☆Windows Defenderを使ってみて

| コメント(0) | トラックバック(1)

 マイクロソフトから新しく出たのでWindows Defenderを使ってみました。私の前に使っていたパソコンは、一週間前に壊してしまったので、いまは11月9日に届いたエプソンダイレクト製の「MT7700」というパソコンを使っていますが、新しいパソコンなので「スキャン」して何もおかしなものが検出されないだろうと思っていましたが、しかし、「CnsMin」というものが検出され、大きな脅威だと表示されました。これには、ビックリしました。

 「CnsMin」というものが何なのかまでは説明されませんので、ネットで調べてみましたところ、どうも「JWord」がインストールされていることが原因だということがわかってきました。これは、私がインストールしたものでなく、そもそもエプソンダイレクト社がインストールしてパソコンを届けてくれたものですので、厄介なものをプリインストールしてくれたなと感じました。私は、「JWord」を使いませんので、アンインストールしてもいいと思い「プログラムの追加と削除」から実行しました。その上で「スキャン」したところ、問題のあるものは検出されなくなりました。Windows Defenderは、無償で提供されているもので、すこし使い続けてみようと思います。シンプルなインターフェイスで使いやすいです。

《関連ページ》

Windows Defender とは

Windows Defender は、スパイウェアなどの迷惑ソフトウェアが原因で発生するポップアップ表示、パフォーマンス低下、セキュリティ上の脅威からコンピュータを保護することで生産性の低下を防止する無償プログラムです。このプログラムには、リアルタイム保護機能、検出されたスパイウェアに対するアクションを推奨する監視システム、ユーザーの作業の中断を最小限に抑えて生産性を維持できるシンプルな新しいインターフェイスが備わっています。ダウンロード版の Windows Defender に関しての問い合わせができる、無料のサポート インシデント 2 回分が付いています。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/625

やっと紹介をすることができました。ずいぶん前から進んでいた話ですが、実装完了しましたのでここでご報告を。当社サービス「SNSナビ(http://www.s... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2006年11月12日 22:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆私のメインのコンピューターを壊してしまった!!」です。

次のブログ記事は「☆新しいパソコン自慢」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1606
コメント: 381
トラックバック: 186


最終更新日:2013/05/05 03:43:34

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07