☆「Firefox 3.6」公開、プラグインチェックなど新機能を搭載

| コメント(0) | トラックバック(0)

 少し賞味期限が過ぎていますが、アップデートしておきました、ということを記しておきます。しかしながら、問題があるようで Java Console のアップデートが何度も出ておかしいようです。バグだと思います。また、「プラグインチェックツール」を搭載ということですが、そもそもプラグインにこっそりトロイの木馬が仕込まれウイルスチェックをすり抜けた場合の危険性まではチェックしてくれないのは「実証済み」ですね。

「Firefox 3.6」公開、プラグインチェックなど新機能を搭載 -INTERNET Watch

 Mozillaは22日、Webブラウザー「Firefox 3.6」を公開した。Windows版、Mac版、Linux版が、Mozillaのサイトからダウンロードできる。

 Firefox 3.6では、ブラウザの外観を変えられるテーマ機能「Personas(ペルソナ)」を新たに搭載。従来のテーマ機能とは異なり、ブラウザーの再起動が不要で即座に変更が反映されるようになった。また、MozillaではPersonasのテーマをダウンロードできるサイトも公開しており、既に4万以上のテーマが登録されている。

 セキュリティ関連では、インストールされているプラグインの状況を確認する「プラグインチェックツール」を搭載。安全性や安定性に問題のあるプラグインを検出した場合には警告を表示し、配布元から最新版をダウンロードできるようにした。

 また、日本政府のGPKI(政府認証基盤)に対応し、GPKIが「信頼されたルート証明機関」としてFirefoxの証明書データベースに登録され、電子政府システムの利用に際してルート証明書のダウンロードやインストールを行う必要がなくなった。

 レンダリングエンジンには、「Gecko 1.9.2」を採用。JavaScriptの実行速度も、Firefox 3.5に比べて20%以上高速化した。このほか、HTML5/CSS3への対応強化、ダウンロードフォントでのWOFF(Web Open Font Format)への対応、加速度センサーAPIへの対応などを行っており、Windows 7にも正式に対応した。

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/1094

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2010年2月16日 01:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆「Flash Player」脆弱性修正版が公開」です。

次のブログ記事は「☆バンクーバーオリンピックライブストリーミング(NHK)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1547
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/21 12:33:30

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06