☆さくらのレンタルサーバーがMySQL5.1に対応!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 前から気になっていたことがあります。低価格のレンタルサーバーが何故 MySQL4.0 しか提供しないのかと。Movable Type なら、これでも問題ないですが、WordPress なら、いろいろ問題が出てくる場合があります。特に WordPress のプラグインは、MySQL5.1 を前提につくられている場合がありますから。

データベース(MySQL)|レンタルサーバのさくらインターネット

MySQL5.1に対応!MySQL4.0も選択可能です

これまでご要望の多かったMySQL5.1の提供を開始しました。コントロールパネル上でMySQL4.0とMySQL5.1を選択できます。Webアプリケーションの対応状況にあわせてMySQL4.0あるいはMySQL5.1をお選びください。

 これで、さくらインターネットを使って、WordPress のユーザーは、有利ですね。ただ、人気があるレンタルサーバーですから、混雑が予想されます。Movable Type ユーザーは、ますます、再構築に苦労されるのではないでしょうか。

 最近とみに思うのですが、低価格のレンタルサーバーで Movable Type を再構築するのが困難な状況に陥っているようです。低価格のレンタルサーバーを借りる人が増えていますし、アクセスも多くなり非常に混雑しているように思います。こうゆう状況ですから、Movable Type から WordPress に乗り換える人も増えつつあるようです。Movable Type のスペシャリスト達が、この問題について言及されているのを多く見かけますが、危機意識の現れだと思います。サーバーが混雑して再構築できないようでは、Movable Type から WordPress に流れるのは自然な動向だと思います。Movable Type のスペシャリスト達が、如何に公平に Movable Typeと WordPress の利点と欠点を評論しても、ユーザーは、Movable Type の再構築の困難さを肌身に感じているからです。

 むしろ、スペシャリスト達が行うべきは、Movable Type を使う上で有利なレンタルサーバーを紹介したり、再構築を確実に行えるテクニックを教授すべきでしょう。自分は、自宅サーバーで快適に再構築できても、一般ユーザーは、自宅にサーバーなど設置できませんから、Movable Type の有利性を説いても、前提が違うので説得性を持ちません。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/172

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2009年2月 8日 18:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆作家は、この重大な時に何故発言しないのか?」です。

次のブログ記事は「☆Movable Type 4.23 で、「カテゴリ別ブログ記事リスト」をダイナミックパブリッシングにする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1547
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/21 14:00:04

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06