☆「Firefox 3.6.4」公開、プラグインがクラッシュしても落ちない新機能

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「サードパーティプラグインクラッシュ保護機能」というのが搭載されました。今まで長いこと使っていますが、クラッシュしたことはありません。いずれにしても Mozilla Firefox は核になるブラウザですから進化し続けてほしいです。

「Firefox 3.6.4」公開、プラグインがクラッシュしても落ちない新機能 -INTERNET Watch

 米Mozillaは22日、Webブラウザーの最新バージョンとなる「Firefox 3.6.4」を公開した。Windows版、Mac OS X版、Linux版があり、日本語版も用意されている。ただし、新機能のサードパーティプラグインクラッシュ保護機能は、Windows版とLinux版のみとなる。また、今回のアップデートでは、7件の脆弱性を修正するとともに安定性に関する複数の問題も修正されている。

 Firefox 3.6.4では、FlashQuickTimeSilverlightのプラグインが動作しているページで、それらのプラグインがクラッシュした場合、そのページの一部分の動作を止めるだけで、ブラウザー自体は動作し続けられるように保護する。プラグインを含むページのコンテンツは、そのページを再読み込みすることで、再び動作させることができる。

 Mozillaでは、すべてのサードパーティ製プラグインに対して同様のクラッシュ保護機能を提供したい考えだ。しかし今回のバージョンでは、この3つのプラグインに対してのみ機能が提供される。

 Mac OS X版にこの機能が提供されない理由は、設計に大きな変更が必要になるためだとしている。Mac OS X版にこの機能が提供される最初のバージョンは、Firefox 4になるという。

 また、この機能はFirefox 3.5以下の古いバージョンには提供されない。そのため、Firefoxの全ユーザーが最新版のFirefox 3.6.4にアップデートすることを勧めている。Mozillaによると、Firefoxに発生する全クラッシュの約3分の1がサードパーティ製プラグインによるものと見ており、この機能を重要視している。

 Firefox 3.6.4は、いわゆるセキュリティや安定性を向上するためのアップデートであり、通常は新機能を搭載することはない。しかし、クラッシュ保護機能は、安定性を著しく向上させるものであり、できるだけ早く新機能や改良をユーザーに届けるため、あえて搭載することにしたと説明している。

 Firefox 3.6.4にアップデートするには、「ヘルプ」メニューから「ソフトウェアの更新」を選択するか、Firefoxのウェブサイトから最新版をダウンロードしてインストールすればよい。

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/1167

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2010年6月23日 17:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆WordPress 3.0 日本語版リリースのお知らせ」です。

次のブログ記事は「☆最近の読書96 『敗戦後論』<加藤典洋/著>」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1547
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/21 12:18:01

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06