タグ「WordPress のプラグイン」が付けられているもの

 最近、メールフォーム・スクリプト情報を得たのでまとめてみました。

  1. 無料で使えるメールフォーム。- MicroEngine メールフォーム
  2. MovableType フォームプラグイン CreamForm - Web marooon
  3. メールフォームプラグインV2.20の使い方 - The blog of H.Fujimoto
  4. ☆Contact Form 7 というプラグインをインストール | 日下部理子のブログ

 1は、メールフォームを変更しました | 19740308(TM) で知りました。2は、Movable Type Plugins and Themes Directory で知りました。3は、現にいま使っているもので メールフォームプラグインV2.20の使い方 - The blog of H.Fujimoto からダウンロード出来ます。2と3は、Movable Type のプラグインですから、Movable Type が動いているところで使えます。4は、WordPress の定番メールフォーム・プラグインです。WordPress で使えます。1は、汎用で使えようです。

 WordPress の管理画面からデーターベース(MySQL)を簡単に最適化できるプラグインです。その他にもリビジョンを削除したりも出来ます。ダウンロードしインストールして有効化しますと左のサイドバーの下の方に「WP-Optimize」が出来ますので、マウスでクリックしてその画面を表示させます。

 データーベース(DB)の最適化とは、簡単に申しますと、DB を使っている内に「オーバーヘッド」とよばれる無駄な領域が生じますが、それを削除することです。

プラグインのダウンロードは、
WP-Optimize
optimize-00.gif

 WordPress のブログ記事で、写真をメインにした記事などサイドバー無しで広く使いたい時があります。スタイルシートに手を加え新たなテンプレートを作れば簡単に実現します。更に、この為の WordPress 用プラグインが必要です。

必要なプラグインは、
WordPress › Custom Post Template « WordPress Plugins
これをいつものようにインストールして、有効化しておきます。

スタイルシート関連
#content ←これを見つけて

#content {
float: left;
padding: 0px 20px 10px 20px;
width: 500px; /* ←サイドバー有りの幅 */
margin: 0;
}
#content → #widecontent に変えて、新たに次のものを付け加えます。
/* 新たに付け加えた ワイドページ用 */
#widecontent {
float: left;
padding: 0px 20px 10px 20px;
width: 910px; /* ←サイドバー無しの幅 */
margin: 0;
}

テンプレート関連
付け加えるテンプレートは、お使いのテーマの単一記事の投稿「single.php」に少し手を加えます。
まず、はじめることは、
テンプレートの最上位に以下の3行を付け加えます。
<?php /*
Template Name Posts: ポスト・ワイド
*/ ?>
次に、<div id="content">を探しだし、<div id="widecontent"> にする。
<?php get_header(); ?>
<div id="contentwrapper">
<div id="widecontent">
更に、
<?php get_sidebar(); ?>
これをテンプレートから削除します。

 WordPress 本体では、検索機能はありますが、データーを置換する機能はありません。レンタルサーバーなどを換えた場合、ブログ記事などに埋め込まれている大量の画像のリンク等を検索して置換する機能がなくて困ってしまいます。ちなみに、Movable Type では、検索して置換する機能はあります。そこで、プラグインを探してみたところありました。WordPress › Search and Replace « WordPress Plugins です。これは、いつものようにプラグインをインストールしてプラグインの管理画面から有効化しますと、サイドバーの「ツール」の所に、

search-and-replace-00.gifSearch and Replace が現れますから、その画面に入って、

 借りているサーバーが、多くのプラグインを使用していて、それが、多分原因でサーバーにアクセスできなくなりました。WordPress プラグインは便利なのですが、サーバーの負荷も考慮して使わないと私のように使えなくなります。仕方なく、数日してからサーバーの管理者にメールを送り使えるようにしてもらいました。

 このサーバー(ハッスルサーバー)では、今後安心して利用できないと思い「さくらインターネットのスタンダード」に移すことを決定しました。WordPress を立ち上げ、データーを移し終えました。今は、プラグインを厳選してインストールしています。

