☆ビスタ効果:国内PC販売台数増は1%止まり…発売1ヵ月

| コメント(0) | トラックバック(1)

 XP は、安定しているしね(私はといえば、2GBのメモリーでXP を動かしてますが、トラブルがないです)、あえてVista を選ぶというのは、冒険でもありますね。自分の使っているソフトが動かないのでは、Vista を選ぶ意味があまりせんから。でも、あと半年経つとどうかな? Vista が優勢になるものと予想されます。それから、私も考えることにします!
ビスタ効果:国内PC販売台数増は1%止まり…発売1ヵ月-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

ビスタ効果:国内PC販売台数増は1%止まり…発売1ヵ月

 低迷が続く国内のパソコン市場活性化の切り札として注目された米マイクロソフトの個人向けの新しい基本ソフト(OS)、「ウィンドウズ・ビスタ」。発売1カ月でどれだけパソコンの販売を押し上げる効果があったか調査会社BCNが調べたところ、2月の国内販売台数は、前年同月比で1.2%増だった。プラスに転じたのは13カ月ぶりで、前年同月比2ケタ減の極端な販売不振からはとりあえず脱したが、かつての新OS発売時の勢いはない。ビスタ商戦に期待したパソコンメーカーや家電量販店の期待を下回る結果となった。

 1月30日に発売されたビスタは、01年11月発売の「ウィンドウズXP」以来、約5年ぶりの新OS。インターネット経由の動画視聴やデジタルカメラ画像の編集など、AV(音響・視覚)機能を強化している。

 ただBCNの調べでは、「ビスタを買うと、具体的にどんな新しいことができるようになるのか、消費者には十分伝わっていない」(田中繁広取締役)状態で、発売直後の1週間に売れたパソコンのうち、ビスタ搭載の新モデルは半数の53%。旧OSのウィンドウズXPモデルが42%もあったという。ビスタモデルのパソコンはXPモデルより約4万~5万円も高く、「XPモデルで十分」と考えた消費者が多かったようだ。

 田中取締役は「かつてなら新しいOSが出れば2ケタ増は当たり前だったが、そういう時代ではなくなった。しばらくは前年同月比1ケタ程度の低い伸びが続く」と予想している。【斉藤望】

毎日新聞 2007年3月5日 19時44分

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/699

ウィンドウズ ビスタ研究 - ウィンドウズ ビスタ情報館 (2007年7月21日 14:27)

ウィンドウズ ビスタのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2007年3月 6日 05:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆米軍三沢基地にミサイル防衛の新施設配備へ 不安の声も」です。

次のブログ記事は「☆最近江別市内で注目しているブログを紹介します」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1547
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/21 18:21:39

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06