☆「Opera 9.64」公開、脆弱性を修正し、セキュリティ強化

| コメント(0) | トラックバック(0)

 いつもメインで使っているブラウザです。さっそくインストールしました。タブの移動が楽で便利です。
「Opera 9.64」公開、脆弱性を修正し、セキュリティ強化

 ノルウェーのOpera Softwareは3日、Webブラウザの最新バージョン「Opera 9.64」を公開した。Windows版、Mac OS版、Linux版などがあり、同社サイトからダウンロードできる。

 このバージョンでは、いくつかの重要な脆弱性が修正されているだけでなく、安定性も向上。Opera Presto 2.1.1ユーザエージェントエンジンを搭載しているため、すべてのユーザーに対してアップグレードすることを推奨している。

 修正された脆弱性は主に3つ。特殊なJPEG画像によって任意のコードを実行させることができる脆弱性、プラグインがクロスドメインスクリプティングを実行できてしまう脆弱性のほか、現時点では公開されていないが比較的重大な脆弱性が修正されているとされる。

 さらにWindows版では、Windowsプラットフォーム独自のセキュリティ機能が搭載された。まず、Windows XP SP2以降とWindows Server 2003 SP1に搭載されたDEP(データ実行防止)機能や、Windows Vistaに搭載されたASLR(アドレス空間レイアウト無作為化)機能に対応したことが挙げられる。

 また、デジタル証明書の取り扱いをより厳密に行うために複数の問題を修正・改良している。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/119

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2009年3月 5日 07:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆入院患者に本届けます 置戸図書館・赤十字病院 午前注文、夕方手元に」です。

次のブログ記事は「☆無料セキュリティソフト「AVG Anti-Virus 8.5」日本語版公開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1547
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/21 13:55:22

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06