☆Delphi汚染ウイルス、「Vector」「窓の杜」収録ソフトに感染確認

| トラックバック(0)

 ウイルスに感染しているソフト名がわかったので、私がダウンロードしていないか確かめてみました。幸い、ウイルスに感染しているものをダウンロードはしていませんでした。
Delphi汚染ウイルス、「Vector」「窓の杜」収録ソフトに感染確認 -INTERNET Watch

 オンラインソフトのダウンロードサイト「Vector」で公開されていた一部ソフトに、プログラム開発環境「Delphi」を狙ったウイルス「Induc」が感染していたことがわかった。Vectorが対策を実施した21日20時40分時点で公開されていたソフトのうち、1人の作者が開発した7タイトルに感染していたという。

 ウイルス感染が確認されたのは、「BellTheCat 3.60/3.61/3.62」(ダウンロード数14件)、「BOB 3.22」(同13件)、「Clips 8.61」(同15件)、「HiG(BeS Tools)4.00」(同28件)、「kOSU 1.41/1.42」(同13件)の7タイトル。いずれも1人の作者が開発したもので、7タイトルに含まれる12ファイルへのウイルス感染が確認された。

 また、24日1時20分、詳細な検査を実施した結果、23日まで公開されていた「PicBack」(同188件)と「PickBack2」(同 29件)の2タイトル・2ファイル、6月16日から8月5日まで公開されていた「Wise Disk Cleaner 4 Free4」(同8423件)と「WiseRegistryCleanerFree」(同2517件)の2タイトル・7ファイルにも感染の疑いがあることが判明した。

 Vectorは収録するソフトについて、「ウイルスバスター」「ノートンアンチウイルス」「McAfee VirusScan」の3種類のセキュリティソフトでウイルス検査を実施した上で、公開していた。しかし、ウイルス感染が確認されたソフトは8月17日までに公開したもので、各セキュリティソフトのウイルス定義ファイルが当該ウイルスに対応したのが8月18日以降だったため、公開時には感染を確認できなかったとしている。

 また、感染の疑いがあるとしたソフトについては、Vectorが数十種類のスキャナーでウイルス感染の有無を調査したもの。Vectorによれば、一部のスキャナではウイルス感染の恐れがあるという結果が出たものの、「現時点では『ウイルス』と判断できるレベルの調査結果が出ていない」ことから、「感染の疑いがある」として発表したという。

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/132

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2009年8月24日 20:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆Intel Turbo Memory の新しいドライバ出ています(1.10.0.1012)」です。

次のブログ記事は「☆「チラ見」機能 Glance を導入してみました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1606
コメント: 381
トラックバック: 186


最終更新日:2013/05/17 11:06:33

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07