☆WordPress のプラグイン「Custom Post Template」

| コメント(0) | トラックバック(0)

 すばらしい WordPress のプラグイン「Custom Post Template」を見つけました。これは、簡単に申せば、ある一定の書式に則って(上部に数行書く、下の枠を参照)書いたテンプレートを WordPress の「テーマ」のところにアップロードしておけば、ブログ記事を書く時に管理画面からそのテンプレートを選択できる機能を持たせたプラグインです。「ページ」に関しては、標準で同じ機能がありましたが、ブログ記事ではありませんでした。

 同じことを Movable Type では、比較的簡単にできましたので WordPress でもできないかなと、ずーと思い続けていました。

<?php
/*
Template Name Posts: Snarfer
*/
?>
「Snarfer」が、テンプレート名で管理画面に表示されます。もちろん、自分でわかりやすいものに変えても良いです。日本語にしても良いです。この書式の後にテンプレートタグを記述してテンプレートを完成させ、そのファイル名を「1-single.php」とでもしてお使いの「テーマ」のディレクトリーにアップロードしておきます。すると、ブログ記事を書く時に管理画面からそのテンプレートを選択できます。


投稿する画面のここからテンプレートを選択できます!
post_template.jpg
追記 2011/04/21
このプラグインを使った特徴的な例をブログ記事に書きました。
☆【メモ】 WordPress のブログで投稿する時にサイドバー無しで広く表示する » 日下部理子のブログ

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/1183

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2010年7月17日 15:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆アクセスカウンター表示用プラグイン「Counterize II EXTENSION」」です。

次のブログ記事は「☆沈没事故で父失った生徒、教諭「暴言」で適応障害」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 381
トラックバック: 186


最終更新日:2014/04/12 00:44:34

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07