☆「Opera 11.01」リリース、深刻な脆弱性の修正

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ノートパソコン(Vista 32ビット版)でアップデートをしましたが、何故かブラウザーのメニューが英語になってしまいました。デスクトップ・パソコン(XP SP3)では問題なくアップデートできました。いろいろ試行錯誤を繰り返しましたが、設定で直すことができました。設定を開きます(Ctrl+F12)。「日本語(JP)[ja-JP]」を選択して「OK」しますと日本語のメニューになります。

「Opera 11.01」リリース、深刻な脆弱性の修正 -INTERNET Watch

 Opera Softwareは27日、「Opera 11.01」をリリースした。Windows版、Mac版、UNIX版が同社サイトよりダウンロードできる。深刻な脆弱性や不具合の修正を行っており、セキュリティや安定性の向上のため、アップデートを推奨している。

 脆弱性の修正は、Windows版で6項目、Mac版とLinux版でともに5項目。危険度が5段階中で最も高い"Critical"の脆弱性も含まれる。この脆弱性は、ウェブページに大きなフォーム入力がある場合に、Operaがクラッシュするというもの。場合によってはメモリー破損を引き起こし、コードを実行される恐れもあるとしている。

 Opera 11.01では脆弱性修正のほか、ユーザーインターフェイスや表示、スクリプティングなどの面で多数の不具合修正や改善も行われた。また、DOM Level 3のDOMStringListインターフェイス(window.DOMStringListオブジェクト)を新たにサポートしたという。

追記 2011/01/29
Opera 11.01 にアップデートしたら、メニューが英語になったというのは、私だけではなさそうです。私のブログのアクセス解析を見てみますと、この問題で私のブログにアクセスされている方が多いです。

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/1554

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2011年1月29日 00:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆今日は寒い 北海道江別市」です。

次のブログ記事は「☆マイクロソフト、CD再生時の曲名誤表示で問い合わせ窓口を設置」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1581
コメント: 381
トラックバック: 186


最終更新日:2012/05/02 18:00:12

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07