サーバー上のディレクトリー構造は、

www/wp/ ←WordPress のアプリケーション本体
www/blog/ ←ブログ本体

WordPress では、ちょっと一般的ではありませんが、このような構造にしています。その影響か、一部のプラグイン(Google XML Sitemaps)がトラブルで使えません。今のところ、このプラグインだけです。WordPress のバージョンは、3.1.1 です。

 古いブログ記事ですが、こちらに再録しておきます。
 Contact Form 7 というプラグインをインストールしました。これは、WordPress のプラグインです。日本語化されていて、使い方も日本語で書かれているサイトを見つけたので入れてみました。

追記 2009/06/30] 最新版を WordPress 2.8.1 beta2 で使ってみました。正常に機能しています。

追記 2011/04/09
Contact Form 7 を使う場合の難しさは、Really Simple CAPTCHA を組み込む仕方だと思います。むかし組み込み出来たのに、今回はその時のことをすっかり忘れ組み込むのに試行錯誤してしまいました。それで、図を使って説明を書いておきます。

 カスタム投稿タイプ/カスタム分類関連のページの出力、ということで詳しい解説が書かれていてとても参考になります。私が特に注目したのは、下に紹介されているプラグインを使うことによって、カスタム投稿タイプのメインページを出力できる、という情報です。

カスタム投稿タイプ/カスタム分類関連のページの出力 - The blog of H.Fujimoto

Simple Custom Post Type Archives」というプラグインをインストールすると、「http://ブログのアドレス/カスタム投稿タイプの種類名/」のアドレスで、そのカスタム投稿タイプのメインページ(通常は最近のカスタム投稿の一覧)を出力することができるようになります。

 Simple Yearly Archive Plugin というのは、WordPress のプラグインで、年別アーカイブを表示してくれるものです。このプラグインは、Simple Yearly Archive ここからダウンロードできます。いつものようにプラグイン・ディレクトリーに入れます。ページに「ショートコード」を入れるだけです。説明は、Simple Yearly Archive Plugin こちらにあります。

ショートコードは、

<!--simple-yearly-archive--> これは、古いバージョンのもの

をページに入れるだけです。ページの題名を「年別アーカイブ」とでもしておき保存します。スラッグを「yearly-archives」とでもしておきます。

設定で、Date format を「Y年m月d日」としておくと、日本語のサイトらしくなります。オプションは、お好みでチェックします。

できたサイトが こちら です。

 すばらしい WordPress のプラグイン「Custom Post Template」を見つけました。これは、簡単に申せば、ある一定の書式に則って(上部に数行書く、下の枠を参照)書いたテンプレートを WordPress の「テーマ」のところにアップロードしておけば、ブログ記事を書く時に管理画面からそのテンプレートを選択できる機能を持たせたプラグインです。「ページ」に関しては、標準で同じ機能がありましたが、ブログ記事ではありませんでした。

 同じことを Movable Type では、比較的簡単にできましたので WordPress でもできないかなと、ずーと思い続けていました。

<?php
/*
Template Name Posts: Snarfer
*/
?>
「Snarfer」が、テンプレート名で管理画面に表示されます。もちろん、自分でわかりやすいものに変えても良いです。日本語にしても良いです。この書式の後にテンプレートタグを記述してテンプレートを完成させ、そのファイル名を「1-single.php」とでもしてお使いの「テーマ」のディレクトリーにアップロードしておきます。すると、ブログ記事を書く時に管理画面からそのテンプレートを選択できます。

 このプラグインは、WordPress 用で アクセスカウンター表示用プラグイン「Counterize II EXTENSION」 で知りました。アクセスカウンター | WordPressの拡張プラグインを無料公開(バージョン 1.0.0)でダウンロードできます。

 このプラグインは、Counterize II Version: 2.14.1 も必要です。

 2つのプラグインをインストールして「有効化」します。「外観」の「ウィジェット」を開きます。
Counterize II [最近のアクセス]
Counterize II [アクセスの合計]
これらが「利用できるウィジェット」として利用できるのを確認します。ドラッグ・アンド・ドロップしてサイドバーに設置します。

 このプラグインは、WordPress をキャッシュ(プラグイン WP Super Cache バージョン 0.9.9.3 を利用しています)していてもカウントに問題ないようです。WordPress 3.0 で正常に表示されています。

