☆脆弱性を修正した「Opera 10.54」、Windows版とMac版をリリース

| コメント(0) | トラックバック(0)

 Opera は、私的にはナンバーワンのブラウザなので、即、アップデートしておきました。

脆弱性を修正した「Opera 10.54」、Windows版とMac版をリリース -INTERNET Watch

 ノルウェーのOpera Softwareは21日、Webブラウザーの最新バージョン「Opera 10.54」をリリースした。Windows版で5件、Mac版で4件の脆弱性を修正しており、Opera Softwareではユーザーにアップデートを推奨している。

 Windows版で修正したうちの1件は、Windows OSにおけるフォント処理の脆弱性に対応するもので、ウェブフォントを悪用してOperaブラウザーを通じて攻撃される恐れがあるという。本来はWindows OSの脆弱性であり、すでにMicrosoftでも6月の月例セキュリティパッチ「MS10-032」で対処済みだが、同パッチを適用していないシステムにおいてもこの脆弱性が悪用されないよう、Opera 10.54側でもこの攻撃を防ぐよう対応をとったかたち。

 Windows版のそのほかの4件およびMac版の4件については、今のところ深刻度のみ明らかにされており、詳細は後日公表するとしている。

 Mac版では脆弱性の修正のほか、マウス操作やIME入力などインターフェイス面での不具合修正も行われている。

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/1164

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2010年6月22日 16:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆最近の読書95 『敗戦の逆説 戦後日本はどうつくられたか』<進藤栄一/著>」です。

次のブログ記事は「☆Flash Playerの脆弱性を悪用、改ざんサイト訪問でウイルス感染の危険」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1547
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/21 12:18:01

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06