☆最近の読書104 『評伝ジョージ・ケナン 対ソ「封じ込め」の提唱者』

| コメント(0) | トラックバック(0)

1106066132.jpg 『評伝ジョージ・ケナン 対ソ「封じ込め」の提唱者』を読んでみました。図書館で偶然見つけたもので、素人が読むような本ではないので何か感想を書くには荷が重すぎます。20世紀の政治・外交史では有名なケナン。薄い本なのですが、ルカーチの言い回しに独特なものがあって少し読みづらい本です。

著者/訳者 ジョン・ルカーチ/著 菅英輝/訳
出版社名 法政大学出版局
発行年月 2011年08月
サイズ 274P 20cm
販売価格 3,045円

本の内容
101年にわたる生涯でケナンが主張し続けたものは何であったか?外交官にして、政治学者・歴史家だったケナンにアメリカの良心を見る。

目  次
1 孤独な青年時代
2 国務省外交局の時代
3 アメリカ丸のブリッジに立つ一等航海士
4 ワシントンからプリンストンへ
5 アメリカの良心
6 歴史家
7 哲学、宗教・追憶・晩年

ISBN 978-4-588-36606-2

著者情報
ルカーチ,ジョン(Lukacs,John Adalbert)
1924年ハンガリー生まれ。1946年、共産化するハンガリーを離れ、アメリカに移住する。1947~94年までチェスナット・ヒル・カレッジ(Chestnut Hill College)歴史学部で教鞭をとったほか、ジョンズ・ホプキンス大学、コロンビア大学、プリンストン大学などの客員教授を務めた

菅 英輝
1942年生まれ。現在、西南女学院大学人文学部教授。専攻はアメリカ外交史、国際関係論

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/1685

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2011年9月27日 12:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆<浜岡原発>「津波集中」の立地 東大地震研が海底地形分析」です。

次のブログ記事は「☆最近の読書105 『1968 上下』 小熊英二/著」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1581
コメント: 381
トラックバック: 186


最終更新日:2012/05/01 18:16:41

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07