☆Windows XPを何度もスタンバイから再開するとCPU使用率が100%になる恐れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 私は、このような使い方をしていないので問題ないのですが、問題になっている人もいるかもしれませんね。「VPN接続」という用語がわかりづらいのですが、調べてみました。
Windows XPを何度もスタンバイから再開するとCPU使用率が100%になる恐れ

 マイクロソフトは、Windows XPを何度もスタンバイから再開すると最終的にCPU使用率が100%に達し、PCが応答しなくなる問題を技術情報「903737」として公表した。VPN接続を受け付ける設定の場合に発生する可能性があるという。なお、Windows XPの初期設定ではこの問題は発生しない。

 この問題は、VPN接続のような着信接続を受け付ける構成のPCにおいて、Windows XPを複数回スタンバイから再開すると、Svchost.exeプロセスによるCPU使用率の割合が増加するというもの。最終的にCPU使用率が100%に達し、PCが応答しなくなる場合がある。

 マイクロソフトでは、この問題を修正するプログラムを「Microsoft Product Support Services」で提供している。なお、この修正プログラムを適用するには、Windows XP SP2がインストールされている必要がある。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/547

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2005年9月 7日 03:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆ブログの可能性探る ITフォーラムに250人 札幌」です。

次のブログ記事は「☆携帯電話向け機能を拡充、Podcastingに対応した「TypePad 1.6日本語版」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1618
コメント: 381
トラックバック: 186


最終更新日:2013/11/27 04:38:39

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07