに元副課長はこう供述したという。県警は逮捕翌日、勤務先の県庁4階・政策企画総局を家宅捜索。元副課長の机やキャビネットから女性用のブーツやサンダル、靴下、ストッキングが大量に見つかり、押収された。

 県警はその後の捜査で元副課長が逮捕前の昨年11月16日と12月1日にも同民家で靴下を盗んでいた容疑も固め、追送検。5日の犯行の際は自転車で現場に行っていたが、1日は県庁出先機関への出張途中で公用車を使っていたことが判明。近隣住民がドアに車両番号が記載された公用車とみられる車を目撃していた。

 公用車をめぐっては県には苦い過去がある。平成20年9月に出先の東部県土整備局の職員が起こした強制わいせつ事件でも犯行に使用されていたのだ。しかも、懲戒免職になった同職員は免許を取り消されており、無免許運転だった。この事件を教訓に、県は公用車と判別しやすいように「徳島県」と車両番号が記されたステッカーをドアに取り付け、行き先や時間を記入する使用簿を導入するなど使用ルールを厳しくしていた。

 また、同じ年に収賄や盗撮など不祥事が相次いだため、県職員の倫理意識を高めるコンプライアンス(法令順守)推進対策も強化。20年9月に全庁横断的な「コンプライアンス統括本部」を設け、12月には知事直轄組織の監察局を設置。皮肉にも元副課長は「コンプライアンス推進員」として、職場研修への参加を呼びかけたり、職員が自己検証のために記入したチェックシートを点検したりする立場だった。

 県職員へのボーナス支給日の昨年12月8日、県庁内に笑みがあふれる中、元副課長は懲戒免職となった。「当たり前のことだが、彼にボーナスを渡すわけにいかなかった。過去に積み上げたキャリアも認められない」と県幹部は話した。

 ■わいせつ画像パソコン放置も

 年が明けて県は1月18日、靴下窃盗事件を受けての臨時部長会議を開催。その席で各部局のコンプライアンス推進員で構成する「推進員会議」新設や、公用車ステッカーの視認性向上、私物に関する所属一斉の整理整頓など、新たな不祥事防止策を通達した。

 そして県庁にとっても"厳しい冬"が過ぎ去り、迎えた今回の判決。県は判決を受け、「コンプライアンス意識の周知徹底が不十分だった」として元副課長の上司に当たる政策企画総局の男性総局長(41)、男性副総局長(56)、男性次長(54)の3人を文書訓告処分とした。

 すべて終わり気持ちも新たにしたいところだが、新たな問題が浮上する。

 次の舞台は県大阪本部(大阪市中央区南船場)。同本部に勤務していた40代の男性係長が同本部の共有ファイルサーバーに知人女性とのわいせつ画像や動画を保存していたとして、昨年10月に文書訓告処分を受けていたことが判明。この問題をめぐっては同本部の女性職員が弁護士を立て3月5日、男性係長をわいせつ物陳列罪で大阪府警に告発状を提出(13日受理)する騒動になった。

 県監察局などの調べでは、男性係長は昨年1月21日、同サーバーに女性の裸体が含まれたわいせつ画像など私物データを誤って保存したとしている。県警から監察局へ出向している企画幹は「あくまで過失と認定されたので人事課へ報告した。故意であれば、捜査対象になる」と話した。

 告発状によれば、男性係長がサーバーに保存していたのは女性が男性の性器を口に含んでいる写真や動画、女性の全裸写真など。「女性職員のほか、当時大阪本部に勤務していた男性職員ら2人もわいせつ画像を見ている」としており、真相の解明が待たれる。

 女性職員の代理人の斎藤浩弁護士は「県はわいせつ画像パソコン放置を過失犯として考え、懲戒でない措置を取った。過失でも、あのようなわいせつ画像を職場パソコンに置いた人物を係長として仕事に従事させているのは異常」と批判。不祥事が発生するたび、根絶に向けた取り組みが打ち出されるが、"想定外"の事態が続く。「喉元(のどもと)過ぎれば...」の感は否めない。

2 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120321-00000013-sanspo-socc
■INAC近賀同点弾!米に逆転勝ち

サンケイスポーツ 3月21日(水)7時51分配信
 九州新幹線全線開業1周年記念エキシビションマッチ(20日、鴨池陸上競技場)なでしこリーグ昨季王者のINAC神戸は、米国女子プロリーグ・スカイブルーFCを相手に2-1で逆転勝利。0-1の後半5分、FW川澄奈穂美(26)からパスを受けたDF近賀ゆかり(27)が同点弾を決めた。「良性発作性頭位めまい症」からリハビリ中のMF沢穂希(33)はベンチ観戦。チームは21日、沖縄に移動する。

 モクモクと煙を吐く桜島のように、くすぶり続ける攻撃力が爆発した。1点を追う後半5分、ゴール前でボールを保持した川澄が、右からペナルティーエリアに侵入した近賀に絶妙のパス。近賀は角度のない位置から豪快にネットを突き上げた。

