☆Six Apart、「Movable Type」をオープンソース化

| コメント(0) | トラックバック(0)

 この話題は、Movable Type を使っている有名ブログでは、取り上げられています。いろいろ読んでみましたが、「12月14日より、Movable Type 4.1 のベータテストも開始されます。」ということで、ベーターテストですから慌てることはないのですが、今後正式版が出ると「どの版を使うか?」ということで少し悩むかもしれません。私は、個人で使っているので商用利用とは違うので「無償版」でも「オープンソース版」でもいいのですが、3.35 を使い続けるには、「オープンソース版」を選択せざるを得ないかもしれません。これは、ライセンスの関係からです。ちょっと、ややこしくなりますね。レンタルサーバーのことも考えないと。というのは、MySQL を一つしか使えないレンタルサーバーの場合、問題ですね。PostgreSQL も使えれば、それを使うという手もありますね(私は、PostgreSQL も使えるので、それでしのぎますが)。WordPress も使っているし、ますますややこしくなってきます!

Six Apart、「Movable Type」をオープンソース化

 米Six Apartは12日、ブログ構築ツール「Movable Type」をオープンソース化し、一般に公開した。

 Movable Typeは、従来からソースコードを確認することは可能で、無料版も提供されてきたが、今回のオープンソース化により、ユーザーはさらにMovable Typeに自由に修正を加え、再配布することが可能となった。配布ライセンスにはGPL(GNU General Public License)を採用する。

 「Movable Type Open Source(MTOS)」という名称で配布されるMovale Typeのオープンソース版は、Movable Type 4のすべての機能を含み、小規模な改良とバグフィックスを行なっている。また、Movable Typeのすべてのプラグイン、テーマ、テンプレート、デザイン、APIが動作するとしている。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/294

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2007年12月13日 23:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆ブログの管理画面にアクセスできなくなりました」です。

次のブログ記事は「☆最近の読書46 『左右の安全』-<アーサー・ビナード>」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1606
コメント: 381
トラックバック: 186


最終更新日:2013/05/02 20:39:32

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07