☆「Firefox 3.0.8」公開、重要度"最高"の脆弱性2件を修正

| コメント(0) | トラックバック(0)

 とりあえず、バージョン・アップしておきました。
「Firefox 3.0.8」公開、重要度"最高"の脆弱性2件を修正

 Mozillaは27日、Webブラウザの最新バージョン「Firefox 3.0.8」をリリースした。深刻な脆弱性2件を修正している。Windows版、Mac OS X版、Linux版の各言語版が公開されており、Mozillaのサイトから無償でダウンロード可能。同ブラウザのアップデート機能からも更新できる。

 修正されたのは、「MFSA 2009-12:XSLトランスフォーメーションの脆弱性」と「MFSA 2009-13:XULツリー要素を通じた任意のコード実行」の2件。いずれも、重要度が4段階中で最も高い"最高"とレーティングされている。XSLスタイルシートを悪用したり、XULツリーのメソッドを通じてブラウザをクラッシュさせ、攻撃者がターゲットPC上で任意のコードを実行することが可能だったという。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/101

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2009年3月31日 19:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆最近の読書71 『ロックフェラー帝国の陰謀 PART・1と2』」です。

次のブログ記事は「☆Javaの最新版アップデート公開、複数の脆弱性を修正」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1547
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/21 13:52:15

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06