追記 2010/07/21
Counterize II Version: 2.14.1 を「有効化」した時点からカウントされますから、これを午前0時を起点にするには、午前0時に一度、「Empty database!」を押さないとならないようです。(ちょっと待って、まだ良くわからないのですが、朝方、計算し直しているみたい)

 WordPress において、ブログの管理者が各ユーザーにたいして利用できる機能を制限・開放する時に、それを制御できるプラグインがいくつか公開されています。この権能を利用する時がくるかもしれませんので、ここにブログ記事にしておきます。日本語では、以下のサイトで読むことができます。英語では、http://codex.wordpress.org/Roles_and_Capabilities で読むことができます。最後の方には、これらをプラグインで実現できるためのリンクがあります。

ユーザーの種類と権限 - WordPress Codex 日本語版

WordPressのユーザーレベルシステムはブログの管理者が各ユーザに対して利用できる機能を制限・開放できるように設計されています。管理者は記事の投稿・編集、ページの作成、リンクの定義、カテゴリーの追加、コメントの承認、プラグインの管理、テーマの管理、他のユーザの管理等の機能へのアクセスや、それらを管理する権限を持っています。さらに、管理者はユーザレベルの調節をすることもできます。

 そもそも「パンくずリスト」プラグインは、どのようなものがあるのか?ということで、WordPress の管理画面の「プラグインのインストール」で「Breadcrumb」をキーワードにして探してみればよいようです。いくつか列挙されますが、Breadcrumb NavXT が実績ありそうです。私は、使ったことがありません。

尚、「パンくずリスト」プラグインというのは、ブログの画面にホームページとの位置関係をわかりやすく簡潔に表示するナビゲーションです。

 プラグイン「Commented entry list 1.2」を入れてみました。WordPress ブログのサイドバーに「最近のコメント」と「最近のトラックバック」を表示するためのものです。なかなか優れているプラグインだと思いました。私のブログに表示するために、一部手直ししました。

 WordPress 3.0 で動作するように、少し手を入れます。その方法は、WordPress 3.0 で「Commented entry list」プラグインが正常に動作しない不具合の対処: 小粋空間 を参考にしました。

ブログに表示するためには、次のようにします。

<h2>Recent Comments</h2>
<ul>
<?php get_recently_commented(10); ?>
</ul>

<h2>Recent Trackbacks</h2>
<ul>
<?php get_recently_trackbacked(7); ?>
</ul>
赤の数字は、表示する数です。
 これを「テーマ」の「ウィジェット」にするには、PHP Code Widget を併用すれば実現できます。

quick-search-01.jpg WordPress のサーチ系のすごいプラグインを発見しました。「Quick Search」です。AJAX の技術を使ったもので、キーワードを入力すると自動的に検索してくれ小さく表示してくれます。あまり知られていないプラグインですが、コメントもページも検索してくれますので非常に便利です。

 このプラグインは、MySQL 5.0.88-log で使っていますが、MySQL 4.x では、うまく動かないかもしれません。あるいは、「テーマ」が影響してうまく検索できないかもしれません。WordPress のプラグインは、サーバー環境にも依存して動いたり動かなかったりしますので、試しにプラグインを入れてみて、動くなら OK です。

 今まで、「Search Everything」というプラグインを何度も試してみましたが、信頼性があまりない感想しか持てませんでした。それで、コメントの検索はあきらめていましたが、「Quick Search」を発見して、やっと、私のブログの検索が十分なレベルに達しました。

 右の画像は、「Quick Search」を使ってキーワード「理子」で検索したサンプル画像です。

 WordPress のプラグイン Audio Player バージョン 2.0.1 がリリースされています。しばらくの間 2.0β6 でした。

追記 2010/01/12
バージョン 2.0.2 が、2010/01/05 付けでリリースされています。

 WordPress Related Post for Japanese (関連投稿表示プラグイン) をインストールしてみました。何かおもしろそうなので入れたわけです。今までは、そしてこれからも Simple Tags を使って「タグ」が同じものを「関連する投稿」として表示しているわけですが、今度のプラグインは、原理が違うようです。難しいことはよくわかりませんが、少し様子を見てみようと思っています。ただし、サーバーの容量を食うのが気になるところです。

