☆「Firefox 1.0.4」「Mozilla 1.7.8」に"7年もの"の脆弱性が再発

| コメント(0) | トラックバック(0)

 頭の隅に置いておくこと。要するに、おかしなサイトを覗かないということ。私は、いつもMozilla Firefox を使っているので気を付けねば。
「Firefox 1.0.4」「Mozilla 1.7.8」に"7年もの"の脆弱性が再発

 デンマークのSecuniaは6日、Firefox 1.xとMozilla 1.7.xにおいてフレーム内のコンテンツが偽装される脆弱性があると警告した。危険度は、5段階中3番目の"Moderately critical"。

 この脆弱性は、あるサイトを開いているウィンドウのフレーム内に、別ウィンドウで表示している他のサイトからページを注入できるというもの。 Secuniaではすでに2004年7月、Firefox 0.8やMozilla 1.6をはじめとする複数のブラウザにこの脆弱性が存在することを公表しており、その時点で「6 year old vulnerability」と表現していた。

 その後、 Firefox 0.9やMozilla 1.7で修正されたはずが、今回、Firefox 1.0.4とMozilla 1.7.8で再びこの脆弱性が確認されたという。さらに1年が経過して「seven year old vulnerability」になった。

 Secuniaでは対応策として、「信頼されているサイトを閲覧している最中に、信頼できないサイトを閲覧しないこと」を挙げている。なお、Secuniaでは、使用しているブラウザがこの脆弱性の影響を受けるかどうかチェックできるテストページを公開している。

この記事と同じカテゴリの記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flowerwind.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/475

コメントする

このブログ記事について

« 前の記事|ホーム|次の記事 »

このページは、理恵が2005年6月 7日 00:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆自転車でモエレ沼公園へ行く」です。

次のブログ記事は「☆Norton AntiVirusが圧縮・展開ソフト「Lhaplus」を誤検出」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1549
コメント: 377
トラックバック: 185


最終更新日:2012/01/26 17:05:18

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.06