☆自動更新が適用される前に、IE 7環境を見直しておこう

| コメント(0) | トラックバック(0)

 Internet Explorer 7.0 について包括的に書かれているので有用なサイトだと思いここに採録しておきます。
自動更新が適用される前に、IE 7環境を見直しておこう

 9月3日付けのニュースで報じた通り、Microsoft Update(Windows Update)の自動更新でInternet Explorer(以下IE)7が配信される予定が、日本語版では2008年以後になることが、マイクロソフトの運営するTechNetサイトで明らかにされた。

 以下の記事は、8月下旬までのマイクロソフトから一部のメーリングリスト登録ユーザーに通知された情報などから、9月26日から自動更新によりIE 7へのアップデートが行なわれることを前提として書いたものだ。このため、掲載について検討したが、現在IE 7への移行を検討している、あるいはIE 7にアップデートしたもののIE 6と違う部分で問題が起こっているなどのユーザーには参考になると思われるため、予定通り掲載することにした。

 TechNetでは現在、2008年以後とアナウンスされているが、具体的な時期が明らかになった時点で、この件についてはあらためてまとめたいと考えている。このため、今回はMicrosoft Update/Windows Updateによる自動更新でIEがバージョンアップされる手順や、マイクロソフトが配布するIE 7への自動バージョンアップを防ぐツールについては割愛し、自動更新のスケジュールが明らかにされた後に、改めて最新の情報でまとめてお送りしたい。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/687

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2007年9月 5日 16:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆ソニー製USBメモリのドライバがrootkit的技術を使用、F-Secureが警告」です。

次のブログ記事は「☆謎の日記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1547
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/21 18:03:08

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06