☆Movable Type 3.36 ⇒ 4.1 にバージョンアップする?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 Movable Type 4.1(2008/01/24に発表・出荷)が出ていますが、3.3X のユーザーは、4.1 にすべきか迷っていると思います。バージョンアップのやり方もシックスアパートのサイト・「Movable Type 3 からのアップグレード」に発表されていますので、大まかなアップグレードの流れはわかりますが、いろいろカスタマイズしている事から、すんなりアップグレードが出来るとは思えません。プラグインも、4.1 に対応しているものばかりを使っているわけでもないし、シックスアパートのサイトの「Movable Type 3 からのアップグレード」方法では事実上不可能だと思います。テンプレートの記述によっては、「サイトの再構築」の時にエラーが出てしまって、最後まで再構築できない場合も想定されます。

 私は、妹の借りているレンタルサーバーで、いろいろ実験させてもらっていますが、今回わかった事は、データーベースの MySQL と WordPress の組み合わせで使っているところに、MySQL と Movable Type をインストールできるという事がわかりました。「データベースを初期化中」と表示されますが、MySQL 全部が「初期化」されるわけではないので安心です。逆に、Movable Type を MySQL で運用しているところに、WordPress をインストールする事は、もちろんできます。

 結論は、3.36 を使い続けた方が良いという事です。MT4.1 をも使いたいなら、MTOS 4.1 を別途インストールして、そこでいろいろ試せばいい。あるいは、自分が改良し続けてきた 3.36 でのテンプレートをあっさり捨てる、という選択肢もあるでしょう。つまり、4.1 を新規にインストールするわけです。テンプレートに愛着がある人には難しい選択肢でもありますが。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/228

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2008年1月30日 00:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆ウェブサイトに RSS Feed(フィード)を表示する」です。

次のブログ記事は「☆Movable Type のオープンソースである MTOS 4.1 日本語版(MTOS-4.1-ja.zip)をインストール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1618
コメント: 381
トラックバック: 186


最終更新日:2013/11/27 04:48:58

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07