☆「官」もネット商店街 格安出店料で地方対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

 この朝日新聞の記事を読んで考えたこと。

  1. これからどんどんネット社会が進んでいくと思われるので、まず、インターネットが苦でない自分に仕上げておくこと、これが何より大事なことだと思います。
  2. 自分のサイトを立ち上げて経験を積むこと。ブログから入っていってもいいし、ホームページを立ち上げてもいい。
  3. ホームページもブログのツールで立ち上げることを考えるべきでしょうね。そうすると、維持やメンテナンスも楽になって継続しやすくなります。例えば、サーバーにインストールする WordPress など。
  4. スタイルシートとHTMLのタグを勉強すること。これの教材は、ブログで。ブログで経験を積むことが大事です。文字を大きくしたり小さくしたりすること。他人の文章を引用してみる、その為のタグを使う。デザインの小さな改良することのこだわりが大事。
  5. その為に、カスタマイズしやすいブログを選ぶこと。exciteブログやgoo BLOG はダメ。livedoorブログやFC2ブログなどがいい。

asahi.com:「官」もネット商店街 格安出店料で地方対策 - 政治

「官」もネット商店街 格安出店料で地方対策
2008年01月05日12時30分

 経済産業省は、インターネット上の仮想商店街「にっぽんe物産市」(仮称)を08年度に立ち上げる。民間の仮想商店街の出店料を負担できない地方の農家など小規模生産者を集めることで販路拡大を助け、地域活性化につなげる狙い。格安の出店料が売りだが、民間商店街からテナントを奪う「民業圧迫」の懸念も出ている。経産省は「すみ分けは可能」と見ている。

 同省は関連予算として来年度に5億円を計上した。各地の特産品を紹介・販売する地域サイトを計30設け、立ち上げ時に1000万円ずつ補助する。サイト同士をつなぐポータル(玄関)サイトの構築に2億円を投じる。

 公募で選んだサイト運営業者が生産者を発掘し、全国各地の消費者や外食産業、小売店などにつなぐ。買い物代金の決済や配送サービスがない簡易型の商店街なので、購入希望者は生産者と直接契約し、決済する。

 民間商店街との最大の違いは、出店料だ。民間では出店に年間数十万円ほどかかるが、e物産市では1万円程度に抑える。「数十万円の年商しか期待できない農家などは、民間の商店街に出店できない」(同省)ためだ。e物産市で売り上げを伸ばした農家などが、決済や配送などのサービスが充実した民間商店街に移る「ゆりかご」の役割を果たせるとみている。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/19

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2008年1月 5日 21:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆秘境100選 Ver2 | 夕張鉄道線の名残」です。

次のブログ記事は「☆秘境100選 Ver2 | 江別キリスト村記念碑」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1547
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/21 17:43:14

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06