☆「Firefox 3.6.2」公開、危険度の高い脆弱性を修正

| コメント(0) | トラックバック(0)

 デスクトップ・パソコンもノートパソコンもアップデートしておきました。

「Firefox 3.6.2」公開、危険度の高い脆弱性を修正 -INTERNET Watch

 Mozillaは22日、Webブラウザー「Firefox 3.6.2」を公開した。最新版では危険度の高い脆弱性を修正しているため、Mozillaではユーザーに対して早急にアップデートするよう推奨している。

 Firefox 3.6.2では、Firefox 3.6で追加された「WOFF」形式フォントの展開処理に関する脆弱性を修正している。この脆弱性が悪用された場合、ブラウザーのクラッシュが引き起こされ、任意のコードを実行させられる危険がある。

 脆弱性の修正以外では、マウスホイールに関するバグや、アニメーションGIFの表示不具合、Mac OS Xでファイル名に空白を含むローカルファイルを開けない問題などを修正している。

 Mozillaでは、Firefox 3.6.2のリリースを3月31日に予定していたが、スケジュールを前倒しして22日に公開。WOFF形式フォントの脆弱性以外にも、多数のセキュリティ問題の修正を行っているが、現時点では脆弱性情報については準備中だという。

 Firefox 3.5やFirefox 3については、WOFF形式フォントの脆弱性の影響は受けず、予定通り3月31日にアップデートが公開される予定。なお、バージョン番号が「Firefox 3.6」から「Firefox 3.6.2」に上がっているが、「Firefox 3.6.1」はモバイル版Firefox 3.6に相当するバージョンとなり、デスクトップ版のリリースは無いとしている。

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/1120

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2010年3月24日 04:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆「Opera 10.51」公開、JavaScriptをさらに高速化」です。

次のブログ記事は「☆ノートパソコンにワンセグチューナーをつなげました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1547
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/21 12:26:10

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06