WordPress Plugins/JSeries ? WordPress Related Post for Japanese (関連投稿表示プラグイン)

Yahoo! Japan が提供する日本語形態素解析APIを利用して、WordPress の投稿をアナライズし、自動的に投稿の下部に「関連する記事」へのリンクを付与するプラグインです。

WordPress 2.6 以降で動作します。

MySQL は 5 系で確認。 PHP は 5 系が必要です。(Yahoo! API の XMLパースに simpleXML ライブラリを利用しているためモジュールがロードされている必要があります。)

2009/09/15 にバージョン 1.52 にアップデートされました。

(wp_)morpheme テーブル容量(辞書)は (wp_)posts の容量に比例し、その7倍~10倍程度の大きさになります。多くの投稿をもつブログでは注意してください。

作者さんのサイト

追記 2009/09/23
 このプラグインをインストールしてから1週間が経ちましたが、私の感想は、すばらしいの一言です。非常に優秀なプラグインです。心配していた、サーバーの容量も、今のところそれほど増えていないようです。

追記 2010/02/11
 心配していたサーバーの容量消費は、かなり増えました。このプラグインを使い始めてから今までで 160MB 増えました。これは、かなり問題です! もう少し様子を見てからこのプラグインを使うのを止めにするかもしれません。いいプラグインなんだけどなー。

 「WP Archive-Sitemap Generator」は、単純に WordPress でできているブログの記事をリストアップしてくれるものです。日付で「昇順」でも「降順」でも設定できます。

 普通は、WordPress の「ページ」でこのプラグインを使えばよいでしょう。その場合、ページの本文を編集するところに次のようなショート・コードを入れておくだけです。そうすると、このプラグインが、リストを自動的に作ってくれます。

<!--wp-archive-sitemap-generator-->

 これは、Dagon Design Sitemap Generator のようにカテゴリーごとにまとめて表示されるものとも違いますので、私は、両方インストールしています。

 WordPress のプラグイン Greg's Threaded Comment Numbering をインストールしてみました。これは、WordPress でできているブログのコメントに番号を振るものです。スレッド表示にも対応しています。

numbering-00.jpg
 このようなコメントに、下の画像のように番号が振られます。

 WordPress のプラグイン「WP-Table Reloaded」は、WordPress の記事やページに表を挿入する時に役立つプラグインです。テーブルタグの知識がなくとも比較的簡単に表をこしらえることができます。日本語化もされていますので戸惑うことはないでしょう。ダウンロードは、「WP-Table Reloaded」からできます。作者のこのプラグインのページも覗いておくのも有益でしょう。こちら Plugin WP-Table Reloaded (English) : The unexpected is what changes our lives. です。

 WordPress のプラグイン「WP Security Scan」をインストールしてみました。自分のインストールしてある WordPress まわりのセキュリティを診断してくれます。

(1)例えば、インストールしているバージョンが最新のモノなのかどうかをチェックしてくれます。
(2)あるいは、ブログに表示している WordPress のバージョンを「abc」と表示して、わからなくしてくれます。まあ、私としては、そこまでしてくれなくとも良いと思うのですが(大事なことなんですが、私としては、バージョンを意図的に表示したいです!)。

(3)また、/wp-admin/ ディレクトリーに「.htaccess」ファイルを設置してないと警告が赤字で出ます。
(4)データーベースで起きたエラーを消してくれる?(詳しくはわかりません)「WordPress DB Errors turned off.」

(5)更に、WordPress をインストールするとき、あらかじめ設定されているデーターベースのテーブル接頭語「WP_」を別なものに変えてインストールしている場合は、安全の意味で緑色で表示しくれます。

(6)私がこのプラグインで便利だな、と思ったのは、サイドバーの「Security」をクリックして表示させると、サーバーの PHP が使っているメモリー量を「Memory usage : 27.46 MByte」と表示してくれることです。これは、私のサーバーでの実際のメモリー量です。サーバーでの制限値を超えていないかどうかを調べるのに便利です。

 普段は使わないが、何かあった時に威力を発揮してくれるプラグインだと思いました。

2  

タグ

このページについて

このページは、検索結果を表示しています。もしくは、コメント投稿画面を表示しています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1630
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2017/12/04 03:19:52

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07