☆「Firefox 3.0.10」公開、前バージョンで発生した不具合を修正

| コメント(0) | トラックバック(0)

 頻繁なバージョンアップですが、アップデートしておきました。Mozilla Firefox は、Operaと共に私の基幹ブラウザだからです。
「Firefox 3.0.10」公開、前バージョンで発生した不具合を修正

 Mozillaは27日、Webブラウザ「Firefox 3.0.10」を公開した。安定性に関わる問題および1件の脆弱性を修正しており、Mozillaでは全ユーザーにアップデートを推奨している。Windows版、Mac OS X版、Linux版の各言語版が公開されており、Mozillaのサイトから無償でダウンロードできる。また、Firefoxのアップデート機能からも更新できる。

 Firefox 3.0.10では、21日に公開した「Firefox 3.0.9」で行った脆弱性の修正により、一部のユーザーが頻繁にクラッシュに遭遇する問題を修正。この問題は、特に「HTML Validator」アドオンのユーザーが影響を受けたが、他のユーザーも一部の状況でこのクラッシュに遭遇していたという。

 また、調査の結果、このクラッシュは過去にセキュリティ脆弱性として特定されたメモリ破壊によるものであることが判明したとして、脆弱性情報も公開。脆弱性としては、4段階で最も高い"最高"レベルの脆弱性であるとしている。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/93

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2009年4月30日 11:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆<豚インフル>新たなウイルスに変異の可能性 専門家の見方」です。

次のブログ記事は「☆ジャック・アタリ 緊急インタビュー - 第2回 世界を襲う5つの波」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1631
コメント: 381
トラックバック: 185


最終更新日:2015/03/19 07:38:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07