☆「Firefox」「Mozilla」に危険度の高い7件の脆弱性、最新版で修正済み

| コメント(0) | トラックバック(0)

 さっそく新しい「Firefox 1.0.7」にバージョンアップしました。私の場合、いつも使い続けているので、バージョンアップがあると画面に知らせてくれるのがありがたいです。
「Firefox」「Mozilla」に危険度の高い7件の脆弱性、最新版で修正済み

 Mozilla Foundationは22日、「Firefox 1.0.7」「Mozilla 1.7.12」で修正した脆弱性の詳細を公表した。

 Firefox 1.0.7およびMozilla 1.7.12のリリース時には、国際化ドメイン名(IDN)の処理に関する脆弱性や、Linux版Firefoxをコマンドラインで起動する際の脆弱性などを修正したことが明らかにされていた。22日にMozilla Foundationが公表したセキュリティアドバイザリ「MFSA 2005-58」によれば、さらに7件の脆弱性を修正しているという。

 7件の脆弱性のうち、XBM形式の画像でヒープオーバーフローが引き起こされる脆弱性と、Unicodeの制御文字「zero-width non-joiner」の処理に関する脆弱性の2件については、危険度が最も高い“Critical”としている。このほか、XMLHttpRequestヘッダの偽装や、JavaScriptの整数オーバーフローなど5件の脆弱性を修正。また、過去に行なったセキュリティ修正の安定性向上のための修正4件などが行なわれている。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/555

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2005年9月26日 21:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆改憲「白紙委任されたか疑問」 加藤元幹事長が慎重姿勢」です。

次のブログ記事は「☆お話いっぱいこねっとフェス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1549
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/26 16:55:09

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06