☆WordPress ユーザーの種類と権限

| コメント(0) | トラックバック(0)

 WordPress において、ブログの管理者が各ユーザーにたいして利用できる機能を制限・開放する時に、それを制御できるプラグインがいくつか公開されています。この権能を利用する時がくるかもしれませんので、ここにブログ記事にしておきます。日本語では、以下のサイトで読むことができます。英語では、http://codex.wordpress.org/Roles_and_Capabilities で読むことができます。最後の方には、これらをプラグインで実現できるためのリンクがあります。

ユーザーの種類と権限 - WordPress Codex 日本語版

WordPressのユーザーレベルシステムはブログの管理者が各ユーザに対して利用できる機能を制限・開放できるように設計されています。管理者は記事の投稿・編集、ページの作成、リンクの定義、カテゴリーの追加、コメントの承認、プラグインの管理、テーマの管理、他のユーザの管理等の機能へのアクセスや、それらを管理する権限を持っています。さらに、管理者はユーザレベルの調節をすることもできます。

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/1176

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2010年7月10日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆WordPress でパンくずリスト・プラグインを使う」です。

次のブログ記事は「☆CharsetEncoder プラグイン(Movable Type 5)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1547
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/21 12:13:35

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06