☆WMF形式の画像にDoS攻撃可能な脆弱性、「MS06-001」でも未修正

| コメント(0) | トラックバック(0)

 この辺は、素人にはわからないのですが、セキュリティというのは難しいものなのですね。
WMF形式の画像にDoS攻撃可能な脆弱性、「MS06-001」でも未修正

 セキュリティ関連メーリングリスト「BugTraq」で、Windows Graphics Rendering EngineにDoS攻撃が可能となる脆弱性があることが指摘された。5日にリリースされたセキュリティ修正プログラム「MS06-001」でも、この問題は修正されていない。

 BugTraqへの投稿によれば、悪意のあるWMF(Windows Meta File)形式の画像ファイルにより、ユーザーがこの画像を閲覧した場合にexplorer.exeが再起動するなどの挙動が引き起こされるという。

 マイクロソフトのセキュリティレスポンスセンターの公式ブログでも、この問題を確認したという記事を掲載している。記事によれば、この脆弱性は外部から任意のコードが実行されるといったセキュリティ上の問題はなく、Windowsのパフォーマンスに関する問題だとしている。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/583

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2006年1月11日 01:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆鹿児島県警、ウソの供述を強要 県議選違反事件」です。

次のブログ記事は「☆日本レコード協会加盟25社、廃盤CDを7割引でネット販売するセールを開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1548
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/25 17:37:07

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06