☆WordPress Related Post for Japanese (関連投稿表示プラグイン)

| コメント(0)

 WordPress Related Post for Japanese (関連投稿表示プラグイン) をインストールしてみました。何かおもしろそうなので入れたわけです。今までは、そしてこれからも Simple Tags を使って「タグ」が同じものを「関連する投稿」として表示しているわけですが、今度のプラグインは、原理が違うようです。難しいことはよくわかりませんが、少し様子を見てみようと思っています。ただし、サーバーの容量を食うのが気になるところです。

WordPress Plugins/JSeries ? WordPress Related Post for Japanese (関連投稿表示プラグイン)

Yahoo! Japan が提供する日本語形態素解析APIを利用して、WordPress の投稿をアナライズし、自動的に投稿の下部に「関連する記事」へのリンクを付与するプラグインです。

WordPress 2.6 以降で動作します。

MySQL は 5 系で確認。 PHP は 5 系が必要です。(Yahoo! API の XMLパースに simpleXML ライブラリを利用しているためモジュールがロードされている必要があります。)

2009/09/15 にバージョン 1.52 にアップデートされました。

(wp_)morpheme テーブル容量(辞書)は (wp_)posts の容量に比例し、その7倍~10倍程度の大きさになります。多くの投稿をもつブログでは注意してください。

作者さんのサイト

追記 2009/09/23
 このプラグインをインストールしてから1週間が経ちましたが、私の感想は、すばらしいの一言です。非常に優秀なプラグインです。心配していた、サーバーの容量も、今のところそれほど増えていないようです。

追記 2010/02/11
 心配していたサーバーの容量消費は、かなり増えました。このプラグインを使い始めてから今までで 160MB 増えました。これは、かなり問題です! もう少し様子を見てからこのプラグインを使うのを止めにするかもしれません。いいプラグインなんだけどなー。

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2009年9月17日 01:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆WordPress の管理画面が白くなる」です。

次のブログ記事は「☆独Aviraの無料ウイルス対策ソフトが10周年、年末までに日本語版も」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 381
トラックバック: 185


最終更新日:2014/05/27 02:19:48

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07