☆最近の読書74 『小泉の勝利メディアの敗北』-<上杉隆/著>

| コメント(0) | トラックバック(1)

31808577.JPG著者/訳者名 上杉隆/著
出版社名 草思社 (ISBN:4-7942-1537-1)
発行年月 2006年11月
サイズ 286P 20cm
価格 1,575円(税込)

 小泉政権の5年半をもう一度ふり返ってみるのに参考になる本ではと思いました。田中真紀子外務大臣をめぐるごたごたが、なんであったのか、もう一度ふり返るべきだと思いました。人気のある政治家であったが、国民は、そしてマスコミも含めて、田中が大臣にすべき器であったのかどうか見誤ったのが決定的でありました。ドーナツ化現象といって、田中の地元の近くの人は、彼女の本性を見破っていた人が多かったのだが、彼女を遠くからみていた人には、それがわからなかった。民主主義というのは、時にしてとてつもないモンスターを選んでしまうということがあるが、典型的なのがドイツのヒトラーである。そこまでは行かないにしても、小小ヒトラーを選出する怖さがありますね。

 北朝鮮に拉致された人々を救出する問題でも、マスコミは当初、取り上げようともしなかったという。いろいろ問題をかかえていた。拉致問題に関わっていた政治家、とりわけ平沢勝栄の問題が書かれています。

 過去、小泉政権について書いた上杉自身の記事を再録し、それに対する反省も書かれている特異な本です。特異といったのは、ジャーナリズム、とりわけ日本のジャーナリズムは、自分の書いた記事の反省文を公にしたりはしないからです。でも、アメリカなどでは、それが当たり前だという。匿名ではなく、実名で記事を書き、政治権力と対峙する、という姿勢は大事なことだと思いました。そこまで、日本のジャーナリストはいっていない。権力をチェックし、きちっと権力に対峙するジャーナリストが求められていると、上杉はいいます。(このブログ記事は、書きかけです)

本の内容
小泉政権の誕生から終焉まで五年半の間、著者は多くのルポルタージュを書いてきた。この間、大方のメディアは著者もふくめて小泉前首相の政治手法や能力を見誤り過少評価してきたのではないか。しかし、結果として彼は予想を裏切り、いくつかの大きな仕事をなしとげ、最期まで高い支持率を維持しながら去っていった。自らをふくめてなぜメディアは小泉前首相を正当に評価できなかったのか。著者自身のルポルタージュ21本をもとに検証と反省をこころみ、小泉政治の本質を考える。

目  次
なぜジャーナリズムは敗北したのか
政権前夜--嵐の前の静けさ
政権発足--テレポリティックス
その人脈と側近たち
聖域なき構造改革--道路公団改革
小泉外交--北朝鮮
抵抗勢力の反撃
靖国参拝
重要法案
郵政選挙
後継者たち
兵どもが夢の跡
唯一の相談役
ジャーナリズムよ率直であれ

著者情報
上杉 隆(ウエスギ タカシ)
1968年福岡県生まれ。都留文科大学文学部英文科卒業。在学中より富士屋ホテルに勤務。大学卒業後、テレビ局報道局に勤務し、その後、衆議院議員公設秘書を務める。1999年7月よりニューヨーク・タイムズ東京支局取材記者となり、2003年よりフリーランス、2006年より朝日ニュースターTV「ニュースの深層」ニュースキャスター

この記事と同じカテゴリの記事

この記事と同じタグの記事

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/156

いやー、個人的にアツイ本に出会いました。小泉政権の振り返りをしている本です。 この本の焦点は、メディアの報道が正しかったのか、というところです。 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2009年7月16日 18:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆ブログに使われているタグの一覧表を表示する」です。

次のブログ記事は「☆「Firefox 3.5.1」公開、JavaScriptの脆弱性を修正」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1606
コメント: 381
トラックバック: 186


最終更新日:2013/05/16 20:57:07

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07