☆Simple Yearly Archive Plugin をインストールしてみました

| コメント(0)

 Simple Yearly Archive Plugin というのは、WordPress のプラグインで、年別アーカイブを表示してくれるものです。このプラグインは、Simple Yearly Archive ここからダウンロードできます。いつものようにプラグイン・ディレクトリーに入れます。ページに「ショートコード」を入れるだけです。説明は、Simple Yearly Archive Plugin こちらにあります。

ショートコードは、

<!--simple-yearly-archive--> これは、古いバージョンのもの

をページに入れるだけです。ページの題名を「年別アーカイブ」とでもしておき保存します。スラッグを「yearly-archives」とでもしておきます。

設定で、Date format を「Y年m月d日」としておくと、日本語のサイトらしくなります。オプションは、お好みでチェックします。

できたサイトが こちら です。

追記 2011/12/23
このプラグインの作者は、ドイツ語を使っていて、私にはドイツ語がわからないのですが(ドイツ語のサイトをスクロールしますと英語版の同じ内容になります!)、シートコードを

[SimpleYearlyArchive]
と書くのが良いみたいです。少なくとも、バージョン1.2.5 では、こちらのショートコードを書かないと正常に表示されないようです。あるバージョン(1.2)から仕様が変わった模様です。シートコードには、オプションもあります。
SimpleYearlyArchive.gif
追記 2012/04/25
日付のフォーマットを、バージョン 1.2.6 より「%G年%m月%d日」に変更します。

追記 2012/05/24
日付のフォーマットを、日本語が使えないようなので「%G-%m-%d」に変更。(日本語を使うと文字化けする。使う方法がわからない)

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2010年8月 6日 03:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆PageExporter および AssetExporter プラグイン: 小粋空間」です。

次のブログ記事は「☆WordPress 3.0.x でマルチサイト機能を設定する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 381
トラックバック: 185


最終更新日:2014/05/27 02:18:09

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07