タグ「アマゾン」が付けられているもの

 最近、アマゾンを頻繁に利用するようになりました。やはり、送料の原則無料化が大きいです。私はおもに本を買うのですが、送料無料化はありがたいですし利用しやすくなりました。7ネットで買うよりも早く手に入るし、吹雪の中をセブンイレブンに行かなくてもいいし、中古本が手頃な値段であれば、それも手に入るし。中古本を手頃な値段ですぐに手に入るのは非常に便利です。「シェア絶大 書籍35%、音楽50%」というのはスゴイですね。

 ただね、気になることもあります。配送業者さんの単価に影響があるものと思われます。それでなくとも大変なのに、配送業者さんにしわ寄せが行くのは辛い。

<アマゾン>日本上陸10年 送料無料で攻勢

<アマゾン>日本上陸10年 送料無料で攻勢

毎日新聞 11月1日(月)22時10分配信
 インターネット通販大手「アマゾン」が1日、日本での営業開始10周年を迎えた。取扱商品は当初の書籍から、家電、食品などに拡大。品ぞろえの豊富さと即日配達など独自のサービスが受け、ネット通販を代表する企業に成長した。1日には商品配送の原則無料化を発表するなど、さらに攻勢をかける構えを見せている。一方、ライバルの楽天だけでなく、大手流通グループなどもネット通販に本腰を入れ始めており、アマゾンと国内各社との競争は激しくなりそうだ。【井出晋平、谷多由】

 「常に(営業)初日の気持ちで無限の可能性にチャレンジしたい」。1日に東京都内で開かれた営業開始10周年を祝うイベントで、アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は意気込みを語った。

 ◇シェア絶大 書籍35%、音楽50%

 アマゾンは日本での業績を公表していないが、流通業界の週刊紙「週刊日流eコマース」の推計によると、09年の売上高は約4000億円で楽天(2982億円)を上回る。富士通総研が7月に実施したインターネット通販利用者調査によると、書籍購入者の約35%、音楽ソフト購入者の約5割がアマゾンを利用しており、ネット市場での存在感は大きい。

☆最近買った本00

1102702784.jpg アマゾンで買った本4冊の内3冊は中古本です。中古本といってもほとんど新品に近いものです。ただ、『英会話口慣らし練習帳』は、CDが2枚付属している本なのですが、この中古本には残念ながら付属していませんでした。CDが付属しているものと考えて買ったのですが。でも、280円(+250円手数料)だったので、それほど後悔はしていません。
 中国のことが知りたくて関連本を5冊買いました。この内2冊は公立図書館から借りてすでに読んでいるものです。手元に置いておきたかったからです。

1.アマゾンで買った本
『金融危機後の世界』ジャック・アタリ/著 林 昌宏/訳
『中国はなぜ「反日」になったか (文春新書)』清水 美和/著
『新装版 起きてから寝るまで英会話口慣らし練習帳―「英語のつぶやき」でスピーキング力みるみるアップ!』吉田 研作/監修
『ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使え』スティーブ ソレイシィ, ロビン ソレイシィ/著
『変わる世界、立ち遅れる日本』ビル・エモット/著

2.セブンネットショッピングで買った本
『「人民中国」の終焉 共産党を呑みこむ「新富人」の台頭』清水 美和/著
『「中国問題」の核心』清水 美和/著
『「中国問題」の内幕』清水 美和/著
『拝金社会主義中国』遠藤 誉/著

 この記事を読んでみて、ある意味「通信の怖さ」を感じました。自分の ID やパスワードが盗まれたりしたらと考えたら恐いです。私は、自衛策として有線LAN しか使わないようにしています。場合によっては、有線LAN でも危ない場合もあります。家庭で使っている分には、まず、大丈夫だとは思いますが。今回の記事で Cookie が如何に大事で、また、危険にさらされる場合(他人になりすまし)もある、ということを学びました。一度、全て読んでみることをお勧めします。ちなみに、アマゾンは最近頻繁に利用していますが、セキュリティは、どちらかというと甘いように感じます。

【事例で学ぶ ネットの落とし穴】 FacebookやTwitterのIDがWi-Fi経由で筒抜け、Firefox用アドオンの恐怖 -INTERNET Watch

 今回取り上げるのは、ウェブブラウザー「Firefox」用のアドオン「Firesheep」です。このアドオンは、以前お話しした「野良AP」を含めたオープンなWi-Fiネットワークを利用して、ウェブサービスなどにログインするユーザーのCookieを記録する機能があります。

 パソコンがオープンWi-Fiネットワークに接続した状態でFiresheepが起動すると、接続しているローカルネットワーク内をスキャンし、Amazon.com、Dropbox、Evernote、Facebook、Flickr、Google、WindowsLive、Twitterなどといった、一般的によく使われているサービスにログインしている他のユーザーを発見し、リストアップしていきます。そしてそれぞれのユーザーのアイコンを表示し、そのユーザーへのなりすまし行為を極めて簡単に行えるようにする、という深刻な機能を持ったアドオンです。

1

タグ

このページについて

このページは、検索結果を表示しています。もしくは、コメント投稿画面を表示しています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ステータス

ブログ記事: 1631
コメント: 382
トラックバック: 185


最終更新日:2018/11/16 09:28:48

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.07