 「クロスの選択もあったけど、(裏をかけば)GKの反応が遅れると思って蹴りました」

 前半から一本調子にクロスをほうり込むも、体格で勝る米国DFにはね返された。そこで自らゴールに突進。なでしこジャパン不動の右サイドバックは、昨季リーグ戦で16試合1得点と堅実すぎた。「もっと点に絡め」とシュート意識を植え付けたINACの星川敬監督は「いい判断。攻撃的SBであることを証明した」とご満悦。4カ月後のロンドン五輪へ、クールビューティーが牙を研ぐ。 

3 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120325-00000016-dal-socc
■京川3戦4発!ロンドン五輪猛アピール

デイリースポーツ 3月25日(日)8時4分配信
 「親善試合、INAC神戸3-0スカイブルーFC」(24日、沖縄県総合運動公園陸上競技場)

 INAC神戸は24日、沖縄市内で米国女子プロサッカーリーグの強豪・スカイブルーとの親善試合第2戦に臨み、FW京川舞(18)の2ゴールなどにより3‐0で快勝した。INAC神戸は2‐1で勝った鹿児島での第1戦に続き、2連勝で締めくくった。今回の合宿後、U‐23代表のフランス遠征に帯同する京川は直近の3試合で4発と、A代表入りへ猛アピール。MF沢穂希(33)が「良性発作性頭位めまい症」で不在の中、高卒新人が存在感を示した。

 本気でロンドンを目指している。まだ、あきらめていない。そんな情熱がピッチであふれ出た。京川が2発。世界ランク1位に君臨する米のDF陣をけ散らし、沖縄の観衆を魅了した。

 圧巻だった。0‐0で折り返した後半、風上で前掛かったMF南山のゴールで先制した。2分後、FW川澄のパスに反応した京川が左45度の角度から右足を振り抜いた。GKが伸ばした指にかすりもしない軌道で、ゴール右隅へ。技ありの一発が相手の戦意を喪失させた。

 「枠に行け!という感じでけったので、あんなコースに行くとは思わなかった」。照れたものの、反省を即、結果につなげる能力が秀でている。星川監督からは「あまり動くな。センターバックの2枚の間でうまくかけひきしろ!!」の指示。後半は「自分が引いて受けると大野さんのスペースが消えるから」と、前線でDFを揺さぶり、司令塔のパスを待った。

 後半25分、大野から縦に通ったボールを、今度は「苦手な」左足でゴール。「こんなに自分にラストパスが来るのかと思う。新しく入ってきた選手を生かせるこのチームのすごさ」と、ぜいたくな環境に感謝した。

 日韓チャンピオンシップに続く2ゴールで、3戦4発の大暴れ。「こういう場を大事にしていけばチャンスはあると思う。ロンドンを目指して頑張りたい」。U‐20代表から飛び級で五輪へ。京川の青写真には、明確にそう描かれている。

4 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120322-00000299-sph-socc
■なでしこVS米国 親善試合4日前にも非公開練習試合

スポーツ報知 3月23日(金)8時3分配信
 なでしこジャパンが、世界ランク1位の米国と異例の非公開練習試合を行うことが22日、分かった。キリンチャレンジ杯の米国戦(4月1日、ユアスタ)に向け、26日から宮城合宿が開始。28日に同県内で対戦予定。今季のプロリーグが中止され、実戦経験を積みたい米国と、強豪と多くの対戦を望む日本の思惑が一致した。メンバーは23日に発表される。

 親善試合の4日前に、同じ相手と異例の練習試合が行われることになった。日本サッカー協会関係者は「アメリカとは28日に練習試合をやる予定です。互いに1つでも多く試合をやりたいので」と明かした。試合方式などは未定で、国際Aマッチにもカウントされない方向で話が進んでいる。

 米国はリーグと一部クラブ間で法的問題がこじれ、2月に今季リーグ戦の中止を発表。代表選手のほとんどが国内でプレーしているため打撃は深刻だ。2月のアルガルベ杯で日本と対戦した際も、出場17人中14人が無所属だった。代表活動を長く取れる利点はあるが、真剣勝負の相手がいない。現在は国内でユース世代の男子などと試合を行っているという。

 日本にとってもメリットは大きい。次の代表活動は6月のスウェーデン遠征までなく、1試合でも多くのガチンコ勝負を経験した方がいい。有料試合の直前に開催されることもあり、試合は非公開で行われる予定だ。なでしこの非公開試合はドイツW杯直前のスウェーデン戦(11年6月23日、1△1)以来。この練習試合をプラスにして、W杯準決勝ではスウェーデンを3―1で破った。

 米国のエースFWアビー・ワンバック(31)はすでに来日しており、残りのメンバーも来週早々には到着予定。世界ランク1位との2試合は、五輪本番に向けて大きな財産になるはずだ。

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/1795

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2012年3月25日 21:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆震災がれき、7市が受け入れ前向き 安全性確認など条件に」です。

次のブログ記事は「☆今日気になった新聞記事(2012/04/03)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1589
コメント: 381
トラックバック: 186


最終更新日:2012/06/06 16:25:48

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07